【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401150532.html
一人っ子でB型の男性の特徴

一人っ子でB型の男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
一人っ子でB型の男性の特徴

人間は生まれた順番や血液型によって、異なる性格や特徴を持つものです。

ここでは、一人っ子でB型の男性に注目して、どんな性格や特徴があるのか見ていくことにしましょう。

  • 温和な性格でフレンドリー
  • 裏表がなく、感情表現がストレート
  • 芯が強く、いざというとき頼りになる
  • マイペースで人に左右されない
  • 熱しやすく冷めやすい
  • 甘えん坊でさみしがり屋
  • まとめ

1. 温和な性格でフレンドリー

温和な性格でフレンドリー

一人っ子でB型の男性は大変にフレンドリーです。

必ずしも一人っ子でB型の男性のすべてがおしゃべりで口数が多いというわけではありません。

口数はあまり多くない人もいますが、人との接し方はフレンドリーなのです。

そのため、初対面の人に対しても、人見知りするようなことはなく、短時間で親しくなることができます。

また、温和な性格でもありますから、だれからも親しみやすいということができるでしょう。

親しみやすいだけではなく、その温和な性格から、親しくなった人を衝突することを好みません。

友達や親しい人とケンカをすることがないというのも、一人っ子でB型の男性の特徴なのです。

2. 裏表がなく、感情表現がストレート

裏表がなく、感情表現がストレート

本音と建て前を使い分けるようなことがないのも、一人っ子でB型の男性の特徴といっていいでしょう。

裏表がありませんから、心の中で思っていることと、話すことが違うということもありません。

うれしいときにはうれしさを表現し、悲しいときには悲しみを表現します。

人と話をしているときに、不快な思いをした時には、不快感をストレートに表すのです。

「顔ではにこにこ笑っているけれど、実は大変に腹立たしい思いをしている」というようなことはないのです。

感情表現がストレートなため、つきあう人にとっては大変わかりやすいのが、一人っ子でB型の男性ということになるでしょう。

3. 芯が強く、いざというとき頼りになる

芯が強く、いざというとき頼りになる

一人っ子でB型の男性はピンチや困難にくじけません。

芯が強いために、プレッシャーに負けてしまうことはなく、困難なことが起こった時でも、真正面からその困難に立ち向かい、それを克服しようとするのです。

粘り強い性格なため、何をするにでもかんたんにあきらめてしまうことはありません。

たとえば、仕事で大きなトラブルが生じた時でも、粘り強くそのトラブルを処理しようとするのです。

最後まであきらめない性格ですから、こういう人が職場の同僚にいると、いざというときに頼りになる存在と言っていいでしょう。

結婚した場合にも、「頼りになる夫」になるにちがいありません。

4. マイペースで人に左右されない

マイペースで人に左右されない

マイペースというのも、一人っ子でB型の男性の特徴です。

自分のペースで行動しますから、人に合わせることはあまりうまくありません。

協調性がまったくないというわけではありませんが、自分のペースを守ろうとするため、時には人との和を乱すこともあります。

それは、逆の見方をすると、人に左右されない自立心の強い性格ということもできるでしょう。

そんなところにも一人っ子でB型の男性の精神的な強さがあるわけです。

5. 熱しやすく冷めやすい

熱しやすく冷めやすい

恋愛に関しては彼女一途なのが、一人っ子でB型の男性の特徴です。

浮気性なところはないため、女性にとっては安心してつきあえる男性と言っていいでしょう。

ただし、一つの恋愛が長続きしないことが少なくありません。

それは、一人っ子でB型の男性が熱しやすく冷めやすい性格だからです。

女性のことを好きになると、彼女ひとすじで一途に愛しますが、その恋愛感情が長続きしにくいのです。

そのため、「ついこの間までラブラブだったのに、今は気持ちが冷めてしまった」ということになりがちなのです。

6. 甘えん坊でさみしがり屋

甘えん坊でさみしがり屋

一人っ子で育ったため、甘えん坊な性格を持っています。

マイペースですから、一人でいる時間を大切にしますが、同時に、「誰かに甘えたい」という意識を強くもっているのです。

