【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401153825.html
週末に出かけない旦那の特徴

週末に出かけない旦那の特徴 | LADYCO

LADYCO
週末に出かけない旦那の特徴

週末に出かけようとせず家にばかりいる旦那を見て「つまらなくないの?」「そんなに疲れているの?」と考え込んでしまう妻もいます。

そんな旦那の心理や特徴を探りましょう。

  • 家庭内で存在感を残しておきたい
  • 週末にしっかり休まないと平日がもたない
  • 極力お金を使いたくない
  • レジャーを提案する気がない
  • 家でやれることが好きだし落ち着く
  • 週末くらいは家族とゆっくり過ごしたい
  • まとめ

1. 家庭内で存在感を残しておきたい

家庭内で存在感を残しておきたい

平日遅くまで仕事を頑張る旦那にとって家族に自分の存在感をアピールできるのは週末くらいです。

普段子供とろくに顔も合わせられないような忙しい旦那も珍しくはありませんし、知らない間に子供が大きくなっていたり学校の話題に乗り遅れていることに気づき、寂しい思いをするしていることもあります。

ですから、週末はでかけずに父親や旦那の存在感を残しておこうと考えているのでしょう。

2. 週末にしっかり休まないと平日がもたない

週末にしっかり休まないと平日がもたない

働き盛りの旦那なら残業や休日出勤もさせられていることも多く、毎日へとへとに疲れてきってしまっています。

週末は出かけないのではなく、出かけようと思えないほど疲れてきっているか、出かけないようにして週明けのためにしっかりからだを休ませているのではないでしょうか。

妻から見ればぐうたらなだけにしか見えませんが、自分で体調管理ができる自立した旦那とも言えるのではないでしょうか。

3. 極力お金を使いたくない

極力お金を使いたくない

極力お金を使いたくない旦那も週末は出かけようとしません。

家計が苦しいことをよくわかっている良き旦那であり、倹約家でありがたいくらいです。

ただ、ケチなだけで家族のためにお金を使うのがもったいないという発想の旦那もいます。

どちらなのかは何のためにお金を残そうとしているのか聞いてみるとはっきりしますが、見習えるところは見習いつつ家族で楽しめるお金の使い方を話し合うきっかけにするといいですね。

