【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401144745.html
婚活女性必見!我が強い男性と結婚して後悔するポイント

婚活女性必見!我が強い男性と結婚して後悔するポイント | LADYCO

LADYCO
婚活女性必見!我が強い男性と結婚して後悔するポイント

自分の意見を押し通さないと気が済まない我が強い男性がいますが、そんな男性と結婚して後悔するのはどんな時でしょうか。

後悔する6つのポイントをみてみましょう。

  • 一人の時間を最優先する
  • 新居を男性の実家の近くにされる
  • うまく親戚付き合いができない
  • 料理の味付けを全て実家仕様に変えられる
  • 思い通りにならないとすぐ怒る
  • まとめ

1. 一人の時間を最優先する

一人の時間を最優先する

我が強い男性は自分の気持ちが何より第一です。

その為、結婚した後でも夫婦や家族との時間よりも、自分一人で過ごす時間を最優先させるでしょう。

夫婦共働きでせっかくお互いの休みが合ったような時でも、自分の趣味や自分の予定を大事にします。

まるで、独身時代と変わらないような感覚で結婚生活を送る男性も多いでしょう。

子供ができた場合でも、子供との約束や学校の行事などを優先せず、自分の時間として予定を入れてしまうようなこともあるかもしれません。

結婚したにもかかわらず、まるで一人で生活しているような態度を見て、虚しさや寂しさを感じて後悔することがあるかもしれません。

2. 新居を男性の実家の近くにされる

新居を男性の実家の近くにされる

我が強い男性は自分本位な性格なので、自分に一番都合のいいように物事を進めようとします。

結婚して二人の新居の場所を決める際には、妻の仕事のことや実家との位置関係などは一切無視して、自分の実家の近くで勝手に契約を済ませるようこともあるでしょう。

実家の近くであれば、結婚後も自分は何かと便利だからです。

もしかすると、自分の両親にそうして欲しいと言われていたのかもしれません。

どちらにせよ、大事な新居のことでさえも、自分の都合だけを考えて決める身勝手さがあるのです。

このような一方的な態度をとられた時には、後悔してしまうでしょう。

3. うまく親戚付き合いができない

うまく親戚付き合いができない

我が強い男性は、周りと合わせることが苦手です。

自己中心的で強調性がないので、大人数の中でうまく振る舞うことができません。

その為、結婚すると増えてくる親戚同士の付き合いや、年末年始の集まりなどで、妻側の親戚と上手にコミュニケーションをとることができないのです。

基本的にそういった集まりが苦手なので、そのうち妻の実家にも顔を出さなくなるかもしれません。

そうなってくると、親戚からは非常識な旦那だと非難されることもあるかもしれません。

せっかく結婚をして家族になっても、周囲の人から祝福されていないような状況に、その結婚を後悔することもあるでしょう。

4. 料理の味付けを全て実家仕様に変えられる

料理の味付けを全て実家仕様に変えられる

我が強い男性は、自分の意見や好みを押し通しますが、それは料理についても同じことです。

結婚して妻の手料理の味付けが気に食わないと、自分がこれまで食べてきた実家の味付けに全て変えようとしてきます。

実家の味付けの料理を何品か覚えるくらいはできたとしても、自分の料理の味付けを全て否定されているような態度には、どんな女性も我慢できないはずです。

決して自分は歩み寄ろうとしないその姿勢に、自分は本当に愛されているのだろうか、何でこんな人を選んだのかと後悔するはずです。

5. 思い通りにならないとすぐ怒る

思い通りにならないとすぐ怒る

我が強い男性は、自分の思い通りにならないとすぐに怒ります。

付き合っている時であれば、怒っていてもデートの時間のことだけで済みますが、結婚して毎日のこととなると話は別です。

自分の意見などは一切尊重されず旦那の言いなりになり、毎日顔色を伺って生活するなんて、想像以上に息苦しくストレスが溜まるものです。

