【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401155517.html
性格が悪いのにモテる男性の特徴

性格が悪いのにモテる男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
性格が悪いのにモテる男性の特徴

性格が悪いけれど人が放っておけないモテてしまうという男性には一体どんなモテる秘密があるのでしょう。

性格が悪いのにモテる男性の特徴について挙げていきます。

  • 二面性のギャップが激しい
  • 女性受けがいい甘いマスクのフェミニスト
  • 羽振りがいいので人が集まりやすい
  • 連絡をしたり顔を合わせたりと何かとまめ
  • 体調が悪くてもおしゃれのこだわりを譲らない
  • 話術の使い分けが巧み
  • まとめ

1. 二面性のギャップが激しい

二面性のギャップが激しい

性格が悪いのにモテる男性はとにかく二面性が激しいのが特徴です。

そのためある一方からは性格が悪いと不評でも、もう一方からはすごくいい人とという高評価だったりするのです。

そういった二面性を性格が悪いのにモテる男性は自然と使い分けています。

また、性格が悪いことを知っていても女性が放っておかないのは、二面性があるところもむしろ魅力として見えているからです。

かしこく二つの顔、あるいはそれ以上の顔を使い分けているのが特徴的です。

2. 女性受けがいい甘いマスクのフェミニスト

女性受けがいい甘いマスクのフェミニスト

女性受けする甘いマスクであれば、性格が悪くてもマイナスポイントにはなりません。

性格が悪いのにモテる男性はどちらかというと男性が好むような硬派な体育会系というよりも、雰囲気がある王子様系の顔立ちなことが多いです。

ほかに性格が悪いのにモテる男性の特徴として、同性には厳しくても女性相手にはフェミニストだということも見逃すことはできません。

女性のニーズにマッチしているのでモテやすいのです。

3. 羽振りがいいので人が集まりやすい

羽振りがいいので人が集まりやすい

食事をしたら奢るなど羽振りがいいのも特徴的でしょう。

性格が悪いのにモテる男性は裕福な家庭の出身が多く、あるいは自身が高収入を得ているなどが挙げられます。

つまり金回りがいいことであの人といることでメリットがあるとまわりが実感しやすいのです。

そうなれば性格が悪いことに対して目を瞑ってスルーという選択肢もありでしょう。

性格が悪くてもそれを補うものがお金というケースもあ当然るのです。

4. 連絡をしたり顔を合わせたりと何かとまめ

連絡をしたり顔を合わせたりと何かとまめ

性格が悪くてもまめな男性は結構モテてしまいます。

こまめに連絡をしたり顔を合わせたりと、意中の相手などにはとても神経質になります。

通常時性格が悪くて不評でも、アフターサービスのように人間関係に余念がないことで、一気に好感度がアップします。

まめすぎるのも逆効果になることもありますが、性格が悪いのにモテる男性はそういった感覚が優れているのです。

5. 体調が悪くてもおしゃれのこだわりを譲らない

体調が悪くてもおしゃれのこだわりを譲らない

女性でさえ体調が悪い時はおしゃれをサボることもありますが、性格が悪いのにモテる男性はどんなに体調がよくなくてもおしゃれへのこだわりを捨てることはありません。

基本ナルシストなので自分以外への対応は粗雑になり性格が悪いと評判を買ってしまいますが、実際はプライドが高くて簡単にこだわりを捨てられないのです。

そういった姿勢が時にトラブルを招くこともありますが、性格が悪いのにモテる男性の特徴としておしゃれが好きで、人に弱々しい自分自身をさらけ出したくないのです。

朝のヘアセットなどに時間がかかることも珍しくありません。

6. 話術の使い分けが巧み

話術の使い分けが巧み

また話術かうまいのも性格が悪いのにモテる男性の特徴です。

しかし年がら年中話術で人を味方するのではなくて、使い分けています。

容姿や能力が優れていて、幼少時や学生時代に嫉妬などで悩んだ経験も性格が悪いのにモテる男性には多いでしょう。

