【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401150429.html
海が似合う男子の特徴

海が似合う男子の特徴 | LADYCO

LADYCO
海が似合う男子の特徴

海が似合う男子になってモテたいと思う人は多いと思うので、海が似合う男子の特徴をご紹介いたします。

  • 肌が小麦色に焼けている
  • 筋肉質
  • 服装がラフ
  • 歯並びが良い
  • 釣りが好き
  • サーフィンをする
  • 明るい性格
  • まとめ

1. 肌が小麦色に焼けている

肌が小麦色に焼けている

やっぱり海といえばイメージするのは夏の澄んだ青空ですよね。

澄んだ青空の下にいて似合うのは小麦色に焼けた肌の男性です。

小麦色の肌の男性が海にいると夏!という感じが増します。

ただ、黒すぎると「こいつ、日サロで焼いたな」と思われてしまい、爽やかさが半減します。

日光で焼いたか日サロで焼いたかは案外分かるものなので、可能なら海で焼きましょう。

2. 筋肉質

筋肉質

肌が小麦色に焼けていることともう一つ、外見の特徴でいうと筋肉がムキムキでマッチョな男性も澄んだ青空の下が似合います。

それは、小麦色に焼けていて筋肉ムキムキだとライフセーバーみたいだからです。

ライフセーバーは浜辺を常に見張っており、海水浴に来た人からすると頼もしい存在です。

もし、見た目だけではなく本当にライフセーバーをしたら、浜辺以外の場所でもモテることでしょう。

3. 服装がラフ

服装がラフ

海と比較されるのは山ですが、山好きな男子でイメージするのは長袖・長ズボンです。

怪我したりしないためですので決して悪いわけではありませんが、モテる服装とは言い難いです。

対して海は半袖・半ズボンというラフな格好です。

海は海からの照り返しで暑いからです。

色白でヒョロヒョロの場合は若干の違和感がある場合がありますが、肌が小麦色に焼けていて筋肉ムキムキであればラフな格好が様になります。

4. 歯並びが良い

歯並びが良い

浜辺にいる男子でイメージするのは爽やかな人です。

やはり爽やかさを演出するのに歯並びは重要です。

海以外の場所であっても歯並びが悪いと印象が良くないです。

単純に見た目の問題もありますが、歯のケアをきちんとしていない人だと思われるからです。

ですので、いくらその他が完璧であっても歯並びが悪いと台無しです。

最近は医療技術が進化しているので、歯の矯正をしているのがばれにくいですので、早い段階で歯の矯正をしましょう。

5. 釣りが好き

釣りが好き

やはり「海の男」で連想するのは漁師さんという方もいるのではないでしょうか?

