【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401155526.html
いかつい男性の顔の特徴

いかつい男性の顔の特徴 | LADYCO

LADYCO
いかつい男性の顔の特徴

迫力のあるいかつい男性がいますが、いかつい男性の顔にはどのような特徴があるでしょうか。

主な6つの特徴をみてみましょう。

  • 目が鋭い
  • 眉間に縦ジワがある
  • 目と眉毛の位置が近い
  • 色が黒い
  • ヒゲが生えている
  • 無表情
  • まとめ

1. 目が鋭い

目が鋭い

何と言ってもいかつい男性の顔の一番の特徴は、鋭い目です。

恐そうな顔から醸し出されているその迫力は、やはり目から一番感じることができるでしょう。

いかつい顔の男性に、優しそうな目をしている人はいません。

目の大きさが大きいにしろ小さいにしろ、その目つきがなんとも鋭いというのが特徴なのです。

たとえ目が一重で細かったとしても、かなり目力があるので、目が合ったら思わずそらしてしまうでしょう。

いかつい顔の男性が普通の顔をしていたとしても、周囲からは怒っているように見られることも多いはずです。

2. 眉間に縦ジワがある

眉間に縦ジワがある

いかつい男性の顔には、必ずと言っていいほど眉間に縦ジワが入っています。

これは普段の表情によってついたものなのでしょう。

人は睨むような、怒ったような表情をすれば、自然と眉間に縦ジワが入ります。

これが習慣化すれば、特に睨まなくても、普通の顔をしていても眉間にはシワが入った状態になるのです。

よく笑う人に入りやすい笑いジワと同じことです。

鋭い目の眉間に縦ジワが入っていることによって、より一層いかつい顔には迫力が増しているでしょう。

3. 目と眉毛の位置が近い

目と眉毛の位置が近い

いかつい男性の顔の特徴として、目と眉毛の位置の距離が近いということも挙げられます。

目と眉毛の位置が離れていると、なんとなく間の抜けたような顔になってしまうのです。

目と眉毛の位置が近いと、目元がより強調されて目力がより強くなるのです。

鋭い目と眉毛の位置が近いことによって、いかつい男性の顔は更に恐さを増しているはずです。

この距離が近ければ近いほど、いかつい顔に見えると思っていいでしょう。

4. 色が黒い

色が黒い

いかつい男性の顔は、黒く日焼けをしていることが多いです。

なかにはもともとの肌が浅黒いという人もいますが、太陽の日差しで日焼けをして黒くなっていたり、日焼けサロンで真っ黒に焼いているという人も多いでしょう。

肌の色は白いよりも黒い方が、なんとなく強そうなイメージに見えるのかもしれません。

男性は肌の色が白いと、どうしても病弱そうな弱い印象になってしまうのでしょう。

その為、いかつい男性は、あえて肌を黒くすることで、よりいかついイメージを大きくしているのかもしれません。

5. ヒゲが生えている

ヒゲが生えている

いかつい男性は、鼻の下に少しだけ生やしていたり、口の周り全体に生やしていたりと、ヒゲを生やしていることが多いです。

ヒゲと言っても、オシャレな人がしているようなデザイン性のあるヒゲではありません。

そこまで綺麗には手入れされていない無精ヒゲのようなものです。

ヒゲは男性の象徴のようなものなので、ヒゲを生やしている方が、ワイルドで強そうな印象になるものです。

迫力のある顔にしたかったら、ヒゲを生やしてみるといいでしょう。

一気に周囲から持たれる印象が変わるはずです。

6. 無表情

無表情

いかつい男性の顔は無表情なことが多いです。

もちろん笑うことなどはありません。

表情が出やすい目にも表情がないので、周囲からは何も読み取れないでしょう。

何を考えているのか全く分からないほど能面のように表情がないというのは、ある意味きつく睨まれるよりも恐いことなのかもしれません。

いかつい男性に無表情で近づいてこられたら、それこそその場から逃げ出したくなるでしょう。

自分の気持ちを表に出さないポーカーフェイスも、いかつい男性の顔の特徴といえるでしょう。

