【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401153821.html
結婚に向いている男性の特徴

結婚に向いている男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
結婚に向いている男性の特徴

結婚を考えたときに、自分の好きな人は結婚に向いているのか気になると思います。

どのような男性が結婚に向いているのでしょうか。

  • 結婚は他人同士が家族になるということ
  • 相手を尊重しないと生活できない
  • 日常の五心
  • 自立した生活ができる
  • 独身と既婚の区別がついている
  • まとめ

1. 結婚は他人同士が家族になるということ

結婚は他人同士が家族になるということ

新しい家族を作るというのは、他人同士が家族になります。

結婚によって違う環境で育った男女が家族になるので、それぞれの実家のやり方だけでは生活できなくなります。

新しい家族として、すり合わせを行い、新しい形として家庭を作ります。

自分の家のやり方だけを押し通したい人は、結婚には向いていません。

きちんとすり合わせができる人が結婚に向いているのです。

そうしないとどちらかが我慢をし続ける生活になって長続きしません。

2. 相手を尊重しないと生活できない

相手を尊重しないと生活できない

性別で役割を決める考え方があります。

男性は外で働き、女性は家を守るというものです。

お互いが望んでその形ならば問題はありませんが、男性は外で働くもの、女性は外で働きつつ家事も育児も行うものとなったら、納得する女性は少ないでしょう。

いつ自分の時間を過ごせるのでしょうか。

自分が休みたいと思うように相手も休みたいのです。

体調が優れなければ手助けをして欲しいのも変わりません。

男性だから、女性だからと考えるだけで助け合う気がない人は、誰とも助け合わずに生きていく方が良いでしょう。

3. 日常の五心

日常の五心

素直、反省、謙虚、奉仕、感謝の五つを指して五心といいます。

日常生活において、とても大切なものです。

これらは思いやりの気持ちといっても良いかもしれません。

思いやりの気持ちを持って接することは、結婚生活においてとても大切です。

他人同士が新しい家族となるのに、思いやりの気持ちを持てなければ、喧嘩ばかりで楽しい結婚生活は送れません。

好きな人と結婚するわけですから、その相手を大切にできることは大切なポイントだと思います。

4. 自立した生活ができる

自立した生活ができる

結婚するというのは大人の行為です。

親から独立して、新しい世帯となるわけですから、経済的にも精神的にも自立している必要があります。

親を大切にすることと自立していないことは違います。

親と適切な距離を取れることは大切なことです。

しかし、親にとってはいつまでも子どもだったり、子どもが大人になったことをお互いに踏まえた関係でいられないと自立とは言えません。

自立した大人であることが結婚に向いているポイントとなるでしょう。

5. 独身と既婚の区別がついている

独身と既婚の区別がついている

交友関係というのは、変化していくものです。

結婚して家族がいるのに、急に大人数を招いて家で飲み会を始めたり、その片づけを家族にやらせなければならないほど悪質な酔い方をしたりするのはよろしくありません。

独身ほど自由ではありませんが、事前にパートナーに話をして、計画的に遊ぶ予定を立てれるような落ち着いた交友関係を築ける人が結婚に向いています。

まとめ

結婚とはどういうものか考えることで、結婚に向いている男性がどのような人か見えてくると思います。

自立した大人として、親との適度な距離、友人たちとの付き合い方を見直すことができる男性は結婚に向いていると思います。

また、違う環境で育ってきた男女が新しく家庭を作るということと、思いやりの気持ちを持って生活していくことができるというのは、とても大切なポイントだと思います。

自立した距離があっても、家庭内で横暴な人だったら結婚に向いているとは言い難いですし、そのような人だったと知ったときの絶望感はものすごいものでしょう。

結婚するからには、幸せな生活を思い描くことができる相手である必要があります。

頼り過ぎず、頼られ過ぎず、夫婦間でも良い距離というのを取れる男性を見つけたいものです。

結婚を考えたときに、自分の好きな人は結婚に向いているのか気になると思います。

どのような男性が結婚に向いているのでしょうか。


結婚は他人同士が家族になるということ

新しい家族を作るというのは、他人同士が家族になります。

結婚によって違う環境で育った男女が家族になるので、それぞれの実家のやり方だけでは生活できなくなります。

新しい家族として、すり合わせを行い、新しい形として家庭を作ります。

自分の家のやり方だけを押し通したい人は、結婚には向いていません。

きちんとすり合わせができる人が結婚に向いているのです。

そうしないとどちらかが我慢をし続ける生活になって長続きしません。

相手を尊重しないと生活できない

性別で役割を決める考え方があります。

男性は外で働き、女性は家を守るというものです。

お互いが望んでその形ならば問題はありませんが、男性は外で働くもの、女性は外で働きつつ家事も育児も行うものとなったら、納得する女性は少ないでしょう。

いつ自分の時間を過ごせるのでしょうか。

自分が休みたいと思うように相手も休みたいのです。

体調が優れなければ手助けをして欲しいのも変わりません。

男性だから、女性だからと考えるだけで助け合う気がない人は、誰とも助け合わずに生きていく方が良いでしょう。

日常の五心

素直、反省、謙虚、奉仕、感謝の五つを指して五心といいます。

日常生活において、とても大切なものです。

これらは思いやりの気持ちといっても良いかもしれません。

思いやりの気持ちを持って接することは、結婚生活においてとても大切です。

他人同士が新しい家族となるのに、思いやりの気持ちを持てなければ、喧嘩ばかりで楽しい結婚生活は送れません。

好きな人と結婚するわけですから、その相手を大切にできることは大切なポイントだと思います。

自立した生活ができる

結婚するというのは大人の行為です。

親から独立して、新しい世帯となるわけですから、経済的にも精神的にも自立している必要があります。

親を大切にすることと自立していないことは違います。

親と適切な距離を取れることは大切なことです。

しかし、親にとってはいつまでも子どもだったり、子どもが大人になったことをお互いに踏まえた関係でいられないと自立とは言えません。

自立した大人であることが結婚に向いているポイントとなるでしょう。

独身と既婚の区別がついている

交友関係というのは、変化していくものです。

結婚して家族がいるのに、急に大人数を招いて家で飲み会を始めたり、その片づけを家族にやらせなければならないほど悪質な酔い方をしたりするのはよろしくありません。

独身ほど自由ではありませんが、事前にパートナーに話をして、計画的に遊ぶ予定を立てれるような落ち着いた交友関係を築ける人が結婚に向いています。

結婚とはどういうものか考えることで、結婚に向いている男性がどのような人か見えてくると思います。

自立した大人として、親との適度な距離、友人たちとの付き合い方を見直すことができる男性は結婚に向いていると思います。

また、違う環境で育ってきた男女が新しく家庭を作るということと、思いやりの気持ちを持って生活していくことができるというのは、とても大切なポイントだと思います。

自立した距離があっても、家庭内で横暴な人だったら結婚に向いているとは言い難いですし、そのような人だったと知ったときの絶望感はものすごいものでしょう。

結婚するからには、幸せな生活を思い描くことができる相手である必要があります。

頼り過ぎず、頼られ過ぎず、夫婦間でも良い距離というのを取れる男性を見つけたいものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-