【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401151848.html
奥手男子の脈なしサイン

奥手男子の脈なしサイン | LADYCO

LADYCO
奥手男子の脈なしサイン

気になっている男子、好意を持っている男子が脈ありなのか脈なしなのかは、大いに気になるところでしょう。

ここでは、奥手男子の脈なしサインにはどういうものがあるのか見ていくことにします。

  • まったく目が合わない
  • LINEやメールの返信が遅く、内容が薄い
  • 会話していてもこちらの質問に答えるだけ
  • 質問をしない
  • 前に話したことを覚えていない
  • まとめ

1. まったく目が合わない

まったく目が合わない

たとえば、職場やクラスに気になっている男子がいるとしましょう。

その場合は、同じ空間にいることが多いため、その男子に視線を送ることも自然多くなるにちがいありません。

向こうに少しでも気があるなら、男子のほうもこちらを見ることがあるはずですから、目が合うということも当然あるでしょう。

そうではなく、こちらが頻繁に視線を送っても、まったく目が合うことがないなら、それは奥手男子の脈なしサインの可能性が小さくありません。

奥手男子は、自分からアプローチすることが苦手なため、好きな女性に対しては、だまって視線を送るということがよくあるものです。

それがまったくないのですから、脈はないと考えたほうがいいでしょう。

2. LINEやメールの返信が遅く、内容が薄い

LINEやメールの返信が遅く、内容が薄い

どんなに奥手な男子でも、気になっている女性、好意を抱いている女性からLINEやメールが届けば、うれしくなって返信するに違いありません。

奥手で恥ずかしがり屋の場合は、女性と直接話をすることは苦手なものですが、LINEやメールなら、恥ずかしがることなくコミュニケーションできるでしょう。

ですから、こちらからLINEやメールを送った時、すぐに返信が来るような脈ありの可能性がありますが、その逆だと脈なしの可能性が高くなります。

なかなか返信が来なかったり、やっと来たと思ったら、内容が薄いものだったりしたら、脈なしの可能性が高いと考えていいでしょう。

もちろん、忙しくて返信が遅れるということはありますが、「いつも遅いし、内容が薄い」という場合は、脈なし度は高いと言わざるをえません。

3. 会話していてもこちらの質問に答えるだけ

会話していてもこちらの質問に答えるだけ

会話に関する脈なしサインを3つ紹介しましょう。

1つは、「二人で会話していても、こちらからの質問に答えるだけ」というものです。

奥手男子はシャイで無口な人が少なくありません。

そのため、会話していてもこちらが主に話すということになりがちででしょう。

しかし、相手の女性に気があったり、恋愛感情を抱いている場合は、少しでもコミュニケーションを取ろうとしますから、それなりに口数は多くなるに違いありません。

自分の話をして、相手にアピールしようとすることもあるはずです。

そうではなく、自分からはまったく話をしようとせず、こちらが聞いたことに答えるだけという場合は、相手女性に特別の感情を抱いていないと考えられるのです。

4. 質問をしない

質問をしない

会話に関する脈なしサインの2つ目は、「質問をしない」ということです。

相手に少しでも関心があれば、相手のことを知りたいと思うのが自然な人間心理でしょう。

相手のことを知りたいと思えば、会話しているとき、相手に質問をするにちがいありません。

「お休みはどんなふうにすごしてるんですか?

とか、「好きな食べ物は何ですか?

「こんどの連休はどんな予定なんですか?

というような質問をするわけです。

そういう質問を一切しないというのは、相手に興味や関心がないからにほかなりません。

かなり親しくなって、話もよくする関係になったにもかかわらず、質問を一切しないという場合は、脈なしサインである可能性大と考えていいでしょう。

5. 前に話したことを覚えていない

前に話したことを覚えていない

「前に話したことを覚えていない」というのも、奥手男子の会話に関する脈なしサインです。

好きな人、恋愛感情を持っている人と会話をしたした場合、その話の内容を覚えているのがふつうです。

たとえば、前にこちらから「料理が大好きなんで、今、料理教室へ通ってる」という話をしたとしましょう。

それから少しして、料理教室の話をしたところ、「へー料理教室に通ってるんですか」というような発言を男子がしたとしたら、それは前にした話を覚えていないということになります。

