【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401153901.html
口が悪い男性の特徴

口が悪い男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
口が悪い男性の特徴

口が悪い男性に傷つけられたことのある人も多いのではないでしょうか。

今回はそんな「口が悪い男性の特徴」をご紹介致します。

  • 男兄弟の中で生まれ育った
  • 自分に自信がない
  • 方言の訛りが強い
  • 精神的病を患っている
  • 両親に甘やかされて育った
  • ムードメーカー気取り
  • 頭が悪い、頭の回転が遅い
  • まとめ

1. 男兄弟の中で生まれ育った

男兄弟の中で生まれ育った

女性にも口が悪い男性に共通することの多い特徴が、「男兄弟の中で生まれ育った」ということです。

男兄弟の中で生まれ育つと、女性への扱いに困ったり、女性が傷つく言葉がどのような言葉なのかを知らないのです。

決して気分が悪いわけではないのにぶっきらぼうな言い方になってしまったりするのです。

また、男兄弟の末っ子だった男性は特に、家で兄達から言われてきた言葉を、そのまま後輩などの下の立場の人に使ってしまう傾向があるのです。

2. 自分に自信がない

自分に自信がない

自分に自信がない人ほど、周りに牙を剥き出しにすることで威嚇する傾向があります。

その牙が、「口の悪さ」なのです。

周りから恐れられることで安心感を感じる為、少しでも刃向かってくる人などがいれば口の悪さに磨きをかけて倍返ししなければ、身の安全を確保出来ないと思っているのです。

このタイプの男性は、パワハラやDVの加害者となることも多いのが特徴です。

3. 方言の訛りが強い

方言の訛りが強い

上京した地方出身者で口が悪いと言われる男性の中には、『方言の訛り』で悪い印象を与えてしまっている人も多いようです。

地方では当たり前に皆が使っている言葉も、東京などの方言が少ない地域では、言葉の意味が全く違うものと受け取られてしまうことが多いようです。

このタイプの男性は、周りの反応から方言を感じ取り、徐々に方言を使わなくなっていき口の悪さも落ち着いてくるのが特徴です。

4. 精神的病を患っている

精神的病を患っている

日頃は温和な口調の人なのに、急に口が悪くなったりと日によって口の悪さが変わる男性は精神的病を患っている可能性もあります。

自分自身でも自分の感情をコントロール出来なくなり、攻撃的になった後急に自分の言動に落ち込み、また感情が抑えられなくなると攻撃的になったりと情緒不安定になってくるのが特徴です。

精神的病だからと言って周りを傷つけていいわけでは無いので、早めにカウンセリングや精神科へ受診させましょう。

5. 両親に甘やかされて育った

両親に甘やかされて育った

口が悪い男性の中でも一番多いのが『両親に甘やかされて育った』という男性です。

幼い頃から子どもの攻撃的な要求を両親が全て許し、与えてくれるという環境にいると、自然に「相手を攻撃すれば、自分の思う通りになる」と刷り込まれていくのです。

そのような勘違いをしたまま大人になると、自分の思う通りになるまで、信じられないような暴言を吐き続けるようになるのです。

6. ムードメーカー気取り

ムードメーカー気取り

学校や職場でも1人はいる『自分をムードメーカーだと思っているタイプ』の男性は、口が悪いことが多いようです。

誰かを傷つけるような言葉でも、周りから笑いを取れることで自分の立ち位置を確保しようとしているのです。

しかし、このタイプの男性が周りから得ているのは『苦笑い』であることが多く、周りから認められていないあくまでも自称ムードメーカーであることが特徴です。

7. 頭が悪い、頭の回転が遅い

頭が悪い、頭の回転が遅い

口が悪い男性というのは、自分の発した言葉で周りがどう思うのか、今度自分は周りからどのように思われるのかなどが予測出来ない『頭が悪い、頭の回転が遅い人』であるとも言えます。

