【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401150417.html
縄文顔の男性の特徴

縄文顔の男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
縄文顔の男性の特徴

私たちの顔は、縄文顔と弥生顔という2つの顔のタイプに分かれています。

では、縄文顔の男性にみられる6つの特徴についてみてみましょう。

  • 彫が深い
  • ヒゲが濃い
  • 目が大きくて二重
  • 顔の輪郭が四角
  • 唇が分厚い
  • 太くて濃い眉毛
  • まとめ

1. 彫が深い

彫が深い

縄文顔の男性の一番の特徴は、顔の彫が深いことです。

鼻は高く顔の凹凸がしっかりしているので、ハッキリとした顔立ちの男性が多いでしょう。

周りから濃い顔と言われるような男性は、間違いなく縄文顔と考えていいでしょう。

彫が深いので派手で華やかな印象の顔立ちに見え、女性から見ても魅力的に感じます。

その為、多くの女性からモテる男性が多いはずです。

逆に、顔に凹凸のない一般的に薄い顔立ちと言われるような男性は、弥生顔と考えていいでしょう。

あっさりとした塩顔の男性が、弥生顔ということになります。

2. ヒゲが濃い

ヒゲが濃い

縄文顔の男性は、ヒゲが濃いというのも大きな特徴です。

朝起きてきちんとヒゲを剃ったとしても、夕方頃になると生えてきてしまい、剃り跡が青くなっている男性は、縄文顔と言っていいでしょう。

また、縄文顔の男性は、ヒゲだけではなく腕や足などの体毛が全て濃いというのも特徴です。

全体的に、男性ホルモンの分泌が多そうな印象の男性は、間違いなく縄文顔と言っていいでしょう。

濃いヒゲや体毛を含め、男らしい印象を与える男性が縄文顔なのです。

反対に、ヒゲがほとんど生えていないような男性は弥生顔です。

ヒゲや体毛が濃いという自覚のある男性は、縄文顔と思っていいでしょう。

3. 目が大きくて二重

目が大きくて二重

縄文顔の男性は、目がパッチリ二重で大きいのが特徴です。

綺麗でくっきりとした二重なので、より大きな目の印象が強くなっています。

目力があって魅力的なので、その大きな目に魅かれる女性も多いでしょう。

彫の深い顔立ちに大きな目という目立つ顔立ちをしているので、周囲には華やかな印象を与えます。

日本人離れした顔と言われるような人は、縄文顔と考えていいでしょう。

逆に、弥生顔の男性の目はとても細く切れ長で、あっさりした顔立ちをしています。

目に注目するだけでも、自分がどちらのタイプの顔なのか判断することができるでしょう。

4. 顔の輪郭が四角

顔の輪郭が四角

縄文顔の男性は、顔の輪郭が四角形や長方形のように、四角くなっているのが特徴です。

顔の横幅も広く顎の骨もしっかりと張り出している骨格なので、縄文顔の男性の輪郭には、なんとなくごつごつしているような印象を持つでしょう。

逆に、顔の輪郭が縦に長いような綺麗な楕円形をしている男性は、弥生顔と言っていいでしょう。

5. 唇が分厚い

唇が分厚い

縄文顔の男性は、唇が分厚いのが特徴です。

上唇も下唇もしっかりとした厚みがあるので、顔の中でも目と同じように、唇の存在感が目立ちます。

分厚い唇の周りに濃いヒゲが生えていることによって、一層口元の印象が強くなるでしょう。

反対に、弥生顔の男性の唇は上下共に薄くなっていて存在感がありません。

人から分厚い唇だと言われる男性は、縄文顔と考えていいでしょう。

6. 太くて濃い眉毛

太くて濃い眉毛

縄文顔の男性は眉毛が太くて濃いのが特徴です。

ヒゲや体毛と同じように、眉毛もしっかりと生えているのです。

ハッキリ二重の大きな目が、太くて濃い眉毛の存在によって、一層印象的な目元にしてくれます。

また、大きな目と濃い眉毛の距離が近いのも特徴でしょう。

この距離が近いことによって、より彫が深く濃い顔立ちに見えるのです。

逆に、弥生顔の男性の眉毛は細くて薄く、眉毛の存在が目立ちません。

立派な眉毛をしているという男性は、縄文顔と思っていいでしょう。

まとめ

あなたはいくつ当てはまりましたか?

