【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401153723.html
自己中な男性に振り回されないで!上手な扱い方

自己中な男性に振り回されないで!上手な扱い方 | LADYCO

LADYCO
自己中な男性に振り回されないで!上手な扱い方

人それぞれ色々な性格を持っていて、1人として同じ性格を持つ者はいないと言われています。

性格とはまた違って自己中心的な人、自己中と言いますがそういった人も見のまわりにはたくさんいて、振り回されたりしている人も多いのではないでしょうか?

今回は、女性目線で、そんな自己中な男性に振り回されない為の上手な扱い方についてお話したいと思います。

  • 自己中な男性は程よく放置が1番
  • 目には目を歯には歯をは逆効果かも
  • 心に余裕があるのであれば
  • 基本的に男性は自己中な部分がある
  • 逆に操るくらいの女性になる
  • まとめ

1. 自己中な男性は程よく放置が1番

自己中な男性は程よく放置が1番

自己中な男性は、自分が良ければそれでいいのですが、かかわっている人に同じ事をされると苛立ちを感じたりします。

本当に自分勝手なんです。

そんな自己中な男性は程よく放置するのが1番です。

こちらが深く踏み入れれば踏み入れるほど、男性の自己中さにのみ込まれてしまって、振り回される事になります。

そして辛い思いもたくさんしてしまって気持ち的にも負担がかかります。

それを回避する為には、一線を置く、言われた事に対して傍観するような「そうなんだ~」とか「なるほどね~」とそれ以上は深く踏み入らない状態、ある意味、無関心という事には近くなりますが、自己中な男性にはそれくらいしても構いません。

こちらが深くなるほど無駄なのですから。

2. 目には目を歯には歯をは逆効果かも

目には目を歯には歯をは逆効果かも

自己中な男性だからといって、自分も自己中な振る舞いをするといった事は、もしかしたら逆効果になる事もあるかもしれません。

そもそも自己中な男性はわがままであり、自分の思うようにやりたい、誘導したい等のもとに、相手がそれを受け入れてくれるものだというのも前提としています。

それはそれで腹立たしいですが、同じ事をされると男性側の自己中さも更にパワーアップする可能性もあります。

全て受け入れる必要はないのですが、軽く受け流す程度にしたり、受け入れても浅くが1番得策かもしれません。

受け入れられる事で自己中な男性は満足を得ます。

傲慢な態度や一方的があまりに酷い場合には、仕方ないかもしれませんが、仕返し的な事はほどほどにしておきましょう。

3. 心に余裕があるのであれば

心に余裕があるのであれば

もし、心に余裕があるのであれば、それごと包み込む、「仕方ないな、また自己中さが出てるわ」といった感じで大目に見て流す事も上手な扱い方と言えます。

なかなかできる事ではありませんが、心に余裕がある時は、ある程度の事は大目に見たりできるもの。

自己中な人はわがまま、つまり子供みたいなところが強く、それを母親のようにあやすではないですが、広い心で包み込むというのも時には必要かもしれません。

1度大目に見てしまえば調子に乗るようなタイプでなければ、いつもと違う対応に気づき、少しだけ改心してくれるかもしれませんよ。

4. 基本的に男性は自己中な部分がある

基本的に男性は自己中な部分がある

基本的に、男性には自己中心的な部分はあります。

それは女性目線だからという点も拭えませんが、男性は自由を好み詮索を嫌い、頑固なんだけど甘えたい時もあって、どこか童心を持っている。

男心等は女性にはわからないというのが正直なところでもあります。

それを理解しておくと、自己中な振る舞いをされても男性特有な部分が入ってるなと思えば、少し苛立ち等も和らぎ、落ち着いた応対もできるもの。

自己中な男性という枠ではなく、「男性」という大きな枠で考えて応対するのも良いかもしれません。

5. 逆に操るくらいの女性になる

逆に操るくらいの女性になる

自己中な男性が改心するのは難しいのが現状です。

そのレベルが強ければ強いほど、改心するのは難しいでしょう。

であれば、上手に扱える方法はないのでは?と思われがちですが、諦めないで下さい。

こちらがそれを超えるような女性になればいいのです。

逆に操るくらいの女性となる。

女性はお付き合いしている男性に対して、謙虚に上に見ている崇めている、若しくは同等や対等な立場で見ている事が多いです。

しかし自己中な男性は女性を下に見ている傾向があります。

ですので、上からの視線で捉える事です。

もちろん、傲慢さを出すのではなく、振るまわれた事に対して「まだまだ子供な考えなのね」とか「こういう時はこうするのが大人なのよ?」というような感じで捉える事です。

同等や上に崇めている等だから苛立ちを感じたりする部分もあるので、逆に上から見下ろすような捉え方でいれば、自然とゆとりも出てきて、うまく方向転換できるタイミングも出てくる事もあります。

まとめ

いかがでしたか?

