【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401151857.html
サボり癖のある男性の特徴

サボり癖のある男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
サボり癖のある男性の特徴

男性でサボり癖のある人は、だらしがなくて女性の視点から見ても好ましくありません。

ではこのような男性の特徴とは一体どのようなものでしょうか。

例を挙げて見ていきたいと思います。

  • 父親もそうだった
  • やる気が無くて鬱ぎみ
  • 職場が嫌い
  • 責任感が無い
  • 朝が弱い
  • 誰かに甘えて依存したい
  • ものぐさ
  • マザコン
  • モテない
  • まとめ

1. 父親もそうだった

父親もそうだった

実の父親も似たような気質だった可能性があります。

「ひも」のような生活を、まのあたりにして育った場合はそれが当然だと思い込んで成長することも。

三つ子の魂百までということわざがあります。

育った家庭環境の影響は大きいものですね。

このような男性と縁があったら女性は困ってしまいます。

2. やる気が無くて鬱ぎみ

やる気が無くて鬱ぎみ

何かにつけてやる気が無くて、鬱ぎみだった場合もサボる傾向にあります。

活力が無いので仕事や活動に無関心です。

「やりたくないことはしない」という気持ちですので罪悪感もありません。

病気の可能性もありますから、あまりにひどい場合は精神科へ行って受診した方がよさそうです。

3. 職場が嫌い

職場が嫌い

職場をサボる場合はその職場が合っていない事が考えられます。

人は興味が無いことはどういう結果になっても良いと考えますから、突然くびになっても良いのでしょう。

サボるくらいならいっそのこと転職を考えて欲しいものです。

4. 責任感が無い

責任感が無い

サボっても周囲の人が困らない環境なら、それでも良いのかもしれません。

しかし、たいていの場合は人間関係がありますから、サボる人がいると誰かが困ります。

通常の人なら困る人の気持ちを考えられるので、極力サボったりしないようにします。

無責任な人は相手が困ってもお構い無しですから迷惑をかけてもなんとも思いません。

サボり癖のある人とは仕事などは一緒にしたくありませんね。

5. 朝が弱い

朝が弱い

仕事が出来ない。

朝起きられないと言った人にも、サボり癖のある傾向があります。

毎日の日課が出来ない人の事です。

三日坊主などと良く言いますが、このように何事も習慣付けられない人もこの傾向があります。

当然、毎日出勤することもままならない訳ですから仕事も出来ない人が多いでしょう。

6. 誰かに甘えて依存したい

誰かに甘えて依存したい

めんどうな事から逃げたいと考えて誰かに依存したいという人にも当てはまります。

「自分がしなくても誰かが代わりにやってくれるだろう」と、物事を押し付ける人の事です。

押し付けられる方は仕事が増える訳ですから、迷惑極まりありません。

7. ものぐさ

ものぐさ

めんどうな事に対して、なかなか動かない人もサボり癖があるようです。

掃除などもやりたがらないので部屋が汚い可能性もあります。

子供の頃に夏休みの宿題をなかなか片付けなかった人もその類いですね。

期限が迫ってきて焦り始めたりします。

8. マザコン

マザコン

マザコンの男性は母親がなんでもやってくれると思っているので責任感もありませんし、楽をしたいと思っています。

子供の頃からなんでも「ママがやってくれる」訳ですからサボってもいい訳ですね。

これは当人だけが悪いのではなくて育てた親の責任でもありますね。

9. モテない

モテない

サボり癖のある男性は女性からしてみても、魅力的に感じません。

ですから当然モテませんね。

まれに母性本能が強い女性が「私がいなくては彼が生きていけない」とお節介を焼く人がいます。

ダメンズにはまってしまう女性ですね。

しばらくは良いかもしれませんが、そういった男性の不甲斐なさに目を冷ますと愛想をつかされてしまいます。

まとめ

サボり癖のある男性は何をさせても「出来ない人」になる傾向があります。

努力をしないわけですから当然です。

すると出来ない事が嫌になってまた更にサボるといった状況に陥ります。

いっしょにいてもろくなことがなさそうですから、このような努力を継続しない男性とはなるべく距離を置きたいものですね。

男性でサボり癖のある人は、だらしがなくて女性の視点から見ても好ましくありません。

ではこのような男性の特徴とは一体どのようなものでしょうか。

例を挙げて見ていきたいと思います。


父親もそうだった

実の父親も似たような気質だった可能性があります。

「ひも」のような生活を、まのあたりにして育った場合はそれが当然だと思い込んで成長することも。

三つ子の魂百までということわざがあります。

育った家庭環境の影響は大きいものですね。

このような男性と縁があったら女性は困ってしまいます。

やる気が無くて鬱ぎみ

何かにつけてやる気が無くて、鬱ぎみだった場合もサボる傾向にあります。

活力が無いので仕事や活動に無関心です。

「やりたくないことはしない」という気持ちですので罪悪感もありません。

病気の可能性もありますから、あまりにひどい場合は精神科へ行って受診した方がよさそうです。

職場が嫌い

職場をサボる場合はその職場が合っていない事が考えられます。

人は興味が無いことはどういう結果になっても良いと考えますから、突然くびになっても良いのでしょう。

サボるくらいならいっそのこと転職を考えて欲しいものです。

責任感が無い

サボっても周囲の人が困らない環境なら、それでも良いのかもしれません。

しかし、たいていの場合は人間関係がありますから、サボる人がいると誰かが困ります。

通常の人なら困る人の気持ちを考えられるので、極力サボったりしないようにします。

無責任な人は相手が困ってもお構い無しですから迷惑をかけてもなんとも思いません。

サボり癖のある人とは仕事などは一緒にしたくありませんね。

朝が弱い

仕事が出来ない。

朝起きられないと言った人にも、サボり癖のある傾向があります。

毎日の日課が出来ない人の事です。

三日坊主などと良く言いますが、このように何事も習慣付けられない人もこの傾向があります。

当然、毎日出勤することもままならない訳ですから仕事も出来ない人が多いでしょう。

誰かに甘えて依存したい

めんどうな事から逃げたいと考えて誰かに依存したいという人にも当てはまります。

「自分がしなくても誰かが代わりにやってくれるだろう」と、物事を押し付ける人の事です。

押し付けられる方は仕事が増える訳ですから、迷惑極まりありません。

ものぐさ

めんどうな事に対して、なかなか動かない人もサボり癖があるようです。

掃除などもやりたがらないので部屋が汚い可能性もあります。

子供の頃に夏休みの宿題をなかなか片付けなかった人もその類いですね。

期限が迫ってきて焦り始めたりします。

マザコン

マザコンの男性は母親がなんでもやってくれると思っているので責任感もありませんし、楽をしたいと思っています。

子供の頃からなんでも「ママがやってくれる」訳ですからサボってもいい訳ですね。

これは当人だけが悪いのではなくて育てた親の責任でもありますね。

モテない

サボり癖のある男性は女性からしてみても、魅力的に感じません。

ですから当然モテませんね。

まれに母性本能が強い女性が「私がいなくては彼が生きていけない」とお節介を焼く人がいます。

ダメンズにはまってしまう女性ですね。

しばらくは良いかもしれませんが、そういった男性の不甲斐なさに目を冷ますと愛想をつかされてしまいます。

サボり癖のある男性は何をさせても「出来ない人」になる傾向があります。

努力をしないわけですから当然です。

すると出来ない事が嫌になってまた更にサボるといった状況に陥ります。

いっしょにいてもろくなことがなさそうですから、このような努力を継続しない男性とはなるべく距離を置きたいものですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-