【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401153729.html
熟女が好きな男性の特徴

熟女が好きな男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
熟女が好きな男性の特徴

男性目線による熟女の魅力は色々とありますが、何故恋愛対象となっているのか幾つかのケースを紹介します。

  • 元々の恋愛対象が年上
  • 同じ年齢や年下の女性が幼く見えてしまう
  • 甘えん坊体質
  • 恋愛経験が少ない
  • いつまでも女性らしさを求めてしまう
  • マザコン
  • まとめ

1. 元々の恋愛対象が年上

元々の恋愛対象が年上

好きな異性のタイプが、元々年上が好きな人がいます。

人によってストライクゾーンとなる対象年齢は違っていますが、自分より年上でも5歳以上は年上じゃないと嫌とか、40歳以上の熟女が好きという人もいます。

発言している人の年齢によって返ってくる反応が違ってきますが、本当に熟女が好きな人は10代から年齢対象が年上という人が多いです。

2. 同じ年齢や年下の女性が幼く見えてしまう

同じ年齢や年下の女性が幼く見えてしまう

熟女が好きな男性の中には、年齢の若い年下女性でも恋愛対象として当てはまることもあります。

しかし熟女しか恋愛対象ではない男性にとっては、同じ年齢や年下女性は魅力的な女性であっても、自分よりも年齢が下だということが気になってしまいます。

熟女の方が経験豊富という訳ではないですが男性目線でいえば、比べることによってどうしても年下だと幼く感じてしまうことから、それだけの理由でなんとなく魅力的さに欠けてしまうのです。

3. 甘えん坊体質

甘えん坊体質

男性でも女性でも年上の異性と恋愛をしている時には、包容力を求めてしまうことがあります。

自分が年上の場合には、年下の異性から自分を立てる代わりに器の大きさや包容力を求められることもありますが、これが妙なプレッシャーを感じたり苦手意識がありますと、デートをするだけでも疲れてしまいます。

そのことから自分が甘えることができる相手として、年上の熟女を求めてしまうようになり、安心して甘えるだけではなく我儘もいえることから、男性にとっては理想的な恋愛ができます。

4. 恋愛経験が少ない

恋愛経験が少ない

10代や20代前半くらいまでだと、少し年上の女性と付き合ってみたいなと思うこともあります。

ただ自分自身に自信がなく、且つプライドが高い男性は、年下女性と恋愛したいなと思ってはいるものの、恋愛経験も少ないとデートの際に自分が満足できる形でリードすることもできないことから、年上で人生経験が豊富な熟女が魅力的だと思ってしまいます。

恋愛経験が少ない男性だと相手がリードしてもらうこともできますし、男性経験が多い熟女ほど男性の扱い方も上手なので、気分を損ねることなく付き合えます。

5. いつまでも女性らしさを求めてしまう

いつまでも女性らしさを求めてしまう

交際しているだけではなく結婚しても女性らしさを求める男性がいますが、妊娠や出産を経験しますと一時的にですが忙しすぎて女性らしさを失うこともあります。

そうなりますと幻滅し余計なひと言で喧嘩へと発展しますが、熟女の中にはそういう経験も終わらせたりしている人もいますし、美魔女と呼ばれたい人は常に女性でいることを心掛けていますので幻滅することもないです。

普段からバッチリメイクやスタイルも崩さないようにし、男性の処方術も熟知していることから、ストレスフリーの生活が期待できます。

6. マザコン

マザコン

マザコンの人は、好きな異性のタイプとして母親と似ている女性を選ぶこともあります。

その場合は年齢関係なく、母親に近ければそれでOKとなります。

ただマザコン度合いが強いと、見た目も近い人が理想なことから年齢的にも年上の熟女を選ぶこともあります。

付き合ってみないと母親に近い女性なのかは判断できないですが、母親への強い愛があることから、少しでも違うなと感じるとすぐに別れて次の女性へと探します。

望みどおりの女性だったら結婚へと発展しますので、熟女が好きな女性の中にはマザコンも含まれているのです。

まとめ

人生経験が増すごとに好きな異性のタイプに変化が出ることはありますが、熟女が好きな男性の中には10代の若いころからすでに年上女性ならではの魅力があることを知っていることから、30代、40代になっても熟女が好きという人もいます。