漁師さんは日々荒波にもまれながら魚を獲ることで家族を養っています。

それゆえ荒っぽい性格のザ・男という感じの人が多いです。

しかし漁師になることは、並大抵の努力では出来ません。

若ければ若いほどそうです。

とは言え同じような雰囲気を醸すことは可能です。

釣りを趣味にすることです。

釣りを趣味にし、定期的に沖合に出て釣りをしていると漁師さんのようなたくましい、海の男のような雰囲気になります。

6. サーフィンをする

サーフィンをする

スポーツをする男子は爽やかで格好良く、海で行われるスポーツ、ビーチバレー、ビーチフラッグス、サーフィンなどは格好良いです。

その中でもサーフィンは人気が高いです。

大きいサーフィンボードを抱えて浜辺を歩いていたり、波を乗りこなしていると爽やかに見えます。

サーファーは海に長時間いるので肌が小麦色に焼けていますし、運動しているので筋肉ムキムキになります。

そのため、意識せずとも自然と夏が似合う見た目になります。

もしサーフィンをしていないのにしているように装っても、雰囲気で嘘がばれますのでやめましょう。

7. 明るい性格

明るい性格

サーフィンを初めとしたマリンスポーツは場所によってローカルルールが存在しており、知り合いがいない状態で1人で行ったとしても出来ない場合があります。

ローカルルールを知るには、海の近くのサーフィンショップに通って店員と仲良くなるかその場所で実際サーフィンをしている人と仲良くならなければいけません。

そのため、サーフィンをするには高いコミュニケーション能力が必要になりますので、マリンスポーツをしている人は性格が明るくなります。

まとめ

海が似合う男子になるには色んな条件があり、一朝一夕ではなれません。

しかし頑張って努力を続けると女性にモテるようになります。

諦めずに努力を続けましょう。

海が似合う男子になってモテたいと思う人は多いと思うので、海が似合う男子の特徴をご紹介いたします。


肌が小麦色に焼けている

やっぱり海といえばイメージするのは夏の澄んだ青空ですよね。

澄んだ青空の下にいて似合うのは小麦色に焼けた肌の男性です。

小麦色の肌の男性が海にいると夏!という感じが増します。

ただ、黒すぎると「こいつ、日サロで焼いたな」と思われてしまい、爽やかさが半減します。

日光で焼いたか日サロで焼いたかは案外分かるものなので、可能なら海で焼きましょう。

筋肉質

肌が小麦色に焼けていることともう一つ、外見の特徴でいうと筋肉がムキムキでマッチョな男性も澄んだ青空の下が似合います。

それは、小麦色に焼けていて筋肉ムキムキだとライフセーバーみたいだからです。

ライフセーバーは浜辺を常に見張っており、海水浴に来た人からすると頼もしい存在です。

もし、見た目だけではなく本当にライフセーバーをしたら、浜辺以外の場所でもモテることでしょう。

服装がラフ

海と比較されるのは山ですが、山好きな男子でイメージするのは長袖・長ズボンです。

怪我したりしないためですので決して悪いわけではありませんが、モテる服装とは言い難いです。

対して海は半袖・半ズボンというラフな格好です。

海は海からの照り返しで暑いからです。

色白でヒョロヒョロの場合は若干の違和感がある場合がありますが、肌が小麦色に焼けていて筋肉ムキムキであればラフな格好が様になります。

歯並びが良い

浜辺にいる男子でイメージするのは爽やかな人です。

やはり爽やかさを演出するのに歯並びは重要です。

海以外の場所であっても歯並びが悪いと印象が良くないです。

単純に見た目の問題もありますが、歯のケアをきちんとしていない人だと思われるからです。

ですので、いくらその他が完璧であっても歯並びが悪いと台無しです。

最近は医療技術が進化しているので、歯の矯正をしているのがばれにくいですので、早い段階で歯の矯正をしましょう。

釣りが好き

やはり「海の男」で連想するのは漁師さんという方もいるのではないでしょうか?

漁師さんは日々荒波にもまれながら魚を獲ることで家族を養っています。

それゆえ荒っぽい性格のザ・男という感じの人が多いです。

しかし漁師になることは、並大抵の努力では出来ません。

若ければ若いほどそうです。

とは言え同じような雰囲気を醸すことは可能です。

釣りを趣味にすることです。

釣りを趣味にし、定期的に沖合に出て釣りをしていると漁師さんのようなたくましい、海の男のような雰囲気になります。

サーフィンをする

スポーツをする男子は爽やかで格好良く、海で行われるスポーツ、ビーチバレー、ビーチフラッグス、サーフィンなどは格好良いです。

その中でもサーフィンは人気が高いです。

大きいサーフィンボードを抱えて浜辺を歩いていたり、波を乗りこなしていると爽やかに見えます。

サーファーは海に長時間いるので肌が小麦色に焼けていますし、運動しているので筋肉ムキムキになります。

そのため、意識せずとも自然と夏が似合う見た目になります。

もしサーフィンをしていないのにしているように装っても、雰囲気で嘘がばれますのでやめましょう。

明るい性格

サーフィンを初めとしたマリンスポーツは場所によってローカルルールが存在しており、知り合いがいない状態で1人で行ったとしても出来ない場合があります。

ローカルルールを知るには、海の近くのサーフィンショップに通って店員と仲良くなるかその場所で実際サーフィンをしている人と仲良くならなければいけません。

そのため、サーフィンをするには高いコミュニケーション能力が必要になりますので、マリンスポーツをしている人は性格が明るくなります。

海が似合う男子になるには色んな条件があり、一朝一夕ではなれません。

しかし頑張って努力を続けると女性にモテるようになります。

諦めずに努力を続けましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-