嫉妬に対してクリーンに対応することに疲れてしまい、性格が悪いという自身をある意味演じているのです。

性格が悪いというレッテルを張る相手に弁解したり関係修復をしたりは一切しないドライなところも特徴的です。

まとめ

いい人のふりをせずに、性格が悪いことを言いふらされてもさして気にしない強いメンタルがあるのが、性格が悪いのにモテる男性の特徴です。

また性格が悪くてもそれを補う材料があるところもポイントでしょう。

性格が悪いけれど人が放っておけないモテてしまうという男性には一体どんなモテる秘密があるのでしょう。

性格が悪いのにモテる男性の特徴について挙げていきます。


二面性のギャップが激しい

性格が悪いのにモテる男性はとにかく二面性が激しいのが特徴です。

そのためある一方からは性格が悪いと不評でも、もう一方からはすごくいい人とという高評価だったりするのです。

そういった二面性を性格が悪いのにモテる男性は自然と使い分けています。

また、性格が悪いことを知っていても女性が放っておかないのは、二面性があるところもむしろ魅力として見えているからです。

かしこく二つの顔、あるいはそれ以上の顔を使い分けているのが特徴的です。

女性受けがいい甘いマスクのフェミニスト

女性受けする甘いマスクであれば、性格が悪くてもマイナスポイントにはなりません。

性格が悪いのにモテる男性はどちらかというと男性が好むような硬派な体育会系というよりも、雰囲気がある王子様系の顔立ちなことが多いです。

ほかに性格が悪いのにモテる男性の特徴として、同性には厳しくても女性相手にはフェミニストだということも見逃すことはできません。

女性のニーズにマッチしているのでモテやすいのです。

羽振りがいいので人が集まりやすい

食事をしたら奢るなど羽振りがいいのも特徴的でしょう。

性格が悪いのにモテる男性は裕福な家庭の出身が多く、あるいは自身が高収入を得ているなどが挙げられます。

つまり金回りがいいことであの人といることでメリットがあるとまわりが実感しやすいのです。

そうなれば性格が悪いことに対して目を瞑ってスルーという選択肢もありでしょう。

性格が悪くてもそれを補うものがお金というケースもあ当然るのです。

連絡をしたり顔を合わせたりと何かとまめ

性格が悪くてもまめな男性は結構モテてしまいます。

こまめに連絡をしたり顔を合わせたりと、意中の相手などにはとても神経質になります。

通常時性格が悪くて不評でも、アフターサービスのように人間関係に余念がないことで、一気に好感度がアップします。

まめすぎるのも逆効果になることもありますが、性格が悪いのにモテる男性はそういった感覚が優れているのです。

体調が悪くてもおしゃれのこだわりを譲らない

女性でさえ体調が悪い時はおしゃれをサボることもありますが、性格が悪いのにモテる男性はどんなに体調がよくなくてもおしゃれへのこだわりを捨てることはありません。

基本ナルシストなので自分以外への対応は粗雑になり性格が悪いと評判を買ってしまいますが、実際はプライドが高くて簡単にこだわりを捨てられないのです。

そういった姿勢が時にトラブルを招くこともありますが、性格が悪いのにモテる男性の特徴としておしゃれが好きで、人に弱々しい自分自身をさらけ出したくないのです。

朝のヘアセットなどに時間がかかることも珍しくありません。

話術の使い分けが巧み

また話術かうまいのも性格が悪いのにモテる男性の特徴です。

しかし年がら年中話術で人を味方するのではなくて、使い分けています。

容姿や能力が優れていて、幼少時や学生時代に嫉妬などで悩んだ経験も性格が悪いのにモテる男性には多いでしょう。

嫉妬に対してクリーンに対応することに疲れてしまい、性格が悪いという自身をある意味演じているのです。

性格が悪いというレッテルを張る相手に弁解したり関係修復をしたりは一切しないドライなところも特徴的です。

いい人のふりをせずに、性格が悪いことを言いふらされてもさして気にしない強いメンタルがあるのが、性格が悪いのにモテる男性の特徴です。

また性格が悪くてもそれを補う材料があるところもポイントでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-