話を覚えていないのは、相手に対する関心が低い証拠ですから、脈なしサインと考えられるのです。

まとめ

奥手男子の脈なしサインを5種類紹介しました。

気になっている男子が奥手っぽいと感じている方は、彼の気持ちを知るための参考になさってください。

気になっている男子、好意を持っている男子が脈ありなのか脈なしなのかは、大いに気になるところでしょう。

ここでは、奥手男子の脈なしサインにはどういうものがあるのか見ていくことにします。


まったく目が合わない

たとえば、職場やクラスに気になっている男子がいるとしましょう。

その場合は、同じ空間にいることが多いため、その男子に視線を送ることも自然多くなるにちがいありません。

向こうに少しでも気があるなら、男子のほうもこちらを見ることがあるはずですから、目が合うということも当然あるでしょう。

そうではなく、こちらが頻繁に視線を送っても、まったく目が合うことがないなら、それは奥手男子の脈なしサインの可能性が小さくありません。

奥手男子は、自分からアプローチすることが苦手なため、好きな女性に対しては、だまって視線を送るということがよくあるものです。

それがまったくないのですから、脈はないと考えたほうがいいでしょう。

LINEやメールの返信が遅く、内容が薄い

どんなに奥手な男子でも、気になっている女性、好意を抱いている女性からLINEやメールが届けば、うれしくなって返信するに違いありません。

奥手で恥ずかしがり屋の場合は、女性と直接話をすることは苦手なものですが、LINEやメールなら、恥ずかしがることなくコミュニケーションできるでしょう。

ですから、こちらからLINEやメールを送った時、すぐに返信が来るような脈ありの可能性がありますが、その逆だと脈なしの可能性が高くなります。

なかなか返信が来なかったり、やっと来たと思ったら、内容が薄いものだったりしたら、脈なしの可能性が高いと考えていいでしょう。

もちろん、忙しくて返信が遅れるということはありますが、「いつも遅いし、内容が薄い」という場合は、脈なし度は高いと言わざるをえません。

会話していてもこちらの質問に答えるだけ

会話に関する脈なしサインを3つ紹介しましょう。

1つは、「二人で会話していても、こちらからの質問に答えるだけ」というものです。

奥手男子はシャイで無口な人が少なくありません。

そのため、会話していてもこちらが主に話すということになりがちででしょう。

しかし、相手の女性に気があったり、恋愛感情を抱いている場合は、少しでもコミュニケーションを取ろうとしますから、それなりに口数は多くなるに違いありません。

自分の話をして、相手にアピールしようとすることもあるはずです。

そうではなく、自分からはまったく話をしようとせず、こちらが聞いたことに答えるだけという場合は、相手女性に特別の感情を抱いていないと考えられるのです。

質問をしない

会話に関する脈なしサインの2つ目は、「質問をしない」ということです。

相手に少しでも関心があれば、相手のことを知りたいと思うのが自然な人間心理でしょう。

相手のことを知りたいと思えば、会話しているとき、相手に質問をするにちがいありません。

「お休みはどんなふうにすごしてるんですか?

とか、「好きな食べ物は何ですか?

「こんどの連休はどんな予定なんですか?

というような質問をするわけです。

そういう質問を一切しないというのは、相手に興味や関心がないからにほかなりません。

かなり親しくなって、話もよくする関係になったにもかかわらず、質問を一切しないという場合は、脈なしサインである可能性大と考えていいでしょう。

前に話したことを覚えていない

「前に話したことを覚えていない」というのも、奥手男子の会話に関する脈なしサインです。

好きな人、恋愛感情を持っている人と会話をしたした場合、その話の内容を覚えているのがふつうです。

たとえば、前にこちらから「料理が大好きなんで、今、料理教室へ通ってる」という話をしたとしましょう。

それから少しして、料理教室の話をしたところ、「へー料理教室に通ってるんですか」というような発言を男子がしたとしたら、それは前にした話を覚えていないということになります。

話を覚えていないのは、相手に対する関心が低い証拠ですから、脈なしサインと考えられるのです。

奥手男子の脈なしサインを5種類紹介しました。

気になっている男子が奥手っぽいと感じている方は、彼の気持ちを知るための参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-