【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401150456.html
猫より犬が好きな男性の特徴

猫より犬が好きな男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
猫より犬が好きな男性の特徴

好きな動物を聞くと、その人の本質や傾向、人間性が垣間見えます。

猫よりも犬が好きな男性の特徴をまとめてみました。

  • 友達思い
  • 人見知りをしない
  • 甘えん坊
  • 世話焼き
  • しっかり者
  • アクティブ
  • 人に尽くす
  • まとめ

1. 友達思い

友達思い

犬は本来、群れを作りその群れの仲間を大切にします。

家庭で飼われている犬も、自分の家族の事をとても大切に思っていて、忠誠心を示すでしょう。

犬好き男子が犬が好きな理由は、自分も同じように仲間を大切にしたい思いが強いからなのです。

1人でいるよりも、友達とワイワイ遊ぶ事が大好きなだけでなく、友達が困っている姿を見かけたら絶対に放って置けない性質があります。

犬好き男子は、とても情が厚いのです。

2. 人見知りをしない

人見知りをしない

犬が好きな男性は、基本的に初対面の人であってもすぐ打ち解ける事が出来ます。

人に対しての警戒心は強い方ではないので、自分から話しかけて仲良くなるタイプです。

また、素直で人懐っこい性格なので、相手からも警戒心を持たれません。

人見知りとは無縁で、広い交友関係を築く事が出来ます。

犬好きな人は、非常にコミュニケーション能力が高い人が多いのです。

3. 甘えん坊

甘えん坊

体格が良くて、どんなに強そうな風貌をしていても、犬好き男子は甘えん坊です。

大勢で騒ぐのが好きなのも、人懐っこく、フレンドリーに接するのも、人一倍愛されたい気持ちが強いからなのです。

恋人や家族など、ごく親密な関係の気を許した人には、とことん甘えん坊な姿を見せるでしょう。

寂しがりやの一面もあるので、話を聞いてもらえなかったり、放っておかれると分かりやすくいじけてしまう事があります。

4. 世話焼き

世話焼き

情が厚い犬好き男子は、好きな友達、好きな女性に対して、面倒見の良さを発揮します。

頼まれなくても、手を差し伸べたくなり、好きな人にはやたらと世話を焼きたがる性分なのです。

根が優しいので、悩み事の相談にも親身に乗ってくれます。

その為、頼りになる先輩、頼りになる上司!と周囲からの信頼も厚いでしょう。

気がつくと、いつもチームのまとめ役になっている事が多いでしょう。

5. しっかり者

しっかり者

群を好む犬好き男子は、集団の秩序を守るため、決まりを忠実に守ります。

待ち合わせに遅刻しないように前の晩から準備をして5分前行動をとるなど、周りの人に迷惑をかけないように心がけています。

猫好きは、自由を愛し、気分次第で言動がコロコロ変わったりするのですが、犬好きの場合は、しっかりと計画や準備をしてルール通りに行動する方が性に合っているのです。

行き当たりばったりの行動を滅多にしないので、突然のアクシデントには弱い部分もあります。

6. アクティブ

アクティブ

犬好きの男性は、家にこもって過ごすより、休日はどんどん外に出て、体を動かす方が自分らしくいられます。

犬は、基本的に散歩を日課にして飼われている事が多い様に、運動不足だとストレスを感じてしまいます。

夏には海で泳いだり、キャンプなどアウトドアを友人と楽しんだり、冬はスキーやスノーボードなど季節の移り変わりを楽しむアクティブな性格なのです。

7. 人に尽くす

人に尽くす

犬好き男性は、誰かに必要とされる事に大きな喜びを感じるので、自分を慕ってくれる人には、惜しげも無く愛情を注いで尽くします。

恋人が喜んでくれるのが嬉しくて、サプライズでプレゼントや花束を用意したり、家族の為に旅行を計画して感謝の気持ちを表したり、深い愛情を持って、人に尽くすのです。

自分の大切な人が幸せなら、我慢も苦労も厭わない!という精神の持ち主なのです。

