【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401151921.html
自己中な男性に共通する特徴

自己中な男性に共通する特徴 | LADYCO

LADYCO
自己中な男性に共通する特徴

世の中様々な性格の男性がおりますが、その中には自己中心的いわゆる自己中と呼ばれる性格の男性がおります。

ここではそういう男性の主な特徴について紹介していきます。

  • 他者の話を聞き入れない
  • 自分の考えを押し付ける
  • 何事も自分の思うようになると考えている
  • 他者の事を考えない
  • 自己中の男性は他者に厳しい
  • まとめ

1. 他者の話を聞き入れない

他者の話を聞き入れない

例えば友人や恋人同士等でちょっとした口論や感じ方の違いがあった場合、大体の人達はお互いの言い分を分かりあったりできるでしょう。

しかし自己中の男性は、自分の言い分を一切曲げず相手の言い分は間違っているという思考回路になりがちです。

そしてこちら側が面倒に感じて、もうそれでいいですよ、という感じの返事でも納得できず、そうですね、あなたが正しいです、と言うところまで話をもっていかないと納得しないのが特徴と言えるでしょう。

2. 自分の考えを押し付ける

自分の考えを押し付ける

上記の内容とややかぶりますが、自己中の男性は他の価値観をいっさい受け入れず、他者に対してもその思考を押し付けがちになります。

自己中の男性はたとえ自分の考えが世間一般の常識からずれていたとしても、自分の考えが間違っている、こうあるべきなのが本来の考え方だという姿勢を崩しません。

そして自分の正しいと思っている考えを押し付け、自分の正当性を一方的に主張しようとするのも自己中の男性にみられます。

3. 何事も自分の思うようになると考えている

何事も自分の思うようになると考えている

男女間の話で考えた時に、自己中の男性は基本的に女性に対して男尊女卑のような考えを持っている者もおります。

仮に自分でそうは思っていなくても、言動の随所にその傾向が現れ、何事も男性の言うことを女性は逆らわずに聞くものだ、と言う姿勢が見られるでしょう。

では男性同士ではどうかと考えた時、男性同士の知人・友人の輪の中に自己中の考えの人がいたとしても、それは1人だけでしょう。

なぜなら、自己中の考えの人間が2人以上いる場合、常に意見が食い違い長い付き合いにはならないからです。

ですので、自己中の考えの人間は常に自分中心で動くような共同体を好み、それに従わないような人間は排除していく傾向にあります。

4. 他者の事を考えない

他者の事を考えない

これもややここまで記載してきたことと重複するかも知れませんが、自己中の男性は他者の事に関しては無関心で、常に自分が中心、自分が正しいという思考を貫き自分と合わない考えの人間を理解しようとしません。

ですので、人付き合いの中でなにか揉め事があった場合、勝手に自分から人間関係をぎくしゃくした方向に持っていきがちです。

例えば、バイトで意見が割れた場合お互いの状況を説明し合っている中でも、最終的に自分の考えは間違っていないと激昂してまで意見を貫こうとする方を目にした方もいるでしょう。

5. 自己中の男性は他者に厳しい

自己中の男性は他者に厳しい

皆さんも日常生活を送るうえで、この程度の事はやっても許されるであろうと言う行為をしたことがあるでしょう。

ゴミ屑のポイ捨て、駆け込み乗車、病院や電車でのちょっとした携帯電話の使用などです。

自己中の男性はそういう行為を自分でよくやっても、他者がそういう行為をすることを良しとしません。

例えばその傾向が大きくでるのが車の運転です。

自分では方向指示器無しの車線変更や走行中の割り込みを頻繁に行うにもかかわらず、他者が自分に対してそれを行うと、激昂してトラブルを引き起こす方もいるでしょう。

特に男性の場合、虚勢を張られる方も多く、このように他者からの行動で自分が不快な思いをした場合、真っ先にトラブルを引き起こす火種になりやすい傾向がみられます。

まとめ

このように自己中の男性には、正直面倒な性格の方が多いと言えるでしょう。

しかし、口論や揉めごとにならなければ普通に接する事ができる方々が大半でしょう。

ですので、友人や恋人でそういう方と長く付き合いを続けるには、こちらがぽっきりと折れて相手の意見や行動を正当化してしまうのがお互い面倒にならずに済む方法だと言えるでしょう。

