【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401151851.html
数字にこだわる人の特徴

数字にこだわる人の特徴 | LADYCO

LADYCO
数字にこだわる人の特徴

生活の中に数字はつきものです。

どんな物にも数字が伴ってくる。

それが特別に気になる人がいます。

その話です。

  • 数字が気になる時
  • 数字が気になって止められない
  • どうしてもそうしたくなる
  • 結果的に疲れていく
  • 数字は思い通りにならない
  • 数字のせいで損をする
  • 数字が気になるせいで起こす様々なトラブル
  • 数字のせいで辛いことになる
  • まとめ

1. 数字が気になる時

数字が気になる時

時計を見ると、3の数字が並んでいる。

今日はラッキーかな。

そう思ったりする。

そんな人は、4の数字が三つ並ぶと嫌な予感がする。

不幸に遭うかも。

だから、時計を見ないようにしてしまうか。

小さなことが気になると、そればかり考えるようになってしまう。

大したことじゃなくても、それを気にしてしまう。

4や9の数字は見たくない。

それが全ての始まりとなる。

それで、13の数字を見たら避けてしまう。

2. 数字が気になって止められない

数字が気になって止められない

数字が気になるようになると、それを避けようとする。

日本人だったら、4や9の数字を避けるか。

それでマンションを買う時にその番号の部屋を避けたりする。

それは小さなことに感じるけど、こだわりが生まれると、好みの数字が出る。

自分はこの数字の物しか使いたくない。

そうなっていく。

一度そうなれば、それがジンクスのようになって、止めることができなくなる。

それで神経を使うようになる。

3. どうしてもそうしたくなる

どうしてもそうしたくなる

4の数字を避けたい。

そう願ったら、4の数字が着いた物を避ける。

4時44分に近づけば、時計を見なくなる。

何があろうと見てたまるか。

そう思ったら時計を見なくなる。

約束も避けようとする。

その時間になれば悪いことが起きる。

一度そう思ったら、止められない。

できるだけそれを避けないと。

そう願ってしまう。

そこまでいくと、こだわりがひどくなる。

それこそが優先されるようになる。

4. 結果的に疲れていく

結果的に疲れていく

こだわりが小さいうちは、たいしたことがない。

ラッキーな数字を狙う程度で終わるから。

それが酷くなると、強迫神経症になる。

それを止められなくなると、神経そのものが疲弊していく。

こだわりの数字は絶対的な存在となると、それから逃れることができなくなっていく。

それを避けたくても避けることができない。

既に数字の虜となっていたら。

もはや数字は人間を支配していく。

それこそが絶対者である。

5. 数字は思い通りにならない

数字は思い通りにならない

どれだけこだわっても数字は思い通りにならない。

傘立てで3の数字を選びたくても、それは既に使われている。

23も33も空いていない。

残っているのは4と9だ。

それならそこに入れたくない。

それを考えるだけで辛く感じる。

そこに入れなければ傘立てを使えない。

あるいは鍵無しに放置するしかない。

数字にこだわるなら、放置を選ぶだろう。

そっちの方が増しだから。

傘を失うリスクの方が増しだ。

そう思ってしまう。

6. 数字のせいで損をする

数字のせいで損をする

自分がこだわる数字を選んだばかりに損をすることがある。

商売人は、人々が好む数字を選んで見せてくる。

それで売れたらいいとばかりに。

縁起がいい数字だと思えば、それを買ってしまうか。

それで商売人の思うつぼにはまってしまう。

そして嫌われる数字を持つ物の方が値段が安くなることもある。

それなら数字にこだわらない方がいい。

その方が得をするのである。

こだわり過ぎるとかえって損をする。

7. 数字が気になるせいで起こす様々なトラブル

数字が気になるせいで起こす様々なトラブル

自分が思い通りの数字を手にするために、誰かに席を替わって貰ったり、敢えて座らなかったりする。

そんなことだってある。

あそこは悪い数字だから。

バスの座席を予約するなら、自分が嫌っている数字になることもある。

そうなった時に縁起が悪いから解約すると、面倒なことになる。

どうしてもそれに乗るなら怯えながら座ることに。

怖いと思えば震えながらそこにいる。

そんなことなら何も楽しくないか。

強迫神経症だと疲れるんだ。

8. 数字のせいで辛いことになる

数字のせいで辛いことになる

そのうち数字を見るだけで嫌になって来る。

こだわりがひどくなれば、数字そのものが嫌いになっていく。

それから逃れたくても逃れられない。

すっかり数字の虜になっていたら、それを見るだけで辛くなる。