4. レジャーを提案する気がない

レジャーを提案する気がない

こちらから「○○に連れて行って」と頼めば嫌とは言いませんが自分から提案することはできないという旦那もいます。

レジャーに詳しくなく調べたりすることも苦手なので、つい家族任せになってしまっています。

また、過去に提案した結果「そんな場所は嫌!」などと拒絶された旦那も積極的に誘ってきてくれなくなります。

面倒なのか、いじけているのか、気を使いすぎなのかのどれかです。

5. 家でやれることが好きだし落ち着く

家でやれることが好きだし落ち着く

家でやれることが好きだという旦那も多いのではないでしょうか。

ゲーム、読書、テレビを観るなどということが好きな旦那は週末でも外に出る理由がありません。

また、家が大好きで家が一番落ち着くということもあります。

新築なら喜びに浸っていたいですし、風邪が流行っている時期なら外に出るのはもはや挑戦です。

出かけないというのは家をそれだけ満喫している証拠であり、こんな旦那はなかなか外に連れ出しにくいでしょう。

6. 週末くらいは家族とゆっくり過ごしたい

週末くらいは家族とゆっくり過ごしたい

週末出かけない旦那は家族サービスのない旦那に思ってしまうかもしれませんが、週末くらいは家族とゆっくり過ごそうと思ってのことかもしれません。

出かけるとなれば運転することとなってゆっくり会話も楽しめませんし、出先では荷物番や買い物に付き合わされるだけでコミュニケーションが取れているとは感じられません。

家にいるほうがよっぽど会話もでき距離も近いと感じているのではないでしょうか。

まとめ

週末にでかけない旦那を自分の価値観だけで誤解してしまうのはやめましょう。

だらけていたってだらけたくなる理由があるのであれば聞いてあげるべきですし、家にいることはつまらないことではありません。

ただ、毎週末そんな感じであまりにも耐えられそうにない時は遠慮せずに話し合ってみましょう。

早めに提案しておけば旦那も覚悟や準備ができるので受け入れてくれる可能性が上がります。

週末に出かけようとせず家にばかりいる旦那を見て「つまらなくないの?」「そんなに疲れているの?」と考え込んでしまう妻もいます。

そんな旦那の心理や特徴を探りましょう。


家庭内で存在感を残しておきたい

平日遅くまで仕事を頑張る旦那にとって家族に自分の存在感をアピールできるのは週末くらいです。

普段子供とろくに顔も合わせられないような忙しい旦那も珍しくはありませんし、知らない間に子供が大きくなっていたり学校の話題に乗り遅れていることに気づき、寂しい思いをするしていることもあります。

ですから、週末はでかけずに父親や旦那の存在感を残しておこうと考えているのでしょう。

週末にしっかり休まないと平日がもたない

働き盛りの旦那なら残業や休日出勤もさせられていることも多く、毎日へとへとに疲れてきってしまっています。

週末は出かけないのではなく、出かけようと思えないほど疲れてきっているか、出かけないようにして週明けのためにしっかりからだを休ませているのではないでしょうか。

妻から見ればぐうたらなだけにしか見えませんが、自分で体調管理ができる自立した旦那とも言えるのではないでしょうか。

極力お金を使いたくない

極力お金を使いたくない旦那も週末は出かけようとしません。

家計が苦しいことをよくわかっている良き旦那であり、倹約家でありがたいくらいです。

ただ、ケチなだけで家族のためにお金を使うのがもったいないという発想の旦那もいます。

どちらなのかは何のためにお金を残そうとしているのか聞いてみるとはっきりしますが、見習えるところは見習いつつ家族で楽しめるお金の使い方を話し合うきっかけにするといいですね。

レジャーを提案する気がない

こちらから「○○に連れて行って」と頼めば嫌とは言いませんが自分から提案することはできないという旦那もいます。

レジャーに詳しくなく調べたりすることも苦手なので、つい家族任せになってしまっています。

また、過去に提案した結果「そんな場所は嫌!」などと拒絶された旦那も積極的に誘ってきてくれなくなります。

面倒なのか、いじけているのか、気を使いすぎなのかのどれかです。

家でやれることが好きだし落ち着く

家でやれることが好きだという旦那も多いのではないでしょうか。

ゲーム、読書、テレビを観るなどということが好きな旦那は週末でも外に出る理由がありません。

また、家が大好きで家が一番落ち着くということもあります。

新築なら喜びに浸っていたいですし、風邪が流行っている時期なら外に出るのはもはや挑戦です。

出かけないというのは家をそれだけ満喫している証拠であり、こんな旦那はなかなか外に連れ出しにくいでしょう。

週末くらいは家族とゆっくり過ごしたい

週末出かけない旦那は家族サービスのない旦那に思ってしまうかもしれませんが、週末くらいは家族とゆっくり過ごそうと思ってのことかもしれません。

出かけるとなれば運転することとなってゆっくり会話も楽しめませんし、出先では荷物番や買い物に付き合わされるだけでコミュニケーションが取れているとは感じられません。

家にいるほうがよっぽど会話もでき距離も近いと感じているのではないでしょうか。

週末にでかけない旦那を自分の価値観だけで誤解してしまうのはやめましょう。

だらけていたってだらけたくなる理由があるのであれば聞いてあげるべきですし、家にいることはつまらないことではありません。

ただ、毎週末そんな感じであまりにも耐えられそうにない時は遠慮せずに話し合ってみましょう。

早めに提案しておけば旦那も覚悟や準備ができるので受け入れてくれる可能性が上がります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-