【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401151830.html
寡黙な男性に多い特徴

寡黙な男性に多い特徴 | LADYCO

LADYCO
寡黙な男性に多い特徴

口数の少ない寡黙な男性がいますが、寡黙な男性にはどのような人が多いのでしょうか。

その5つの特徴をみていきましょう。

  • 口下手
  • 観察力がある
  • 口が軽くない
  • 表情が乏しい
  • 自信がない
  • 聞き上手

1. 口下手

口下手

寡黙な男性の中には、口下手な男性が多いのが特徴です。

何も話したくない、話すことがないのではなく、自分の気持ちや考えを上手く言葉にして伝えるのが苦手なのです。

口下手なことを自覚しているので、自ら積極的に話をしないのです。

これまでに、上手く話をすることができなかった経験があり、寡黙な男性になったという可能性もあるでしょう。

本当は伝えたいことがたくさんあるものの、それをぐっと押し殺しているのかもしれません。

2. 観察力がある

観察力がある

寡黙な男性は自分が話さない代わりに、周囲を見渡す観察力があるのが特徴です。

みんなで集まってワイワイ話をしている状況の中、寡黙な男性が積極的に話すことはありませんが、ただ静かにそこにいるというわけではありません。

冷静にその場の会話や動きなどを見ているのです。

優れた観察力によって、客観的に物事を捉えることができるでしょう。

その為口には出さなくても、自分なりの考えがしっかりと胸の中にあるのです。

寡黙な男性は、いざという時に頼りになるかもしれません。

3. 口が軽くない

口が軽くない

寡黙な男性は口数が少ない分、口が軽くないのも特徴です。

人から聞いた話を、すぐに横流ししてしまうようなお喋り好きな男性もいますが、寡黙な男性は違います。

もともと話をすること自体が苦手なので、人から聞いた噂話を、わざわざ自ら進んで人に話すようなことはしません。

周囲からも、口が堅い男性という印象を持たれているでしょう。

あまり人には知られたくないようなことでも、この人なら安心して話ができると信頼されているかもしれません。

4. 表情が乏しい

表情が乏しい

寡黙な男性は、顔の表情が乏しいのが特徴です。

話をする際には、顔の色々な表情筋を動かしています。

それによって、表情が豊かになってくるのですが、寡黙な男性は話をする機会が少ないので、顔の表情筋が鍛えられていないのです。

その為、日頃から表情が乏しく、周囲から見ても何を考えているのか分かりません。

喜怒哀楽があまり分からないので、ポーカーフェイスに見えるでしょう。

寡黙な男性がとても喜んでいたとしても、その気持ちは表情からは読み取れないこともあるはずです。

5. 自信がない

自信がない

寡黙な男性は、自分に自信がないことが多いです。

その為、自分が発言したことにも自信が持てず、自然と寡黙になっているのです。

過去に、自分が言ったことによって、何かトラブルが起こったり、人を傷つけてしまったりしたトラウマのような経験を持っているのかもしれません。

自分が話すことによって、何かまたややこしいことになるのではないかという不安があることも考えられます。

自分から何も話さなければ、トラブルにもならないと思うのでしょう。

言いたいことがあったとしても、心の中にしまっているのかもしれません。

6. 聞き上手

寡黙な男性は、自分が話をしない代わりに、人の話を聞くのが上手です。

人の話を聞くことに対して、苦痛に思うようなこともありません。

適度な相槌を交えながら聞くその姿勢に、話をする側も安心して話をすることができるでしょう。

おしゃべり好きな男性の場合だと、最初は聞き役だったはずが、いつの間にか自分の話になっているということもありえるでしょう。

寡黙な男性であれば、思う存分自分の話を聞いてもらえるはずです。

誰かに話を聞いてもらいたい時には、寡黙な男性にお願いするといいかもしれません。

口も堅いので、安心して話ができるでしょう。

口数の少ない寡黙な男性がいますが、寡黙な男性にはどのような人が多いのでしょうか。

その5つの特徴をみていきましょう。


口下手

寡黙な男性の中には、口下手な男性が多いのが特徴です。

何も話したくない、話すことがないのではなく、自分の気持ちや考えを上手く言葉にして伝えるのが苦手なのです。

口下手なことを自覚しているので、自ら積極的に話をしないのです。

これまでに、上手く話をすることができなかった経験があり、寡黙な男性になったという可能性もあるでしょう。

本当は伝えたいことがたくさんあるものの、それをぐっと押し殺しているのかもしれません。

観察力がある

寡黙な男性は自分が話さない代わりに、周囲を見渡す観察力があるのが特徴です。

みんなで集まってワイワイ話をしている状況の中、寡黙な男性が積極的に話すことはありませんが、ただ静かにそこにいるというわけではありません。

冷静にその場の会話や動きなどを見ているのです。

優れた観察力によって、客観的に物事を捉えることができるでしょう。

その為口には出さなくても、自分なりの考えがしっかりと胸の中にあるのです。

寡黙な男性は、いざという時に頼りになるかもしれません。

口が軽くない

寡黙な男性は口数が少ない分、口が軽くないのも特徴です。

人から聞いた話を、すぐに横流ししてしまうようなお喋り好きな男性もいますが、寡黙な男性は違います。

もともと話をすること自体が苦手なので、人から聞いた噂話を、わざわざ自ら進んで人に話すようなことはしません。

周囲からも、口が堅い男性という印象を持たれているでしょう。

あまり人には知られたくないようなことでも、この人なら安心して話ができると信頼されているかもしれません。

表情が乏しい

寡黙な男性は、顔の表情が乏しいのが特徴です。

話をする際には、顔の色々な表情筋を動かしています。

それによって、表情が豊かになってくるのですが、寡黙な男性は話をする機会が少ないので、顔の表情筋が鍛えられていないのです。

その為、日頃から表情が乏しく、周囲から見ても何を考えているのか分かりません。

喜怒哀楽があまり分からないので、ポーカーフェイスに見えるでしょう。

寡黙な男性がとても喜んでいたとしても、その気持ちは表情からは読み取れないこともあるはずです。

自信がない

寡黙な男性は、自分に自信がないことが多いです。

その為、自分が発言したことにも自信が持てず、自然と寡黙になっているのです。

過去に、自分が言ったことによって、何かトラブルが起こったり、人を傷つけてしまったりしたトラウマのような経験を持っているのかもしれません。

自分が話すことによって、何かまたややこしいことになるのではないかという不安があることも考えられます。

自分から何も話さなければ、トラブルにもならないと思うのでしょう。

言いたいことがあったとしても、心の中にしまっているのかもしれません。

寡黙な男性は、自分が話をしない代わりに、人の話を聞くのが上手です。

人の話を聞くことに対して、苦痛に思うようなこともありません。

適度な相槌を交えながら聞くその姿勢に、話をする側も安心して話をすることができるでしょう。

おしゃべり好きな男性の場合だと、最初は聞き役だったはずが、いつの間にか自分の話になっているということもありえるでしょう。

寡黙な男性であれば、思う存分自分の話を聞いてもらえるはずです。

誰かに話を聞いてもらいたい時には、寡黙な男性にお願いするといいかもしれません。

口も堅いので、安心して話ができるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-