どうにかしてその数字を消してくれ。

そう思っても順番に着けられていたら、必ずそれはある。

だから4と9の数字を避けることはできないのだ。

それが嫌でも見ないといけない。

そこまでならない方がいい。

まとめ

強迫神経症にならないためにも数字を気にしないのがいい。

数字にこだわり過ぎると、生活にも影響してしまう。

だから数字へのこだわりはほどほどにした方がいい。

生活の中に数字はつきものです。

どんな物にも数字が伴ってくる。

それが特別に気になる人がいます。

その話です。


数字が気になる時

時計を見ると、3の数字が並んでいる。

今日はラッキーかな。

そう思ったりする。

そんな人は、4の数字が三つ並ぶと嫌な予感がする。

不幸に遭うかも。

だから、時計を見ないようにしてしまうか。

小さなことが気になると、そればかり考えるようになってしまう。

大したことじゃなくても、それを気にしてしまう。

4や9の数字は見たくない。

それが全ての始まりとなる。

それで、13の数字を見たら避けてしまう。

数字が気になって止められない

数字が気になるようになると、それを避けようとする。

日本人だったら、4や9の数字を避けるか。

それでマンションを買う時にその番号の部屋を避けたりする。

それは小さなことに感じるけど、こだわりが生まれると、好みの数字が出る。

自分はこの数字の物しか使いたくない。

そうなっていく。

一度そうなれば、それがジンクスのようになって、止めることができなくなる。

それで神経を使うようになる。

どうしてもそうしたくなる

4の数字を避けたい。

そう願ったら、4の数字が着いた物を避ける。

4時44分に近づけば、時計を見なくなる。

何があろうと見てたまるか。

そう思ったら時計を見なくなる。

約束も避けようとする。

その時間になれば悪いことが起きる。

一度そう思ったら、止められない。

できるだけそれを避けないと。

そう願ってしまう。

そこまでいくと、こだわりがひどくなる。

それこそが優先されるようになる。

結果的に疲れていく

こだわりが小さいうちは、たいしたことがない。

ラッキーな数字を狙う程度で終わるから。

それが酷くなると、強迫神経症になる。

それを止められなくなると、神経そのものが疲弊していく。

こだわりの数字は絶対的な存在となると、それから逃れることができなくなっていく。

それを避けたくても避けることができない。

既に数字の虜となっていたら。

もはや数字は人間を支配していく。

それこそが絶対者である。

数字は思い通りにならない

どれだけこだわっても数字は思い通りにならない。

傘立てで3の数字を選びたくても、それは既に使われている。

23も33も空いていない。

残っているのは4と9だ。

それならそこに入れたくない。

それを考えるだけで辛く感じる。

そこに入れなければ傘立てを使えない。

あるいは鍵無しに放置するしかない。

数字にこだわるなら、放置を選ぶだろう。

そっちの方が増しだから。

傘を失うリスクの方が増しだ。

そう思ってしまう。

数字のせいで損をする

自分がこだわる数字を選んだばかりに損をすることがある。

商売人は、人々が好む数字を選んで見せてくる。

それで売れたらいいとばかりに。

縁起がいい数字だと思えば、それを買ってしまうか。

それで商売人の思うつぼにはまってしまう。

そして嫌われる数字を持つ物の方が値段が安くなることもある。

それなら数字にこだわらない方がいい。

その方が得をするのである。

こだわり過ぎるとかえって損をする。

数字が気になるせいで起こす様々なトラブル

自分が思い通りの数字を手にするために、誰かに席を替わって貰ったり、敢えて座らなかったりする。

そんなことだってある。

あそこは悪い数字だから。

バスの座席を予約するなら、自分が嫌っている数字になることもある。

そうなった時に縁起が悪いから解約すると、面倒なことになる。

どうしてもそれに乗るなら怯えながら座ることに。

怖いと思えば震えながらそこにいる。

そんなことなら何も楽しくないか。

強迫神経症だと疲れるんだ。

数字のせいで辛いことになる

そのうち数字を見るだけで嫌になって来る。

こだわりがひどくなれば、数字そのものが嫌いになっていく。

それから逃れたくても逃れられない。

すっかり数字の虜になっていたら、それを見るだけで辛くなる。

どうにかしてその数字を消してくれ。

そう思っても順番に着けられていたら、必ずそれはある。

だから4と9の数字を避けることはできないのだ。

それが嫌でも見ないといけない。

そこまでならない方がいい。

強迫神経症にならないためにも数字を気にしないのがいい。

数字にこだわり過ぎると、生活にも影響してしまう。

だから数字へのこだわりはほどほどにした方がいい。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-