【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401151815.html
奥手男子にアプローチする時のコツ

奥手男子にアプローチする時のコツ | LADYCO

LADYCO
奥手男子にアプローチする時のコツ

奥手男子はなかなか手ごわそうな相手に思えますが、そこがまたたまらないという女性も多いのではないでしょうか。

アプローチする際のコツをまとめましたので参考にしてみてください。

  • 自分に気があると確信させてあげること
  • 馴れ馴れしく接して拒絶されないようにすること
  • 人前では決してベタベタしないこと
  • こっそり内緒の約束や秘密の話をしてあげること
  • 相手の一番仲のいい友達にやんわり伝えてもらうのもOK
  • 接点を増やして急がずじっくり距離をつめていくこと
  • まとめ

1. 自分に気があると確信させてあげること

自分に気があると確信させてあげること

奥手男子は自分に気があると確信できなければ女性に一歩踏み込めないという特徴がありますから、いくら鈍い相手でも自分に気があるのではないかと思えるようなアプローチを心がけてみてください。

例えば、話す時に恥ずかしそうにして好意をあからさまにアピールしたり、上目遣いで可愛らしく話してみたり、相手が喜ぶような褒め言葉を多用してみたりすることです。

それを自信に変えてもらい、相手からも寄ってきやすいように導いていきます。

2. 馴れ馴れしく接して拒絶されないようにすること

馴れ馴れしく接して拒絶されないようにすること

奥手男子はイケイケの男慣れした女性が苦手であることが多く、劣等感もあって拒絶してしまいたくなることもあるので馴れ馴れしく接してはいけません。

自分が奥手だからこそ明るくリードしてくれるような女性からのアプローチを待っている可能性も捨て切れませんが、いずれにせよまだそれほどの関係を築けていない状況で馴れ馴れしくいくのは失礼に思われる可能性が高いです。

礼儀のある控えめな女性だと思ってもらえるように謙虚に向き合いましょう。

3. 人前では決してベタベタしないこと

人前では決してベタベタしないこと

人前では決してベタベタしないようにするというのも奥手男子への気遣いのひとつです。

からかわれたりするのが耐えられない男性に対し、「女性からアプローチされているんだから嬉しいに決まっている!」と決めつけて堂々と攻めるのは迷惑な行為と考えましょう。

特に気軽にからだに触れたり予定をズケズケと聞くのはタブーです。

奥手男子にもプライドがあり、プライバシーを守る権利があります。

4. こっそり内緒の約束や秘密の話をしてあげること

こっそり内緒の約束や秘密の話をしてあげること

こっそり内緒の約束とすることは奥手男子でもノってきやすいアプローチ法です。

女性から誘われることに慣れていない分、内緒や秘密という雰囲気がよけいに相手の気持ちを興奮させます。

アプローチする際はでかけるお誘いも「内緒にしてね」と可愛らしく二人だけのものとしてみましょう。

他の人には恥ずかしくて聞かせていないような話をすることでも特別な存在だとわかってもらうことができるはずです。

5. 相手の一番仲のいい友達にやんわり伝えてもらうのもOK

相手の一番仲のいい友達にやんわり伝えてもらうのもOK

奥手男子はアプローチするにも隙がなくタイミングがなかなか難しいので、相手の一番仲のいい友達に間に入ってもらってやんわり伝えてもらうのもOKです。

その際は人にぺらぺら話したりしなそうな友達をつかまえてください。

自分がいいと思う友達よりも好きな相手が信頼のおける人だと思っているような友達に協力してもらうことがポイントです。

自分の友達を信頼してくれているとわかれば彼も嬉しい気持ちになってくれます。

6. 接点を増やして急がずじっくり距離をつめていくこと

接点を増やして急がずじっくり距離をつめていくこと

奥手男子にアプローチするなら時間がかかると覚悟しておきましょう。

まずは接点を増やして話す機会を少しでも作ろうとしたり自分の印象を残すように頑張ってみてください。

気があるモーションをかけてもなかなか伝わらないかもしれませんが、ちょっとずつ攻め方を変えたり距離をじわじわつめていきながら急がずじっくり親しい関係を築いていくようにしましょう。

