【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401150420.html
おしゃれ度高め!赤髪が似合う男性の特徴

おしゃれ度高め!赤髪が似合う男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
おしゃれ度高め!赤髪が似合う男性の特徴

赤い髪は珍しいですが、すごく似合っている男性がいます。

では赤髪が似合う男性の5つの特徴についてみていきましょう。

  • 肌が白い
  • 切れ長の目
  • おしゃれ
  • 中性的
  • 個性的
  • まとめ

1. 肌が白い

肌が白い

赤髪が似合う男性は、肌が白くて綺麗な人が多いのが特徴です。

白くて綺麗な肌に、髪の鮮やかな赤がとても綺麗に映えるのです。

赤髪が白肌の美しさを更に強調し、白肌が赤髪をより引き立ててくれます。

その赤と白のコントラストが、何とも言えない魅力に繋がるのです。

色黒肌の男性が赤髪にすると、せっかくの赤髪の良さが生かされず、お互いに打ち消し合ってしまうでしょう。

色白で肌が綺麗な男性は、イメージチェンジに赤髪にしてみるのもいいかもしれません。

2. 切れ長の目

切れ長の目

赤髪が似合う男性は、濃い顔立ちよりも、どちらかというと切れ長でスッキリとした印象の目元をしているのが特徴です。

赤い髪の色自体にかなり自己主張があるので、顔はあっさりとしている方が、全体のバランスがいいのかもしれません。

濃い顔立ちの男性が赤髪にすると、どちらも主張し過ぎることになり、周りから見ると少ししつこく感じてしまう可能性があります。

そうなると、赤い髪色がただの派手な色ということで終わってしまい、男性自身も派手好きな人という印象をもたれてしまうでしょう。

切れ長で涼しげな目元をしている男性は、赤髪にすると想像以上に似合うかもしれません。

3. おしゃれ

おしゃれ

赤髪が似合う男性は、とてもおしゃれな人が多いのが特徴です。

もともとファッションにも興味があり、着るものへのこだわりがとても強いです。

他の人がなかなか選ばないような個性のある服を、さらっとおしゃれに着こなすことができるでしょう。

服の色は、赤髪がより映えるようにと控えめなことが多いですが、その分デザイン性の高い服を着ています。

その為、赤髪と合わさることによって、どこへ行ってもかなり目立つ存在になっているでしょう。

周囲からは、いつもおしゃれな人という印象を持たれているはずです。

反対に、ファッションには一切興味がなく、ただ髪の色を赤くしているという男性の場合は、髪の赤だけが浮いてしまい、おしゃれどころかダサく見えてしまう可能性もあります。

