【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401150441.html
酒豪な男性に多い性格や特徴

酒豪な男性に多い性格や特徴 | LADYCO

LADYCO
酒豪な男性に多い性格や特徴

いわゆる大酒飲み、かつお酒に強いためお酒で荒れる、上手く歩けなくなるなどで人に迷惑をかけない人を「酒豪」と言います。

このような男性では、どんな性格や特徴が見られるでしょう。

  • お酒は生活の一部になっている
  • 原則、他人に迷惑をかけるわけではない
  • あまり飲めない人や下戸をつまらないと思う
  • 豪胆である
  • お酒の種類、つまみ、居酒屋などに詳しい
  • 強く酔うことができない
  • 家飲みタイプか、そうでないかで経済的負担が大きく異なる
  • 飲んでいることが、周囲にあまりわからない
  • まとめ

1. お酒は生活の一部になっている

お酒は生活の一部になっている

一般的な人では、お米や麺類、パン、野菜、肉・魚・豆などを生活に欠かせない食料と考え、お酒はあくまでも嗜好品です。

しかし酒豪な男性では、ほぼ毎日お酒を飲み、それが当たり前になっています。

お茶やコーヒー、菓子などについてもそのようになっている人はいますね。

2. 原則、他人に迷惑をかけるわけではない

原則、他人に迷惑をかけるわけではない

酒豪男性では、アルコールによる問題行動は起こしません。

お酒に酔って暴言を吐いたり、立ち上がれないほど寄って周囲を困らせたり、いわゆるリバースをしてしまうことなどもないのです。

ただしこれは原則であって、毎日大量のお酒を飲むことで依存症になり、体を壊し仕事ができなくなってしまうリスクなども秘めています。

3. あまり飲めない人や下戸をつまらないと思う

あまり飲めない人や下戸をつまらないと思う

酒豪な男性にとっては、友人や同僚との語らいにおいて、やはり「酒席」というものが欠かせません。

ビール程度しか飲まないとか、すぐに酔いつぶれてしまう弱いタイプの人や、全くお酒を飲めない人・飲まない人のことは、どこかで「つまらない」と感じてしまうのも彼らです。