まとめ

奥手男子にアプローチする際は今までの男性とは違う工夫や考え方が必要になるかもしれませんが、あの手この手と工夫し過ぎるとわざとらしくなり相手を警戒させてしまうので工夫しすぎないように気をつけましょう。

相手が安心して心を開けるよう、自分を見せながらも図々しくならないように優しさと謙虚さでぶつかっていってください。

奥手男子はなかなか手ごわそうな相手に思えますが、そこがまたたまらないという女性も多いのではないでしょうか。

アプローチする際のコツをまとめましたので参考にしてみてください。


自分に気があると確信させてあげること

奥手男子は自分に気があると確信できなければ女性に一歩踏み込めないという特徴がありますから、いくら鈍い相手でも自分に気があるのではないかと思えるようなアプローチを心がけてみてください。

例えば、話す時に恥ずかしそうにして好意をあからさまにアピールしたり、上目遣いで可愛らしく話してみたり、相手が喜ぶような褒め言葉を多用してみたりすることです。

それを自信に変えてもらい、相手からも寄ってきやすいように導いていきます。

馴れ馴れしく接して拒絶されないようにすること

奥手男子はイケイケの男慣れした女性が苦手であることが多く、劣等感もあって拒絶してしまいたくなることもあるので馴れ馴れしく接してはいけません。

自分が奥手だからこそ明るくリードしてくれるような女性からのアプローチを待っている可能性も捨て切れませんが、いずれにせよまだそれほどの関係を築けていない状況で馴れ馴れしくいくのは失礼に思われる可能性が高いです。

礼儀のある控えめな女性だと思ってもらえるように謙虚に向き合いましょう。

人前では決してベタベタしないこと

人前では決してベタベタしないようにするというのも奥手男子への気遣いのひとつです。

からかわれたりするのが耐えられない男性に対し、「女性からアプローチされているんだから嬉しいに決まっている!」と決めつけて堂々と攻めるのは迷惑な行為と考えましょう。

特に気軽にからだに触れたり予定をズケズケと聞くのはタブーです。

奥手男子にもプライドがあり、プライバシーを守る権利があります。

こっそり内緒の約束や秘密の話をしてあげること

こっそり内緒の約束とすることは奥手男子でもノってきやすいアプローチ法です。

女性から誘われることに慣れていない分、内緒や秘密という雰囲気がよけいに相手の気持ちを興奮させます。

アプローチする際はでかけるお誘いも「内緒にしてね」と可愛らしく二人だけのものとしてみましょう。

他の人には恥ずかしくて聞かせていないような話をすることでも特別な存在だとわかってもらうことができるはずです。

相手の一番仲のいい友達にやんわり伝えてもらうのもOK

奥手男子はアプローチするにも隙がなくタイミングがなかなか難しいので、相手の一番仲のいい友達に間に入ってもらってやんわり伝えてもらうのもOKです。

その際は人にぺらぺら話したりしなそうな友達をつかまえてください。

自分がいいと思う友達よりも好きな相手が信頼のおける人だと思っているような友達に協力してもらうことがポイントです。

自分の友達を信頼してくれているとわかれば彼も嬉しい気持ちになってくれます。

接点を増やして急がずじっくり距離をつめていくこと

奥手男子にアプローチするなら時間がかかると覚悟しておきましょう。

まずは接点を増やして話す機会を少しでも作ろうとしたり自分の印象を残すように頑張ってみてください。

気があるモーションをかけてもなかなか伝わらないかもしれませんが、ちょっとずつ攻め方を変えたり距離をじわじわつめていきながら急がずじっくり親しい関係を築いていくようにしましょう。

奥手男子にアプローチする際は今までの男性とは違う工夫や考え方が必要になるかもしれませんが、あの手この手と工夫し過ぎるとわざとらしくなり相手を警戒させてしまうので工夫しすぎないように気をつけましょう。

相手が安心して心を開けるよう、自分を見せながらも図々しくならないように優しさと謙虚さでぶつかっていってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-