まとめ

いかつい男性の顔には、一度見ると忘れないようなインパクトがあります。

いかつい顔のポイントは目元にあるようなので、いかつい顔を目指す場合は、特に目元を意識してみましょう。

迫力のあるいかつい男性がいますが、いかつい男性の顔にはどのような特徴があるでしょうか。

主な6つの特徴をみてみましょう。


目が鋭い

何と言ってもいかつい男性の顔の一番の特徴は、鋭い目です。

恐そうな顔から醸し出されているその迫力は、やはり目から一番感じることができるでしょう。

いかつい顔の男性に、優しそうな目をしている人はいません。

目の大きさが大きいにしろ小さいにしろ、その目つきがなんとも鋭いというのが特徴なのです。

たとえ目が一重で細かったとしても、かなり目力があるので、目が合ったら思わずそらしてしまうでしょう。

いかつい顔の男性が普通の顔をしていたとしても、周囲からは怒っているように見られることも多いはずです。

眉間に縦ジワがある

いかつい男性の顔には、必ずと言っていいほど眉間に縦ジワが入っています。

これは普段の表情によってついたものなのでしょう。

人は睨むような、怒ったような表情をすれば、自然と眉間に縦ジワが入ります。

これが習慣化すれば、特に睨まなくても、普通の顔をしていても眉間にはシワが入った状態になるのです。

よく笑う人に入りやすい笑いジワと同じことです。

鋭い目の眉間に縦ジワが入っていることによって、より一層いかつい顔には迫力が増しているでしょう。

目と眉毛の位置が近い

いかつい男性の顔の特徴として、目と眉毛の位置の距離が近いということも挙げられます。

目と眉毛の位置が離れていると、なんとなく間の抜けたような顔になってしまうのです。

目と眉毛の位置が近いと、目元がより強調されて目力がより強くなるのです。

鋭い目と眉毛の位置が近いことによって、いかつい男性の顔は更に恐さを増しているはずです。

この距離が近ければ近いほど、いかつい顔に見えると思っていいでしょう。

色が黒い

いかつい男性の顔は、黒く日焼けをしていることが多いです。

なかにはもともとの肌が浅黒いという人もいますが、太陽の日差しで日焼けをして黒くなっていたり、日焼けサロンで真っ黒に焼いているという人も多いでしょう。

肌の色は白いよりも黒い方が、なんとなく強そうなイメージに見えるのかもしれません。

男性は肌の色が白いと、どうしても病弱そうな弱い印象になってしまうのでしょう。

その為、いかつい男性は、あえて肌を黒くすることで、よりいかついイメージを大きくしているのかもしれません。

ヒゲが生えている

いかつい男性は、鼻の下に少しだけ生やしていたり、口の周り全体に生やしていたりと、ヒゲを生やしていることが多いです。

ヒゲと言っても、オシャレな人がしているようなデザイン性のあるヒゲではありません。

そこまで綺麗には手入れされていない無精ヒゲのようなものです。

ヒゲは男性の象徴のようなものなので、ヒゲを生やしている方が、ワイルドで強そうな印象になるものです。

迫力のある顔にしたかったら、ヒゲを生やしてみるといいでしょう。

一気に周囲から持たれる印象が変わるはずです。

無表情

いかつい男性の顔は無表情なことが多いです。

もちろん笑うことなどはありません。

表情が出やすい目にも表情がないので、周囲からは何も読み取れないでしょう。

何を考えているのか全く分からないほど能面のように表情がないというのは、ある意味きつく睨まれるよりも恐いことなのかもしれません。

いかつい男性に無表情で近づいてこられたら、それこそその場から逃げ出したくなるでしょう。

自分の気持ちを表に出さないポーカーフェイスも、いかつい男性の顔の特徴といえるでしょう。

いかつい男性の顔には、一度見ると忘れないようなインパクトがあります。

いかつい顔のポイントは目元にあるようなので、いかつい顔を目指す場合は、特に目元を意識してみましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-