4. 豪胆である

豪胆である

お酒をたくさん飲めば、経済面なども含めて色々なリスクが有ることは、酒豪男性もわかっています。

しかし、一度お酒を飲めば「そんなことはどうでもいい、なんとかなるだろう」と極度に楽観的に考えてしまうのも酒豪男性です。

豪胆であるといえば格好いいものですが、無計画で先を考えていない、と捉えられることもあります。

5. お酒の種類、つまみ、居酒屋などに詳しい

お酒の種類、つまみ、居酒屋などに詳しい

酒豪男性では、好みこそあれど、弱いものから強いものまで色々なお酒を知っているものです。

日本各地の地酒、世界のお酒、変わったつまみ、居酒屋やバーについてなども詳しいことが多いです。

これ自体がお話のネタになり、酒席を盛り上げることも彼らの特徴であり、いわば役割ともいえるでしょうね。

6. 強く酔うことができない

強く酔うことができない

お酒にあまり強くないタイプの男性では、つらいことがあった時にお酒を飲んで忘れたり、眠ってしまったりすることができます。

弱いからこそ、少量のお酒でも強く酔えるのです。

しょっちゅうでは困りますが、たまにはそれもいいストレス解消になることでしょう。

しかし酒豪男性では、そのように酔うことがそもそも不可能であるか、できるとしても相当な量の強いお酒を要します。

7. 家飲みタイプか、そうでないかで経済的負担が大きく異なる

家飲みタイプか、そうでないかで経済的負担が大きく異なる

酒豪男性といっても、自宅をメインとするタイプではお酒そのものの費用、おつまみの費用しかかかりません。

そうしますと1日1,000円分のお酒とおつまみを消費したとしても、月に3万円程度となり、収入にもよりますが、家計にとって重い負担というほどでもないでしょう。

ところが、これが「外飲み」タイプとなると1日で数千円ということも珍しくありません。

「奢る」のが好きな人では一層費用が大きくなります。

そうしますと、家計にとって深刻な負担になることもありえます。

8. 飲んでいることが、周囲にあまりわからない

飲んでいることが、周囲にあまりわからない

日本人の多くはあまりお酒に強くないため、一定量を飲むと顔が赤くなったり、話の内容が不明瞭になってきたりします。

しかし酒豪男性はアルコールに関する代謝酵素が異なっており、かなりの量を飲んでいても、周囲にはそうと見えないことが多いのです。

よく観察されているならともかく、そうでもない場合、酒席をともにする周囲には、実際それほどの酒好きと思われていないこともあります。

まとめ

酒豪男性にはやはり特徴があり、ただの「お酒好き」とは異なっています。

マナー良く、経済面もふまえて飲めるならとりたてて悪い特性ではありませんが、そのようなタイプの誰もがいつまでも酒豪でいられるわけではないものです。

このような男性と交際を考えたりする場合、いずれ健康を害したり、年月を経た結果、依存症のようになるリスクも踏まえておきたいものです。

いわゆる大酒飲み、かつお酒に強いためお酒で荒れる、上手く歩けなくなるなどで人に迷惑をかけない人を「酒豪」と言います。

このような男性では、どんな性格や特徴が見られるでしょう。


お酒は生活の一部になっている

一般的な人では、お米や麺類、パン、野菜、肉・魚・豆などを生活に欠かせない食料と考え、お酒はあくまでも嗜好品です。

しかし酒豪な男性では、ほぼ毎日お酒を飲み、それが当たり前になっています。

お茶やコーヒー、菓子などについてもそのようになっている人はいますね。

原則、他人に迷惑をかけるわけではない

酒豪男性では、アルコールによる問題行動は起こしません。

お酒に酔って暴言を吐いたり、立ち上がれないほど寄って周囲を困らせたり、いわゆるリバースをしてしまうことなどもないのです。

ただしこれは原則であって、毎日大量のお酒を飲むことで依存症になり、体を壊し仕事ができなくなってしまうリスクなども秘めています。

あまり飲めない人や下戸をつまらないと思う

酒豪な男性にとっては、友人や同僚との語らいにおいて、やはり「酒席」というものが欠かせません。

ビール程度しか飲まないとか、すぐに酔いつぶれてしまう弱いタイプの人や、全くお酒を飲めない人・飲まない人のことは、どこかで「つまらない」と感じてしまうのも彼らです。

豪胆である

お酒をたくさん飲めば、経済面なども含めて色々なリスクが有ることは、酒豪男性もわかっています。

しかし、一度お酒を飲めば「そんなことはどうでもいい、なんとかなるだろう」と極度に楽観的に考えてしまうのも酒豪男性です。

豪胆であるといえば格好いいものですが、無計画で先を考えていない、と捉えられることもあります。

お酒の種類、つまみ、居酒屋などに詳しい

酒豪男性では、好みこそあれど、弱いものから強いものまで色々なお酒を知っているものです。

日本各地の地酒、世界のお酒、変わったつまみ、居酒屋やバーについてなども詳しいことが多いです。

これ自体がお話のネタになり、酒席を盛り上げることも彼らの特徴であり、いわば役割ともいえるでしょうね。

強く酔うことができない

お酒にあまり強くないタイプの男性では、つらいことがあった時にお酒を飲んで忘れたり、眠ってしまったりすることができます。

弱いからこそ、少量のお酒でも強く酔えるのです。

しょっちゅうでは困りますが、たまにはそれもいいストレス解消になることでしょう。

しかし酒豪男性では、そのように酔うことがそもそも不可能であるか、できるとしても相当な量の強いお酒を要します。

家飲みタイプか、そうでないかで経済的負担が大きく異なる

酒豪男性といっても、自宅をメインとするタイプではお酒そのものの費用、おつまみの費用しかかかりません。

そうしますと1日1,000円分のお酒とおつまみを消費したとしても、月に3万円程度となり、収入にもよりますが、家計にとって重い負担というほどでもないでしょう。

ところが、これが「外飲み」タイプとなると1日で数千円ということも珍しくありません。

「奢る」のが好きな人では一層費用が大きくなります。

そうしますと、家計にとって深刻な負担になることもありえます。

飲んでいることが、周囲にあまりわからない

日本人の多くはあまりお酒に強くないため、一定量を飲むと顔が赤くなったり、話の内容が不明瞭になってきたりします。

しかし酒豪男性はアルコールに関する代謝酵素が異なっており、かなりの量を飲んでいても、周囲にはそうと見えないことが多いのです。

よく観察されているならともかく、そうでもない場合、酒席をともにする周囲には、実際それほどの酒好きと思われていないこともあります。

酒豪男性にはやはり特徴があり、ただの「お酒好き」とは異なっています。

マナー良く、経済面もふまえて飲めるならとりたてて悪い特性ではありませんが、そのようなタイプの誰もがいつまでも酒豪でいられるわけではないものです。

このような男性と交際を考えたりする場合、いずれ健康を害したり、年月を経た結果、依存症のようになるリスクも踏まえておきたいものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-