【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401151800.html
数字が苦手な人の特徴

数字が苦手な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
数字が苦手な人の特徴

買い物をしたり時間を確認する時など生活に密着しているのが数字ですが、日常的に扱っていても苦手という人もいるのです。

数字が苦手な人の特徴はどんなことがあるのでしょうか。

  • 物事は結果より過程を重視する
  • 気が短めで忍耐力低めが多い
  • 数字を見るとそれだけでギブアップ
  • ちょっとした計算も計算機アプリに依存
  • 計画性があまりなくダイエットは三日坊主になりやすい
  • 損得なく付き合える人柄
  • まとめ

1. 物事は結果より過程を重視する

物事は結果より過程を重視する

数字が苦手な人は数字を使用した算数や数学が苦手科目ということが珍しくありません。

学生時代は数学の勉強に苦労した経験がある人も多く、数字が苦手という意識が加速してしまった原因でもあるのです。

そんな数字が苦手な人は物事に対して結果より過程を重視するという特徴があります。

例えば順位を競うものや大会でよい結果がでなくても、数字が苦手な人は寛容で、結果が出なかったことに怒ることはありません。

むしろ真面目に努力しなかった、練習しなかったといった過程があれば手厳しくチェックされてしまうのです。

2. 気が短めで忍耐力低めが多い

気が短めで忍耐力低めが多い

気が短いことも数字が苦手な要因になります。

というのも数字に対して気が短いだけではなく本来の性格が災いしていることもあるからです。

気が長い人、のんびりとした人は数字が苦手ということは少ないです。

数字は一見明確で効率的ですがそれを説くためには頭の回路を複雑に考えて処理するためのエネルギーが必要になります。

気が短い人は数字を計算式に組み入れた問題や物事はあまり好んではいないのです。

なぜなら数字はわかりやすいことで、逆に言えば嘘がつけないものです。

ショートカットできずに解くことを忍耐する気持ちがないといけないのです。

3. 数字を見るとそれだけでギブアップ

数字を見るとそれだけでギブアップ

数字を見るとそれだけで眠いと弱音を吐いてしまうのも数字が苦手な人ならではでしょう。

しかもそれが中学生レベルの問題であっても、数字というだけでアレルギー反応を起こしたみたいに過剰に拒否してしまいます。

そのため子供の宿題をみてあげている時に算数や数学は子供から解説されたりと、簡単な問題でも覚えていない、忘れていることが珍しくないでしょう。

数字をみるとギブアップしてしまいます。

4. ちょっとした計算も計算機アプリに依存

ちょっとした計算も計算機アプリに依存

スマホに最初からインストールされていてることが多い計算機アプリですが、数字が苦手な人にとってよく使うアプリのトップ3には入ります。

チャットアプリなどと同じように、数字が苦手な人にとっては日常生活の発明品として恩恵を受けている実感があるでしょう。

そのため数字の苦手意識が計算機アプリによって解消することもありますが、場合によっては簡単な計算ができなくなってしまったという人もいます。

計算機アプリに依存しがちな弊害が出てしまうこともあるのです。

5. 計画性があまりなくダイエットは三日坊主になりやすい

計画性があまりなくダイエットは三日坊主になりやすい

数字が苦手なため計算などが得意ではなく、それは毎日の暮らしのふとしたころに特徴があらわれます。

計画性がないという人も実際少なくないので、計画性がないとダイエットをするのが難しくので途中頓挫してしまうこともあるのです。

カロリー計算をきちんとせずについつい食べ過ぎてしまう、かと思えば必要なエネルギー分を口にせずに具合を悪くしたりとこつこつ地道なことが不得手です。

ダイエットも三日坊主になるという人が多いのです。

6. 損得なく付き合える人柄

損得なく付き合える人柄

結果にこだわらない生き方をしているタイプが多いので、人と損得なくつきあえる懐の深さが特徴的です。