自己中な男性と付き合ったりすると本当に苦労が絶えません。

しかし、それは全て受け入れてしまっているから、真っ直ぐ受け止めてしまうが故の事です。

全てを受け入れる必要のなく、流してもいいですし、大らかな気持ちで更なる自由奔放さを与えるのも、もしかしたら自己中の男性からしたら違和感になる事もあり、改心するきっかけになる事もあります。

いずれにしても、自己中の度合いやその人の性格、タイプで異なるので、相手をよく知った上で慎重にどう行動するべきかは見極めてから、扱い方を見つけて試していきましょう。

上手に扱える=大人な女性となると思います。

人それぞれ色々な性格を持っていて、1人として同じ性格を持つ者はいないと言われています。

性格とはまた違って自己中心的な人、自己中と言いますがそういった人も見のまわりにはたくさんいて、振り回されたりしている人も多いのではないでしょうか?

今回は、女性目線で、そんな自己中な男性に振り回されない為の上手な扱い方についてお話したいと思います。


自己中な男性は程よく放置が1番

自己中な男性は、自分が良ければそれでいいのですが、かかわっている人に同じ事をされると苛立ちを感じたりします。

本当に自分勝手なんです。

そんな自己中な男性は程よく放置するのが1番です。

こちらが深く踏み入れれば踏み入れるほど、男性の自己中さにのみ込まれてしまって、振り回される事になります。

そして辛い思いもたくさんしてしまって気持ち的にも負担がかかります。

それを回避する為には、一線を置く、言われた事に対して傍観するような「そうなんだ~」とか「なるほどね~」とそれ以上は深く踏み入らない状態、ある意味、無関心という事には近くなりますが、自己中な男性にはそれくらいしても構いません。

こちらが深くなるほど無駄なのですから。

目には目を歯には歯をは逆効果かも

自己中な男性だからといって、自分も自己中な振る舞いをするといった事は、もしかしたら逆効果になる事もあるかもしれません。

そもそも自己中な男性はわがままであり、自分の思うようにやりたい、誘導したい等のもとに、相手がそれを受け入れてくれるものだというのも前提としています。

それはそれで腹立たしいですが、同じ事をされると男性側の自己中さも更にパワーアップする可能性もあります。

全て受け入れる必要はないのですが、軽く受け流す程度にしたり、受け入れても浅くが1番得策かもしれません。

受け入れられる事で自己中な男性は満足を得ます。

傲慢な態度や一方的があまりに酷い場合には、仕方ないかもしれませんが、仕返し的な事はほどほどにしておきましょう。

心に余裕があるのであれば

もし、心に余裕があるのであれば、それごと包み込む、「仕方ないな、また自己中さが出てるわ」といった感じで大目に見て流す事も上手な扱い方と言えます。

なかなかできる事ではありませんが、心に余裕がある時は、ある程度の事は大目に見たりできるもの。

自己中な人はわがまま、つまり子供みたいなところが強く、それを母親のようにあやすではないですが、広い心で包み込むというのも時には必要かもしれません。

1度大目に見てしまえば調子に乗るようなタイプでなければ、いつもと違う対応に気づき、少しだけ改心してくれるかもしれませんよ。

基本的に男性は自己中な部分がある

基本的に、男性には自己中心的な部分はあります。

それは女性目線だからという点も拭えませんが、男性は自由を好み詮索を嫌い、頑固なんだけど甘えたい時もあって、どこか童心を持っている。

男心等は女性にはわからないというのが正直なところでもあります。

それを理解しておくと、自己中な振る舞いをされても男性特有な部分が入ってるなと思えば、少し苛立ち等も和らぎ、落ち着いた応対もできるもの。

自己中な男性という枠ではなく、「男性」という大きな枠で考えて応対するのも良いかもしれません。

逆に操るくらいの女性になる

自己中な男性が改心するのは難しいのが現状です。

そのレベルが強ければ強いほど、改心するのは難しいでしょう。

であれば、上手に扱える方法はないのでは?と思われがちですが、諦めないで下さい。

こちらがそれを超えるような女性になればいいのです。

逆に操るくらいの女性となる。

女性はお付き合いしている男性に対して、謙虚に上に見ている崇めている、若しくは同等や対等な立場で見ている事が多いです。

しかし自己中な男性は女性を下に見ている傾向があります。

ですので、上からの視線で捉える事です。

もちろん、傲慢さを出すのではなく、振るまわれた事に対して「まだまだ子供な考えなのね」とか「こういう時はこうするのが大人なのよ?」というような感じで捉える事です。

同等や上に崇めている等だから苛立ちを感じたりする部分もあるので、逆に上から見下ろすような捉え方でいれば、自然とゆとりも出てきて、うまく方向転換できるタイミングも出てくる事もあります。

いかがでしたか?

自己中な男性と付き合ったりすると本当に苦労が絶えません。

しかし、それは全て受け入れてしまっているから、真っ直ぐ受け止めてしまうが故の事です。

全てを受け入れる必要のなく、流してもいいですし、大らかな気持ちで更なる自由奔放さを与えるのも、もしかしたら自己中の男性からしたら違和感になる事もあり、改心するきっかけになる事もあります。

いずれにしても、自己中の度合いやその人の性格、タイプで異なるので、相手をよく知った上で慎重にどう行動するべきかは見極めてから、扱い方を見つけて試していきましょう。

上手に扱える=大人な女性となると思います。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-