【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401153749.html
よく泣く男の特徴

よく泣く男の特徴 | LADYCO

LADYCO
よく泣く男の特徴

男なのにちょっとのことでポロポロと涙を流してしまう人っていますよね。

今回はそんなよく泣く男の特徴について焦点をあててみたいと思います。

  • 性格的に優しい
  • 神経質な部分を持っている
  • 感受性が豊か
  • マザコン傾向
  • 家族から愛されていた
  • 優柔不断な性格
  • 甘えん坊
  • 感情の起伏が激しい
  • まとめ

1. 性格的に優しい

性格的に優しい

男なのによく泣くのは、性格的に優しいからでしょう。

攻撃的でなくみんなと仲良く穏かな環境で過ごしたいと願うような男は、優しくちょっとのことでも泣くことが多いといわれています。

例えば、誰かの話に共鳴してしまい、一緒にいる女性よりも先に泣いてしまうことも特徴のひとつだといえるでしょう。

人に親切で気配りができるため、どちらかというと人の顔色を見るようなタイプの人でしょう。

2. 神経質な部分を持っている

神経質な部分を持っている

よく泣く男は神経質な性格なのも特徴だといえます。

神経が細やかであるため、泣くポイントも他の人よりも低くなっているのです。

他の人がスルーしてしまうようなことも神経質のため気がついてしまうこともあるのです。

神経質な人は色んなことに敏感に反応してしまうため、些細なことも悲しく感じたりするのも特徴のひとつですね。

3. 感受性が豊か

感受性が豊か

よく泣く男は、とにかく感受性が豊かなのが特徴です。

昔の貴族のように「ものの哀れ」などの感性があるため、キレイなもの、美しい香り、幸せに感じることなど感性に触れると心から感動したりして涙を流すこともあるのです。

それは、決して、悲しいワケではなく、泣くことで自分の感情を表現しているようなものだといわれています。

4. マザコン傾向

マザコン傾向

よく泣く男はマザコンなところがあるのも特徴だといえるでしょう。

マザコンは何もかもお母さんに相談し、お母さんに対しての絶対的な信頼感を持っているのです。

そのため、大人なのに心はまだ子供であるため、ちょっとのことでも辛くなったり、悲しくなったりしてしまうのです。

マザコン男は、本人だけでなくお母さんの方も自立をしなくてはいつまでたっても大人になることができないのが特徴でしょう。

5. 家族から愛されていた

家族から愛されていた

よく泣く男が育った環境も影響したりするといわれています。

家族や周りから愛されて育ったような男は、何かに対して怒りや、腹立たしさなどの激しい感情は備わらずに大きくなったことが多いといわれています。

素直に育ったということですよね。

そんな素直に育った男は、気持ちが真っすぐで曲がった思考にはないため、悲しいことや辛いこと、人の不幸なども純粋に受け止めることが多いため、よく泣くといわれているのです。

6. 優柔不断な性格

優柔不断な性格

優柔不断な男もよく泣くのです。

優柔不断は良く言えば、周りのことを考えたり相手を傷つけたくないため、ハッキリした決断を相手に示したりはしないのが特徴だといわれています。

そのため、相手に責められたり、イライラされることもあり、「僕はみんなのことを考えてキツイことをいわないようにしてるのに... 」「なんで、僕の気持ちわかってくれないんだよ」などと悲しくなってしまい泣いてしまうのです。

7. 甘えん坊

甘えん坊

甘えん坊の性格の男もちょっとのことでよく泣くといわれています。

我慢することや、独りで耐えるよりも誰かに甘えている方が楽ちんだと思っていることが多く、頼れる相手に依存したりする方を選ぶような男も良く泣いてしまうようです。

8. 感情の起伏が激しい

感情の起伏が激しい

よく泣く男は感情の起伏が激しく、感情が高まってしまうと涙が自然と流れてしまったりすることがあります。

腹が立っていても、笑っていても自然と涙がポロポロ出てしまうのが特徴のひとつです。

まとめ

良く泣く男の特徴についてご紹介しましたがいかがでしたか?