人情味あふれているので、人気者になりやすいですが、それによって人の泥をかぶってしまうおせっかいなところもあるのです。

しかしそういった素朴な感性は数字が苦手だからこそでしょう。

どんな環境においてもまず信頼されやすい人柄です。

まとめ

数字という形に苦手意識があることは計算が遅く不得手、計画性があまりないなど不便な特徴はあります。

しかし計算高くないので、家族や恋人だけでなく仕事でも頼られることが多いのです。

買い物をしたり時間を確認する時など生活に密着しているのが数字ですが、日常的に扱っていても苦手という人もいるのです。

数字が苦手な人の特徴はどんなことがあるのでしょうか。


物事は結果より過程を重視する

数字が苦手な人は数字を使用した算数や数学が苦手科目ということが珍しくありません。

学生時代は数学の勉強に苦労した経験がある人も多く、数字が苦手という意識が加速してしまった原因でもあるのです。

そんな数字が苦手な人は物事に対して結果より過程を重視するという特徴があります。

例えば順位を競うものや大会でよい結果がでなくても、数字が苦手な人は寛容で、結果が出なかったことに怒ることはありません。

むしろ真面目に努力しなかった、練習しなかったといった過程があれば手厳しくチェックされてしまうのです。

気が短めで忍耐力低めが多い

気が短いことも数字が苦手な要因になります。

というのも数字に対して気が短いだけではなく本来の性格が災いしていることもあるからです。

気が長い人、のんびりとした人は数字が苦手ということは少ないです。

数字は一見明確で効率的ですがそれを説くためには頭の回路を複雑に考えて処理するためのエネルギーが必要になります。

気が短い人は数字を計算式に組み入れた問題や物事はあまり好んではいないのです。

なぜなら数字はわかりやすいことで、逆に言えば嘘がつけないものです。

ショートカットできずに解くことを忍耐する気持ちがないといけないのです。

数字を見るとそれだけでギブアップ

数字を見るとそれだけで眠いと弱音を吐いてしまうのも数字が苦手な人ならではでしょう。

しかもそれが中学生レベルの問題であっても、数字というだけでアレルギー反応を起こしたみたいに過剰に拒否してしまいます。

そのため子供の宿題をみてあげている時に算数や数学は子供から解説されたりと、簡単な問題でも覚えていない、忘れていることが珍しくないでしょう。

数字をみるとギブアップしてしまいます。

ちょっとした計算も計算機アプリに依存

スマホに最初からインストールされていてることが多い計算機アプリですが、数字が苦手な人にとってよく使うアプリのトップ3には入ります。

チャットアプリなどと同じように、数字が苦手な人にとっては日常生活の発明品として恩恵を受けている実感があるでしょう。

そのため数字の苦手意識が計算機アプリによって解消することもありますが、場合によっては簡単な計算ができなくなってしまったという人もいます。

計算機アプリに依存しがちな弊害が出てしまうこともあるのです。

計画性があまりなくダイエットは三日坊主になりやすい

数字が苦手なため計算などが得意ではなく、それは毎日の暮らしのふとしたころに特徴があらわれます。

計画性がないという人も実際少なくないので、計画性がないとダイエットをするのが難しくので途中頓挫してしまうこともあるのです。

カロリー計算をきちんとせずについつい食べ過ぎてしまう、かと思えば必要なエネルギー分を口にせずに具合を悪くしたりとこつこつ地道なことが不得手です。

ダイエットも三日坊主になるという人が多いのです。

損得なく付き合える人柄

結果にこだわらない生き方をしているタイプが多いので、人と損得なくつきあえる懐の深さが特徴的です。

人情味あふれているので、人気者になりやすいですが、それによって人の泥をかぶってしまうおせっかいなところもあるのです。

しかしそういった素朴な感性は数字が苦手だからこそでしょう。

どんな環境においてもまず信頼されやすい人柄です。

数字という形に苦手意識があることは計算が遅く不得手、計画性があまりないなど不便な特徴はあります。

しかし計算高くないので、家族や恋人だけでなく仕事でも頼られることが多いのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-