自分だけが我慢をして生活をしていく毎日に、次第に嫌気がさしてくるでしょう。

何でこの人と結婚してしまったのだろうと深く後悔するはずです。

まとめ

我が強い男性を最初は頼もしく感じたとしても、結婚するとなると気苦労が絶えない生活になる可能性が高いでしょう。

こんな風に後悔しない為にも、婚活中の女性はしっかりと男性を見極められる目を持っておきましょう。

自分の意見を押し通さないと気が済まない我が強い男性がいますが、そんな男性と結婚して後悔するのはどんな時でしょうか。

後悔する6つのポイントをみてみましょう。


一人の時間を最優先する

我が強い男性は自分の気持ちが何より第一です。

その為、結婚した後でも夫婦や家族との時間よりも、自分一人で過ごす時間を最優先させるでしょう。

夫婦共働きでせっかくお互いの休みが合ったような時でも、自分の趣味や自分の予定を大事にします。

まるで、独身時代と変わらないような感覚で結婚生活を送る男性も多いでしょう。

子供ができた場合でも、子供との約束や学校の行事などを優先せず、自分の時間として予定を入れてしまうようなこともあるかもしれません。

結婚したにもかかわらず、まるで一人で生活しているような態度を見て、虚しさや寂しさを感じて後悔することがあるかもしれません。

新居を男性の実家の近くにされる

我が強い男性は自分本位な性格なので、自分に一番都合のいいように物事を進めようとします。

結婚して二人の新居の場所を決める際には、妻の仕事のことや実家との位置関係などは一切無視して、自分の実家の近くで勝手に契約を済ませるようこともあるでしょう。

実家の近くであれば、結婚後も自分は何かと便利だからです。

もしかすると、自分の両親にそうして欲しいと言われていたのかもしれません。

どちらにせよ、大事な新居のことでさえも、自分の都合だけを考えて決める身勝手さがあるのです。

このような一方的な態度をとられた時には、後悔してしまうでしょう。

うまく親戚付き合いができない

我が強い男性は、周りと合わせることが苦手です。

自己中心的で強調性がないので、大人数の中でうまく振る舞うことができません。

その為、結婚すると増えてくる親戚同士の付き合いや、年末年始の集まりなどで、妻側の親戚と上手にコミュニケーションをとることができないのです。

基本的にそういった集まりが苦手なので、そのうち妻の実家にも顔を出さなくなるかもしれません。

そうなってくると、親戚からは非常識な旦那だと非難されることもあるかもしれません。

せっかく結婚をして家族になっても、周囲の人から祝福されていないような状況に、その結婚を後悔することもあるでしょう。

料理の味付けを全て実家仕様に変えられる

我が強い男性は、自分の意見や好みを押し通しますが、それは料理についても同じことです。

結婚して妻の手料理の味付けが気に食わないと、自分がこれまで食べてきた実家の味付けに全て変えようとしてきます。

実家の味付けの料理を何品か覚えるくらいはできたとしても、自分の料理の味付けを全て否定されているような態度には、どんな女性も我慢できないはずです。

決して自分は歩み寄ろうとしないその姿勢に、自分は本当に愛されているのだろうか、何でこんな人を選んだのかと後悔するはずです。

思い通りにならないとすぐ怒る

我が強い男性は、自分の思い通りにならないとすぐに怒ります。

付き合っている時であれば、怒っていてもデートの時間のことだけで済みますが、結婚して毎日のこととなると話は別です。

自分の意見などは一切尊重されず旦那の言いなりになり、毎日顔色を伺って生活するなんて、想像以上に息苦しくストレスが溜まるものです。

自分だけが我慢をして生活をしていく毎日に、次第に嫌気がさしてくるでしょう。

何でこの人と結婚してしまったのだろうと深く後悔するはずです。

我が強い男性を最初は頼もしく感じたとしても、結婚するとなると気苦労が絶えない生活になる可能性が高いでしょう。

こんな風に後悔しない為にも、婚活中の女性はしっかりと男性を見極められる目を持っておきましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-