【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401150511.html
武勇伝を語りたがる男性の特徴

武勇伝を語りたがる男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
武勇伝を語りたがる男性の特徴

女性にはあまりいませんが、男性には自分の武勇伝を語りたがる人が少なくありません。

ここでは、武勇伝を語りたがる男性に注目して、どんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。

  • ウケを狙う芸人気質
  • 人から注目をあびたい目立ちたがり屋
  • 競争心が強い
  • 女性にモテたい
  • 自分の話に自信がある
  • まとめ

1. ウケを狙う芸人気質

ウケを狙う芸人気質

武勇伝を語りたがる男性は「ウケたい」という気持ちを人一倍強くもっています。

自分の話を聞いた人に、「それはすごいね」と感心したり、おもしろがってもらいたいと強く思っているのです。

話を盛る傾向が強いのが、武勇伝を語りたがる男性の共通点ですが、それは話を大げさにすることによって、ウケを狙っているからにほかなりません。

そこにあるのは、芸人気質と考えていいでしょう。

お笑い芸人は何よりもウケることを重視します。

自分でどんなにうまくできたと思っても、お客さんにウケなければ意味がありません。

武勇伝を語りたがる男性も同様です。

話を聞かせる人にウケることを、最大の目的にしているために、話を盛って大げさにしているのです。

ウケ狙いの芸人気質というのが、武勇伝を語りたがる男性の特徴ということになるでしょう。

2. 人から注目をあびたい目立ちたがり屋

人から注目をあびたい目立ちたがり屋

人前で何かするのが好きというのも、武勇伝を語りたがる男性の特徴でしょう。

たとえば、会社の飲み会などで、一発芸を披露したり、ものまねをやって目立とうとします。

人から注目を浴びることが大好きなのです。

武勇伝は、だれもがするというものではありません。

武勇伝を語る男性のほうが少数派と言っていいでしょう。

それだけに、武勇伝を語れば、人から注目されるに違いありません。

人から注目されたい、目立ちたいという意識が強いために、めずらしい武勇伝を語ろうとするわけです。

目立ちたがり屋というのが、武勇伝を語りたがる男性の特徴なのです。

3. 競争心が強い

競争心が強い

何人かのグループで飲み会をやったとしましょう。

参加者の中の一人の男性が、学生時代の武勇伝を話したとします。

それを聞いて、「自分にはもっとすごい武勇伝がある」と言って、話を始める男性がいます。

そこにあるのは、「先に武勇伝を話した男に負けたくない」という心理と考えていいでしょう。

特にその場に女性がいる場合など、「自分のほうがもっとすごい」というアピールをしようとします。

競争心が強く、負けず嫌いなために、「もっとすごい自分」をアピールしようとするのが、武勇伝を語りたがる男性の心理的特徴といっていいでしょう。

4. 女性にモテたい

女性にモテたい

男性が武勇伝を語る場合、相手が女性だったり、その場に女性がいることが少なくありません。

もちろん、男友達や男性だけの席でも武勇伝を語ることはありますが、女性がいるほうが、武勇伝を披露する機会は多くなると考えていいでしょう。

その場合、話を聞いている女性に、「こんなにすごい経験のある自分」をアピールしているわけです。

男性の語る武勇伝は、「男らしさのアピール」であることが少なくありません。

「ふつうの男ではできないようなことをした、男らしい自分」を、武勇伝によって女性に伝えようとしていると考えていいでしょう。

女性から「すごい」と思ってもらいたいという意識を強く持っていること、つまり「モテたい」と思っているのが武勇伝を語りたがる男性の特徴なのです。

5. 自分の話に自信がある

自分の話に自信がある

武勇伝というのは、かんたんに言ってしまえば単なる自慢話です。

自慢話というものは、それを聞かされる人にとって、面白いものではありません。

話の内容がよほどかわっていて、おもしろいものなら別ですが、そうでなければ、武勇伝を聞いている人はたいくつに感じることもあるでしょう。

しかし、武勇伝を語っている当人は、そうは思っていません。

「自分の話はすべらない話だから、聞いている人はみんな興味をもっておもしろがって聞いているにちがいない」と信じて疑いません。