このように、縄文顔の男性の顔は、一般的に濃いと言われているような男らしい印象の男性です。

印象的な目元が魅力的で、女性にモテる男性が多いのも特徴なのです。

私たちの顔は、縄文顔と弥生顔という2つの顔のタイプに分かれています。

では、縄文顔の男性にみられる6つの特徴についてみてみましょう。


彫が深い

縄文顔の男性の一番の特徴は、顔の彫が深いことです。

鼻は高く顔の凹凸がしっかりしているので、ハッキリとした顔立ちの男性が多いでしょう。

周りから濃い顔と言われるような男性は、間違いなく縄文顔と考えていいでしょう。

彫が深いので派手で華やかな印象の顔立ちに見え、女性から見ても魅力的に感じます。

その為、多くの女性からモテる男性が多いはずです。

逆に、顔に凹凸のない一般的に薄い顔立ちと言われるような男性は、弥生顔と考えていいでしょう。

あっさりとした塩顔の男性が、弥生顔ということになります。

ヒゲが濃い

縄文顔の男性は、ヒゲが濃いというのも大きな特徴です。

朝起きてきちんとヒゲを剃ったとしても、夕方頃になると生えてきてしまい、剃り跡が青くなっている男性は、縄文顔と言っていいでしょう。

また、縄文顔の男性は、ヒゲだけではなく腕や足などの体毛が全て濃いというのも特徴です。

全体的に、男性ホルモンの分泌が多そうな印象の男性は、間違いなく縄文顔と言っていいでしょう。

濃いヒゲや体毛を含め、男らしい印象を与える男性が縄文顔なのです。

反対に、ヒゲがほとんど生えていないような男性は弥生顔です。

ヒゲや体毛が濃いという自覚のある男性は、縄文顔と思っていいでしょう。

目が大きくて二重

縄文顔の男性は、目がパッチリ二重で大きいのが特徴です。

綺麗でくっきりとした二重なので、より大きな目の印象が強くなっています。

目力があって魅力的なので、その大きな目に魅かれる女性も多いでしょう。

彫の深い顔立ちに大きな目という目立つ顔立ちをしているので、周囲には華やかな印象を与えます。

日本人離れした顔と言われるような人は、縄文顔と考えていいでしょう。

逆に、弥生顔の男性の目はとても細く切れ長で、あっさりした顔立ちをしています。

目に注目するだけでも、自分がどちらのタイプの顔なのか判断することができるでしょう。

顔の輪郭が四角

縄文顔の男性は、顔の輪郭が四角形や長方形のように、四角くなっているのが特徴です。

顔の横幅も広く顎の骨もしっかりと張り出している骨格なので、縄文顔の男性の輪郭には、なんとなくごつごつしているような印象を持つでしょう。

逆に、顔の輪郭が縦に長いような綺麗な楕円形をしている男性は、弥生顔と言っていいでしょう。

唇が分厚い

縄文顔の男性は、唇が分厚いのが特徴です。

上唇も下唇もしっかりとした厚みがあるので、顔の中でも目と同じように、唇の存在感が目立ちます。

分厚い唇の周りに濃いヒゲが生えていることによって、一層口元の印象が強くなるでしょう。

反対に、弥生顔の男性の唇は上下共に薄くなっていて存在感がありません。

人から分厚い唇だと言われる男性は、縄文顔と考えていいでしょう。

太くて濃い眉毛

縄文顔の男性は眉毛が太くて濃いのが特徴です。

ヒゲや体毛と同じように、眉毛もしっかりと生えているのです。

ハッキリ二重の大きな目が、太くて濃い眉毛の存在によって、一層印象的な目元にしてくれます。

また、大きな目と濃い眉毛の距離が近いのも特徴でしょう。

この距離が近いことによって、より彫が深く濃い顔立ちに見えるのです。

逆に、弥生顔の男性の眉毛は細くて薄く、眉毛の存在が目立ちません。

立派な眉毛をしているという男性は、縄文顔と思っていいでしょう。

あなたはいくつ当てはまりましたか?

このように、縄文顔の男性の顔は、一般的に濃いと言われているような男らしい印象の男性です。

印象的な目元が魅力的で、女性にモテる男性が多いのも特徴なのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-