赤髪が似合う為には、服装も含めトータルバランスを考えることが大事でしょう。

4. 中性的

中性的

赤髪が似合う男性には、中性的な雰囲気をした人が多いのも特徴です。

肌の色が白くて綺麗ということもありますが、全体の雰囲気や顔のつくりなど、どこか中性的な柔らかい雰囲気を感じるのです。

赤髪が似合う男性のなかには、女性のように可愛らしい雰囲気をしている男性もいるでしょう。

逆に、いかにも男らしい顔つきや雰囲気の男性が赤髪にすると、変に怖い印象を周囲に与えてしまいます。

中性的な雰囲気があるからこそ、赤い髪の綺麗さや鮮やかさが引き立つのです。

中性的だと周りの人から言われたことのある男性は、赤い髪もすごく似合うかもしれません。

5. 個性的

個性的

赤髪が似合う男性には、とても個性的な人が多いです。

もともと黒髪の日本人男性は、髪を染めるとしたら、茶系を選ぶことが多いでしょう。

そういった中、あえて赤を選んで染めるというのは、どこかで目立ちたい、他の人とは違うという意識があるからです。

その為、仕事にしても私生活にしても、やはり独特のセンスを感じるような個性的な人が多いのが特徴です。

仕事で言えば、会社勤めの普通のサラリーマンという人は少ないでしょう。

自分で起業していたり、画家や陶芸家などの芸術的な仕事をしていたりと、個性溢れる仕事が目立つはずです。

もちろん、美容師という髪に携わる人も多いでしょう。

赤髪が似合う男性には、服装や雰囲気を含め、とても個性的な男性が多いのです。

まとめ

赤髪はとても目立ちますが、似合っている男性がしているととてもおしゃれに見えます。

このような特徴に当てはまる男性は、是非チャレンジしてみましょう。

赤い髪は珍しいですが、すごく似合っている男性がいます。

では赤髪が似合う男性の5つの特徴についてみていきましょう。


肌が白い

赤髪が似合う男性は、肌が白くて綺麗な人が多いのが特徴です。

白くて綺麗な肌に、髪の鮮やかな赤がとても綺麗に映えるのです。

赤髪が白肌の美しさを更に強調し、白肌が赤髪をより引き立ててくれます。

その赤と白のコントラストが、何とも言えない魅力に繋がるのです。

色黒肌の男性が赤髪にすると、せっかくの赤髪の良さが生かされず、お互いに打ち消し合ってしまうでしょう。

色白で肌が綺麗な男性は、イメージチェンジに赤髪にしてみるのもいいかもしれません。

切れ長の目

赤髪が似合う男性は、濃い顔立ちよりも、どちらかというと切れ長でスッキリとした印象の目元をしているのが特徴です。

赤い髪の色自体にかなり自己主張があるので、顔はあっさりとしている方が、全体のバランスがいいのかもしれません。

濃い顔立ちの男性が赤髪にすると、どちらも主張し過ぎることになり、周りから見ると少ししつこく感じてしまう可能性があります。

そうなると、赤い髪色がただの派手な色ということで終わってしまい、男性自身も派手好きな人という印象をもたれてしまうでしょう。

切れ長で涼しげな目元をしている男性は、赤髪にすると想像以上に似合うかもしれません。

おしゃれ

赤髪が似合う男性は、とてもおしゃれな人が多いのが特徴です。

もともとファッションにも興味があり、着るものへのこだわりがとても強いです。

他の人がなかなか選ばないような個性のある服を、さらっとおしゃれに着こなすことができるでしょう。

服の色は、赤髪がより映えるようにと控えめなことが多いですが、その分デザイン性の高い服を着ています。

その為、赤髪と合わさることによって、どこへ行ってもかなり目立つ存在になっているでしょう。

周囲からは、いつもおしゃれな人という印象を持たれているはずです。

反対に、ファッションには一切興味がなく、ただ髪の色を赤くしているという男性の場合は、髪の赤だけが浮いてしまい、おしゃれどころかダサく見えてしまう可能性もあります。

赤髪が似合う為には、服装も含めトータルバランスを考えることが大事でしょう。

中性的

赤髪が似合う男性には、中性的な雰囲気をした人が多いのも特徴です。

肌の色が白くて綺麗ということもありますが、全体の雰囲気や顔のつくりなど、どこか中性的な柔らかい雰囲気を感じるのです。

赤髪が似合う男性のなかには、女性のように可愛らしい雰囲気をしている男性もいるでしょう。

逆に、いかにも男らしい顔つきや雰囲気の男性が赤髪にすると、変に怖い印象を周囲に与えてしまいます。

中性的な雰囲気があるからこそ、赤い髪の綺麗さや鮮やかさが引き立つのです。

中性的だと周りの人から言われたことのある男性は、赤い髪もすごく似合うかもしれません。

個性的

赤髪が似合う男性には、とても個性的な人が多いです。

もともと黒髪の日本人男性は、髪を染めるとしたら、茶系を選ぶことが多いでしょう。

そういった中、あえて赤を選んで染めるというのは、どこかで目立ちたい、他の人とは違うという意識があるからです。

その為、仕事にしても私生活にしても、やはり独特のセンスを感じるような個性的な人が多いのが特徴です。

仕事で言えば、会社勤めの普通のサラリーマンという人は少ないでしょう。

自分で起業していたり、画家や陶芸家などの芸術的な仕事をしていたりと、個性溢れる仕事が目立つはずです。

もちろん、美容師という髪に携わる人も多いでしょう。

赤髪が似合う男性には、服装や雰囲気を含め、とても個性的な男性が多いのです。

赤髪はとても目立ちますが、似合っている男性がしているととてもおしゃれに見えます。

このような特徴に当てはまる男性は、是非チャレンジしてみましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-