つまり、自分の話に自信があるというのが、武勇伝を語りたがる男性の特徴ということになるでしょう。

まとめ

武勇伝を語りたがる男性の特徴を5種類紹介しました。

身近にそういう男性がいる方は、その人のことを知るための参考になさってください。

女性にはあまりいませんが、男性には自分の武勇伝を語りたがる人が少なくありません。

ここでは、武勇伝を語りたがる男性に注目して、どんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。


ウケを狙う芸人気質

武勇伝を語りたがる男性は「ウケたい」という気持ちを人一倍強くもっています。

自分の話を聞いた人に、「それはすごいね」と感心したり、おもしろがってもらいたいと強く思っているのです。

話を盛る傾向が強いのが、武勇伝を語りたがる男性の共通点ですが、それは話を大げさにすることによって、ウケを狙っているからにほかなりません。

そこにあるのは、芸人気質と考えていいでしょう。

お笑い芸人は何よりもウケることを重視します。

自分でどんなにうまくできたと思っても、お客さんにウケなければ意味がありません。

武勇伝を語りたがる男性も同様です。

話を聞かせる人にウケることを、最大の目的にしているために、話を盛って大げさにしているのです。

ウケ狙いの芸人気質というのが、武勇伝を語りたがる男性の特徴ということになるでしょう。

人から注目をあびたい目立ちたがり屋

人前で何かするのが好きというのも、武勇伝を語りたがる男性の特徴でしょう。

たとえば、会社の飲み会などで、一発芸を披露したり、ものまねをやって目立とうとします。

人から注目を浴びることが大好きなのです。

武勇伝は、だれもがするというものではありません。

武勇伝を語る男性のほうが少数派と言っていいでしょう。

それだけに、武勇伝を語れば、人から注目されるに違いありません。

人から注目されたい、目立ちたいという意識が強いために、めずらしい武勇伝を語ろうとするわけです。

目立ちたがり屋というのが、武勇伝を語りたがる男性の特徴なのです。

競争心が強い

何人かのグループで飲み会をやったとしましょう。

参加者の中の一人の男性が、学生時代の武勇伝を話したとします。

それを聞いて、「自分にはもっとすごい武勇伝がある」と言って、話を始める男性がいます。

そこにあるのは、「先に武勇伝を話した男に負けたくない」という心理と考えていいでしょう。

特にその場に女性がいる場合など、「自分のほうがもっとすごい」というアピールをしようとします。

競争心が強く、負けず嫌いなために、「もっとすごい自分」をアピールしようとするのが、武勇伝を語りたがる男性の心理的特徴といっていいでしょう。

女性にモテたい

男性が武勇伝を語る場合、相手が女性だったり、その場に女性がいることが少なくありません。

もちろん、男友達や男性だけの席でも武勇伝を語ることはありますが、女性がいるほうが、武勇伝を披露する機会は多くなると考えていいでしょう。

その場合、話を聞いている女性に、「こんなにすごい経験のある自分」をアピールしているわけです。

男性の語る武勇伝は、「男らしさのアピール」であることが少なくありません。

「ふつうの男ではできないようなことをした、男らしい自分」を、武勇伝によって女性に伝えようとしていると考えていいでしょう。

女性から「すごい」と思ってもらいたいという意識を強く持っていること、つまり「モテたい」と思っているのが武勇伝を語りたがる男性の特徴なのです。

自分の話に自信がある

武勇伝というのは、かんたんに言ってしまえば単なる自慢話です。

自慢話というものは、それを聞かされる人にとって、面白いものではありません。

話の内容がよほどかわっていて、おもしろいものなら別ですが、そうでなければ、武勇伝を聞いている人はたいくつに感じることもあるでしょう。

しかし、武勇伝を語っている当人は、そうは思っていません。

「自分の話はすべらない話だから、聞いている人はみんな興味をもっておもしろがって聞いているにちがいない」と信じて疑いません。

つまり、自分の話に自信があるというのが、武勇伝を語りたがる男性の特徴ということになるでしょう。

武勇伝を語りたがる男性の特徴を5種類紹介しました。

身近にそういう男性がいる方は、その人のことを知るための参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-