また、他人で自己中な性格の人なのかもと判断した場合は、さっさとその場を離れるように考えましょう。

こちらが何を言っても駄目ですし、時間の無駄遣いになってしまいます。

以上、自己中な男性に共通する特徴をご紹介致しました。

世の中様々な性格の男性がおりますが、その中には自己中心的いわゆる自己中と呼ばれる性格の男性がおります。

ここではそういう男性の主な特徴について紹介していきます。


他者の話を聞き入れない

例えば友人や恋人同士等でちょっとした口論や感じ方の違いがあった場合、大体の人達はお互いの言い分を分かりあったりできるでしょう。

しかし自己中の男性は、自分の言い分を一切曲げず相手の言い分は間違っているという思考回路になりがちです。

そしてこちら側が面倒に感じて、もうそれでいいですよ、という感じの返事でも納得できず、そうですね、あなたが正しいです、と言うところまで話をもっていかないと納得しないのが特徴と言えるでしょう。

自分の考えを押し付ける

上記の内容とややかぶりますが、自己中の男性は他の価値観をいっさい受け入れず、他者に対してもその思考を押し付けがちになります。

自己中の男性はたとえ自分の考えが世間一般の常識からずれていたとしても、自分の考えが間違っている、こうあるべきなのが本来の考え方だという姿勢を崩しません。

そして自分の正しいと思っている考えを押し付け、自分の正当性を一方的に主張しようとするのも自己中の男性にみられます。

何事も自分の思うようになると考えている

男女間の話で考えた時に、自己中の男性は基本的に女性に対して男尊女卑のような考えを持っている者もおります。

仮に自分でそうは思っていなくても、言動の随所にその傾向が現れ、何事も男性の言うことを女性は逆らわずに聞くものだ、と言う姿勢が見られるでしょう。

では男性同士ではどうかと考えた時、男性同士の知人・友人の輪の中に自己中の考えの人がいたとしても、それは1人だけでしょう。

なぜなら、自己中の考えの人間が2人以上いる場合、常に意見が食い違い長い付き合いにはならないからです。

ですので、自己中の考えの人間は常に自分中心で動くような共同体を好み、それに従わないような人間は排除していく傾向にあります。

他者の事を考えない

これもややここまで記載してきたことと重複するかも知れませんが、自己中の男性は他者の事に関しては無関心で、常に自分が中心、自分が正しいという思考を貫き自分と合わない考えの人間を理解しようとしません。

ですので、人付き合いの中でなにか揉め事があった場合、勝手に自分から人間関係をぎくしゃくした方向に持っていきがちです。

例えば、バイトで意見が割れた場合お互いの状況を説明し合っている中でも、最終的に自分の考えは間違っていないと激昂してまで意見を貫こうとする方を目にした方もいるでしょう。

自己中の男性は他者に厳しい

皆さんも日常生活を送るうえで、この程度の事はやっても許されるであろうと言う行為をしたことがあるでしょう。

ゴミ屑のポイ捨て、駆け込み乗車、病院や電車でのちょっとした携帯電話の使用などです。

自己中の男性はそういう行為を自分でよくやっても、他者がそういう行為をすることを良しとしません。

例えばその傾向が大きくでるのが車の運転です。

自分では方向指示器無しの車線変更や走行中の割り込みを頻繁に行うにもかかわらず、他者が自分に対してそれを行うと、激昂してトラブルを引き起こす方もいるでしょう。

特に男性の場合、虚勢を張られる方も多く、このように他者からの行動で自分が不快な思いをした場合、真っ先にトラブルを引き起こす火種になりやすい傾向がみられます。

このように自己中の男性には、正直面倒な性格の方が多いと言えるでしょう。

しかし、口論や揉めごとにならなければ普通に接する事ができる方々が大半でしょう。

ですので、友人や恋人でそういう方と長く付き合いを続けるには、こちらがぽっきりと折れて相手の意見や行動を正当化してしまうのがお互い面倒にならずに済む方法だと言えるでしょう。

また、他人で自己中な性格の人なのかもと判断した場合は、さっさとその場を離れるように考えましょう。

こちらが何を言っても駄目ですし、時間の無駄遣いになってしまいます。

以上、自己中な男性に共通する特徴をご紹介致しました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-