まとめ

犬好きと猫好きでは、行動や性格がキッパリと分かれます。

犬好き、猫好きの好みは、自分とその動物の行動が似ている方を好きになる傾向が強いのです。

人の為に行動できる心の優しさは、犬好きの男性の最大の魅力でしょう。

好きな動物を聞くと、その人の本質や傾向、人間性が垣間見えます。

猫よりも犬が好きな男性の特徴をまとめてみました。


友達思い

犬は本来、群れを作りその群れの仲間を大切にします。

家庭で飼われている犬も、自分の家族の事をとても大切に思っていて、忠誠心を示すでしょう。

犬好き男子が犬が好きな理由は、自分も同じように仲間を大切にしたい思いが強いからなのです。

1人でいるよりも、友達とワイワイ遊ぶ事が大好きなだけでなく、友達が困っている姿を見かけたら絶対に放って置けない性質があります。

犬好き男子は、とても情が厚いのです。

人見知りをしない

犬が好きな男性は、基本的に初対面の人であってもすぐ打ち解ける事が出来ます。

人に対しての警戒心は強い方ではないので、自分から話しかけて仲良くなるタイプです。

また、素直で人懐っこい性格なので、相手からも警戒心を持たれません。

人見知りとは無縁で、広い交友関係を築く事が出来ます。

犬好きな人は、非常にコミュニケーション能力が高い人が多いのです。

甘えん坊

体格が良くて、どんなに強そうな風貌をしていても、犬好き男子は甘えん坊です。

大勢で騒ぐのが好きなのも、人懐っこく、フレンドリーに接するのも、人一倍愛されたい気持ちが強いからなのです。

恋人や家族など、ごく親密な関係の気を許した人には、とことん甘えん坊な姿を見せるでしょう。

寂しがりやの一面もあるので、話を聞いてもらえなかったり、放っておかれると分かりやすくいじけてしまう事があります。

世話焼き

情が厚い犬好き男子は、好きな友達、好きな女性に対して、面倒見の良さを発揮します。

頼まれなくても、手を差し伸べたくなり、好きな人にはやたらと世話を焼きたがる性分なのです。

根が優しいので、悩み事の相談にも親身に乗ってくれます。

その為、頼りになる先輩、頼りになる上司!と周囲からの信頼も厚いでしょう。

気がつくと、いつもチームのまとめ役になっている事が多いでしょう。

しっかり者

群を好む犬好き男子は、集団の秩序を守るため、決まりを忠実に守ります。

待ち合わせに遅刻しないように前の晩から準備をして5分前行動をとるなど、周りの人に迷惑をかけないように心がけています。

猫好きは、自由を愛し、気分次第で言動がコロコロ変わったりするのですが、犬好きの場合は、しっかりと計画や準備をしてルール通りに行動する方が性に合っているのです。

行き当たりばったりの行動を滅多にしないので、突然のアクシデントには弱い部分もあります。

アクティブ

犬好きの男性は、家にこもって過ごすより、休日はどんどん外に出て、体を動かす方が自分らしくいられます。

犬は、基本的に散歩を日課にして飼われている事が多い様に、運動不足だとストレスを感じてしまいます。

夏には海で泳いだり、キャンプなどアウトドアを友人と楽しんだり、冬はスキーやスノーボードなど季節の移り変わりを楽しむアクティブな性格なのです。

人に尽くす

犬好き男性は、誰かに必要とされる事に大きな喜びを感じるので、自分を慕ってくれる人には、惜しげも無く愛情を注いで尽くします。

恋人が喜んでくれるのが嬉しくて、サプライズでプレゼントや花束を用意したり、家族の為に旅行を計画して感謝の気持ちを表したり、深い愛情を持って、人に尽くすのです。

自分の大切な人が幸せなら、我慢も苦労も厭わない!という精神の持ち主なのです。

犬好きと猫好きでは、行動や性格がキッパリと分かれます。

犬好き、猫好きの好みは、自分とその動物の行動が似ている方を好きになる傾向が強いのです。

人の為に行動できる心の優しさは、犬好きの男性の最大の魅力でしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-