男なのにすぐに泣いてしまう人は優しい反面、精神的にも弱い部分があるということですよね。

また、お母さんが構ってしまうためマザコンの傾向にあることもわかりました。

あなたの彼氏が涙もろいのならよく観察してみても良いでしょうね。

男なのにちょっとのことでポロポロと涙を流してしまう人っていますよね。

今回はそんなよく泣く男の特徴について焦点をあててみたいと思います。


性格的に優しい

男なのによく泣くのは、性格的に優しいからでしょう。

攻撃的でなくみんなと仲良く穏かな環境で過ごしたいと願うような男は、優しくちょっとのことでも泣くことが多いといわれています。

例えば、誰かの話に共鳴してしまい、一緒にいる女性よりも先に泣いてしまうことも特徴のひとつだといえるでしょう。

人に親切で気配りができるため、どちらかというと人の顔色を見るようなタイプの人でしょう。

神経質な部分を持っている

よく泣く男は神経質な性格なのも特徴だといえます。

神経が細やかであるため、泣くポイントも他の人よりも低くなっているのです。

他の人がスルーしてしまうようなことも神経質のため気がついてしまうこともあるのです。

神経質な人は色んなことに敏感に反応してしまうため、些細なことも悲しく感じたりするのも特徴のひとつですね。

感受性が豊か

よく泣く男は、とにかく感受性が豊かなのが特徴です。

昔の貴族のように「ものの哀れ」などの感性があるため、キレイなもの、美しい香り、幸せに感じることなど感性に触れると心から感動したりして涙を流すこともあるのです。

それは、決して、悲しいワケではなく、泣くことで自分の感情を表現しているようなものだといわれています。

マザコン傾向

よく泣く男はマザコンなところがあるのも特徴だといえるでしょう。

マザコンは何もかもお母さんに相談し、お母さんに対しての絶対的な信頼感を持っているのです。

そのため、大人なのに心はまだ子供であるため、ちょっとのことでも辛くなったり、悲しくなったりしてしまうのです。

マザコン男は、本人だけでなくお母さんの方も自立をしなくてはいつまでたっても大人になることができないのが特徴でしょう。

家族から愛されていた

よく泣く男が育った環境も影響したりするといわれています。

家族や周りから愛されて育ったような男は、何かに対して怒りや、腹立たしさなどの激しい感情は備わらずに大きくなったことが多いといわれています。

素直に育ったということですよね。

そんな素直に育った男は、気持ちが真っすぐで曲がった思考にはないため、悲しいことや辛いこと、人の不幸なども純粋に受け止めることが多いため、よく泣くといわれているのです。

優柔不断な性格

優柔不断な男もよく泣くのです。

優柔不断は良く言えば、周りのことを考えたり相手を傷つけたくないため、ハッキリした決断を相手に示したりはしないのが特徴だといわれています。

そのため、相手に責められたり、イライラされることもあり、「僕はみんなのことを考えてキツイことをいわないようにしてるのに... 」「なんで、僕の気持ちわかってくれないんだよ」などと悲しくなってしまい泣いてしまうのです。

甘えん坊

甘えん坊の性格の男もちょっとのことでよく泣くといわれています。

我慢することや、独りで耐えるよりも誰かに甘えている方が楽ちんだと思っていることが多く、頼れる相手に依存したりする方を選ぶような男も良く泣いてしまうようです。

感情の起伏が激しい

よく泣く男は感情の起伏が激しく、感情が高まってしまうと涙が自然と流れてしまったりすることがあります。

腹が立っていても、笑っていても自然と涙がポロポロ出てしまうのが特徴のひとつです。

良く泣く男の特徴についてご紹介しましたがいかがでしたか?

男なのにすぐに泣いてしまう人は優しい反面、精神的にも弱い部分があるということですよね。

また、お母さんが構ってしまうためマザコンの傾向にあることもわかりました。

あなたの彼氏が涙もろいのならよく観察してみても良いでしょうね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-