ただ生きていれば年齢が上がることから、熟女といわれながらも同年代や年下になってしまうので、その時には熟女の魅力にも変化が出ますよ。

男性目線による熟女の魅力は色々とありますが、何故恋愛対象となっているのか幾つかのケースを紹介します。


元々の恋愛対象が年上

好きな異性のタイプが、元々年上が好きな人がいます。

人によってストライクゾーンとなる対象年齢は違っていますが、自分より年上でも5歳以上は年上じゃないと嫌とか、40歳以上の熟女が好きという人もいます。

発言している人の年齢によって返ってくる反応が違ってきますが、本当に熟女が好きな人は10代から年齢対象が年上という人が多いです。

同じ年齢や年下の女性が幼く見えてしまう

熟女が好きな男性の中には、年齢の若い年下女性でも恋愛対象として当てはまることもあります。

しかし熟女しか恋愛対象ではない男性にとっては、同じ年齢や年下女性は魅力的な女性であっても、自分よりも年齢が下だということが気になってしまいます。

熟女の方が経験豊富という訳ではないですが男性目線でいえば、比べることによってどうしても年下だと幼く感じてしまうことから、それだけの理由でなんとなく魅力的さに欠けてしまうのです。

甘えん坊体質

男性でも女性でも年上の異性と恋愛をしている時には、包容力を求めてしまうことがあります。

自分が年上の場合には、年下の異性から自分を立てる代わりに器の大きさや包容力を求められることもありますが、これが妙なプレッシャーを感じたり苦手意識がありますと、デートをするだけでも疲れてしまいます。

そのことから自分が甘えることができる相手として、年上の熟女を求めてしまうようになり、安心して甘えるだけではなく我儘もいえることから、男性にとっては理想的な恋愛ができます。

恋愛経験が少ない

10代や20代前半くらいまでだと、少し年上の女性と付き合ってみたいなと思うこともあります。

ただ自分自身に自信がなく、且つプライドが高い男性は、年下女性と恋愛したいなと思ってはいるものの、恋愛経験も少ないとデートの際に自分が満足できる形でリードすることもできないことから、年上で人生経験が豊富な熟女が魅力的だと思ってしまいます。

恋愛経験が少ない男性だと相手がリードしてもらうこともできますし、男性経験が多い熟女ほど男性の扱い方も上手なので、気分を損ねることなく付き合えます。

いつまでも女性らしさを求めてしまう

交際しているだけではなく結婚しても女性らしさを求める男性がいますが、妊娠や出産を経験しますと一時的にですが忙しすぎて女性らしさを失うこともあります。

そうなりますと幻滅し余計なひと言で喧嘩へと発展しますが、熟女の中にはそういう経験も終わらせたりしている人もいますし、美魔女と呼ばれたい人は常に女性でいることを心掛けていますので幻滅することもないです。

普段からバッチリメイクやスタイルも崩さないようにし、男性の処方術も熟知していることから、ストレスフリーの生活が期待できます。

マザコン

マザコンの人は、好きな異性のタイプとして母親と似ている女性を選ぶこともあります。

その場合は年齢関係なく、母親に近ければそれでOKとなります。

ただマザコン度合いが強いと、見た目も近い人が理想なことから年齢的にも年上の熟女を選ぶこともあります。

付き合ってみないと母親に近い女性なのかは判断できないですが、母親への強い愛があることから、少しでも違うなと感じるとすぐに別れて次の女性へと探します。

望みどおりの女性だったら結婚へと発展しますので、熟女が好きな女性の中にはマザコンも含まれているのです。

人生経験が増すごとに好きな異性のタイプに変化が出ることはありますが、熟女が好きな男性の中には10代の若いころからすでに年上女性ならではの魅力があることを知っていることから、30代、40代になっても熟女が好きという人もいます。

ただ生きていれば年齢が上がることから、熟女といわれながらも同年代や年下になってしまうので、その時には熟女の魅力にも変化が出ますよ。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-