つまり、一人でいることは好きだけれど、さみしいと感じると人に甘えずにはいられなくなるのです。

甘えん坊でさみしがり屋というのも、一人っ子でB型の男性の特徴ということになるでしょう。

まとめ

一人っ子でB型の男性の性格や特徴を6種類紹介しました。

一人っ子でB型の男性が身近にいる方、そういう男性と交際しているという方は参考になさってください。

人間は生まれた順番や血液型によって、異なる性格や特徴を持つものです。

ここでは、一人っ子でB型の男性に注目して、どんな性格や特徴があるのか見ていくことにしましょう。


温和な性格でフレンドリー

一人っ子でB型の男性は大変にフレンドリーです。

必ずしも一人っ子でB型の男性のすべてがおしゃべりで口数が多いというわけではありません。

口数はあまり多くない人もいますが、人との接し方はフレンドリーなのです。

そのため、初対面の人に対しても、人見知りするようなことはなく、短時間で親しくなることができます。

また、温和な性格でもありますから、だれからも親しみやすいということができるでしょう。

親しみやすいだけではなく、その温和な性格から、親しくなった人を衝突することを好みません。

友達や親しい人とケンカをすることがないというのも、一人っ子でB型の男性の特徴なのです。

裏表がなく、感情表現がストレート

本音と建て前を使い分けるようなことがないのも、一人っ子でB型の男性の特徴といっていいでしょう。

裏表がありませんから、心の中で思っていることと、話すことが違うということもありません。

うれしいときにはうれしさを表現し、悲しいときには悲しみを表現します。

人と話をしているときに、不快な思いをした時には、不快感をストレートに表すのです。

「顔ではにこにこ笑っているけれど、実は大変に腹立たしい思いをしている」というようなことはないのです。

感情表現がストレートなため、つきあう人にとっては大変わかりやすいのが、一人っ子でB型の男性ということになるでしょう。

芯が強く、いざというとき頼りになる

一人っ子でB型の男性はピンチや困難にくじけません。

芯が強いために、プレッシャーに負けてしまうことはなく、困難なことが起こった時でも、真正面からその困難に立ち向かい、それを克服しようとするのです。

粘り強い性格なため、何をするにでもかんたんにあきらめてしまうことはありません。

たとえば、仕事で大きなトラブルが生じた時でも、粘り強くそのトラブルを処理しようとするのです。

最後まであきらめない性格ですから、こういう人が職場の同僚にいると、いざというときに頼りになる存在と言っていいでしょう。

結婚した場合にも、「頼りになる夫」になるにちがいありません。

マイペースで人に左右されない

マイペースというのも、一人っ子でB型の男性の特徴です。

自分のペースで行動しますから、人に合わせることはあまりうまくありません。

協調性がまったくないというわけではありませんが、自分のペースを守ろうとするため、時には人との和を乱すこともあります。

それは、逆の見方をすると、人に左右されない自立心の強い性格ということもできるでしょう。

そんなところにも一人っ子でB型の男性の精神的な強さがあるわけです。

熱しやすく冷めやすい

恋愛に関しては彼女一途なのが、一人っ子でB型の男性の特徴です。

浮気性なところはないため、女性にとっては安心してつきあえる男性と言っていいでしょう。

ただし、一つの恋愛が長続きしないことが少なくありません。

それは、一人っ子でB型の男性が熱しやすく冷めやすい性格だからです。

女性のことを好きになると、彼女ひとすじで一途に愛しますが、その恋愛感情が長続きしにくいのです。

そのため、「ついこの間までラブラブだったのに、今は気持ちが冷めてしまった」ということになりがちなのです。

甘えん坊でさみしがり屋

一人っ子で育ったため、甘えん坊な性格を持っています。

マイペースですから、一人でいる時間を大切にしますが、同時に、「誰かに甘えたい」という意識を強くもっているのです。

つまり、一人でいることは好きだけれど、さみしいと感じると人に甘えずにはいられなくなるのです。

甘えん坊でさみしがり屋というのも、一人っ子でB型の男性の特徴ということになるでしょう。

一人っ子でB型の男性の性格や特徴を6種類紹介しました。

一人っ子でB型の男性が身近にいる方、そういう男性と交際しているという方は参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-