例え性格は悪くとも、頭がいい男性というのは決して誰かを敵に回すような言葉は発しません。

口が悪い男性というのは言い換えれば、計算高くない真っ直ぐでうぶな男性とも言えるでしょう。

まとめ

ここまで、『口が悪い男性の特徴』をご紹介してきましたが、口の悪い男性にも2種類あります。

救いようの無い口の悪い男と、原因を取り除いてあげられれば口の悪さが治る可能性がある男です。

どちらにせよ、口の悪い男性というのはこの世から消えることはないでしょう。

口が悪い男性に傷つけられたことのある人も多いのではないでしょうか。

今回はそんな「口が悪い男性の特徴」をご紹介致します。


男兄弟の中で生まれ育った

女性にも口が悪い男性に共通することの多い特徴が、「男兄弟の中で生まれ育った」ということです。

男兄弟の中で生まれ育つと、女性への扱いに困ったり、女性が傷つく言葉がどのような言葉なのかを知らないのです。

決して気分が悪いわけではないのにぶっきらぼうな言い方になってしまったりするのです。

また、男兄弟の末っ子だった男性は特に、家で兄達から言われてきた言葉を、そのまま後輩などの下の立場の人に使ってしまう傾向があるのです。

自分に自信がない

自分に自信がない人ほど、周りに牙を剥き出しにすることで威嚇する傾向があります。

その牙が、「口の悪さ」なのです。

周りから恐れられることで安心感を感じる為、少しでも刃向かってくる人などがいれば口の悪さに磨きをかけて倍返ししなければ、身の安全を確保出来ないと思っているのです。

このタイプの男性は、パワハラやDVの加害者となることも多いのが特徴です。

方言の訛りが強い

上京した地方出身者で口が悪いと言われる男性の中には、『方言の訛り』で悪い印象を与えてしまっている人も多いようです。

地方では当たり前に皆が使っている言葉も、東京などの方言が少ない地域では、言葉の意味が全く違うものと受け取られてしまうことが多いようです。

このタイプの男性は、周りの反応から方言を感じ取り、徐々に方言を使わなくなっていき口の悪さも落ち着いてくるのが特徴です。

精神的病を患っている

日頃は温和な口調の人なのに、急に口が悪くなったりと日によって口の悪さが変わる男性は精神的病を患っている可能性もあります。

自分自身でも自分の感情をコントロール出来なくなり、攻撃的になった後急に自分の言動に落ち込み、また感情が抑えられなくなると攻撃的になったりと情緒不安定になってくるのが特徴です。

精神的病だからと言って周りを傷つけていいわけでは無いので、早めにカウンセリングや精神科へ受診させましょう。

両親に甘やかされて育った

口が悪い男性の中でも一番多いのが『両親に甘やかされて育った』という男性です。

幼い頃から子どもの攻撃的な要求を両親が全て許し、与えてくれるという環境にいると、自然に「相手を攻撃すれば、自分の思う通りになる」と刷り込まれていくのです。

そのような勘違いをしたまま大人になると、自分の思う通りになるまで、信じられないような暴言を吐き続けるようになるのです。

ムードメーカー気取り

学校や職場でも1人はいる『自分をムードメーカーだと思っているタイプ』の男性は、口が悪いことが多いようです。

誰かを傷つけるような言葉でも、周りから笑いを取れることで自分の立ち位置を確保しようとしているのです。

しかし、このタイプの男性が周りから得ているのは『苦笑い』であることが多く、周りから認められていないあくまでも自称ムードメーカーであることが特徴です。

頭が悪い、頭の回転が遅い

口が悪い男性というのは、自分の発した言葉で周りがどう思うのか、今度自分は周りからどのように思われるのかなどが予測出来ない『頭が悪い、頭の回転が遅い人』であるとも言えます。

例え性格は悪くとも、頭がいい男性というのは決して誰かを敵に回すような言葉は発しません。

口が悪い男性というのは言い換えれば、計算高くない真っ直ぐでうぶな男性とも言えるでしょう。

ここまで、『口が悪い男性の特徴』をご紹介してきましたが、口の悪い男性にも2種類あります。

救いようの無い口の悪い男と、原因を取り除いてあげられれば口の悪さが治る可能性がある男です。

どちらにせよ、口の悪い男性というのはこの世から消えることはないでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-