【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401144724.html
弥生がルーツの男性の顔の特徴

弥生がルーツの男性の顔の特徴 | LADYCO

LADYCO
弥生がルーツの男性の顔の特徴

私たちの顔は、縄文時代と弥生時代の2つのルーツが関係していると言われています。

では、弥生時代が主なルーツとなっている男性の6つの特徴についてみていきましょう。

  • 目が細い
  • 唇が薄い
  • 顔の輪郭が丸い
  • 平坦な顔立ち
  • ヒゲ薄い
  • 全体の印象が薄い
  • まとめ

1. 目が細い

目が細い

弥生時代と縄文時代の大きな違いは目です。

弥生時代がルーツとなっている男性の目は、すっとした切れ長の目をしています。

細くて一重なので、涼しげな印象の目元をしているのが特徴です。

逆に縄文時代の目は、二重瞼で大きくパッチリしています。

目が細いからと言ってカッコよくないということではありません。

男性芸能人でも、目が細くてシュッとしている人はたくさんいますよね。

最近では、目が細い男性の方が好みという女性も多いです。

自分の目が一重で細いという自覚のある人は、弥生時代がルーツと思っていいでしょう。

2. 唇が薄い

唇が薄い

弥生時代がルーツになっている男性の唇は、比較的薄いのが特徴です。

上唇にも下唇にも厚みが無い為、あまり唇の印象は残りません。

女性の場合は分厚い唇が魅力的だとも言われますが、男性の場合は、唇が分厚いよりも薄い方が魅力的と感じる女性が多いものです。

自分の唇には厚みがないなと感じている男性は、きっと弥生時代がルーツとなっているのでしょう。

3. 顔の輪郭が丸い

顔の輪郭が丸い

ルーツは顔の輪郭にも特徴が表れています。

弥生時代がルーツとなっている男性の顔の輪郭は、丸くて楕円形をしているのが特徴です。

今でいう卵型のような輪郭でしょう。

ごつごつとした印象がないので、男性らしさは強くない輪郭と言えるでしょう。

逆に縄文時代がルーツとなっている男性の顔の輪郭は、四角のように角ばっているのが特徴です。

顔が大きめの印象を持たれるはずです。

角が無くどちらかというと丸い輪郭をしているという男性は、弥生時代がルーツとなっていると思っていいでしょう。

4. 平坦な顔立ち

平坦な顔立ち

弥生時代がルーツの男性の顔は、全体に平坦な顔立ちをしています。

どちらかというと鼻も低く広めで、顔の凹凸が少ないというのが特徴です。

顔全体の彫が浅いので、薄い印象の顔立ちになっています。

反対に、縄文時代がルーツの男性の顔は彫が深い為、とても濃い顔立ちになっているのです。

人から薄い顔だと言われるような、あっさりとした顔立ちの男性は、弥生時代がルーツとなっていると考えてまず間違いないでしょう。

5. ヒゲ薄い

ヒゲ薄い

弥生時代がルーツの男性は、ヒゲが薄いというのも特徴です。

ヒゲが薄いので、顔があっさりとして見えるでしょう。

男性にはヒゲが濃く、剃っても青く剃り跡が残ってしまうような毛深い人もいますが、弥生時代がルーツの男性は、もともと生えているヒゲが薄いのです。

また、ヒゲだけではなく、腕や足などの体毛も薄いのが特徴です。

逆に、ヒゲや体毛が濃い男性は、縄文時代がルーツとなっている男性です。

自分はヒゲも体毛も薄い方だと感じている男性は、弥生時代がルーツと思っていいでしょう。

6. 全体の印象が薄い

全体の印象が薄い

弥生時代がルーツの男性の顔は、トータルで見て薄いというのが最大の特徴です。

体毛なども薄く顔立ちもあっさりとした印象なので、男らしさはあまり感じられないかもしれません。

しかし最近は、濃い顔立ちよりも薄い顔立ちの男性の方が女性からの人気が高くなっています。

実際に、人気のある男性芸能人にも、弥生時代がルーツの人がたくさんいます。

自分が弥生時代と縄文時代、どちらがルーツになっているのかは、顔の印象の濃さで判断するのが一番いいでしょう。

まとめ

あなたはいくつ当てはまりましたか?このように、弥生時代がルーツ男性のとなっている顔の特徴をまとめると、目鼻立ちなどの顔全体のつくりや印象が薄いということになります。

今で言う塩顔男子ということかもしれません。

私たちの顔は、縄文時代と弥生時代の2つのルーツが関係していると言われています。

では、弥生時代が主なルーツとなっている男性の6つの特徴についてみていきましょう。


目が細い

弥生時代と縄文時代の大きな違いは目です。

弥生時代がルーツとなっている男性の目は、すっとした切れ長の目をしています。

細くて一重なので、涼しげな印象の目元をしているのが特徴です。

逆に縄文時代の目は、二重瞼で大きくパッチリしています。

目が細いからと言ってカッコよくないということではありません。

男性芸能人でも、目が細くてシュッとしている人はたくさんいますよね。

最近では、目が細い男性の方が好みという女性も多いです。

自分の目が一重で細いという自覚のある人は、弥生時代がルーツと思っていいでしょう。

唇が薄い

弥生時代がルーツになっている男性の唇は、比較的薄いのが特徴です。

上唇にも下唇にも厚みが無い為、あまり唇の印象は残りません。

女性の場合は分厚い唇が魅力的だとも言われますが、男性の場合は、唇が分厚いよりも薄い方が魅力的と感じる女性が多いものです。

自分の唇には厚みがないなと感じている男性は、きっと弥生時代がルーツとなっているのでしょう。

顔の輪郭が丸い

ルーツは顔の輪郭にも特徴が表れています。

弥生時代がルーツとなっている男性の顔の輪郭は、丸くて楕円形をしているのが特徴です。

今でいう卵型のような輪郭でしょう。

ごつごつとした印象がないので、男性らしさは強くない輪郭と言えるでしょう。

逆に縄文時代がルーツとなっている男性の顔の輪郭は、四角のように角ばっているのが特徴です。

顔が大きめの印象を持たれるはずです。

角が無くどちらかというと丸い輪郭をしているという男性は、弥生時代がルーツとなっていると思っていいでしょう。

平坦な顔立ち

弥生時代がルーツの男性の顔は、全体に平坦な顔立ちをしています。

どちらかというと鼻も低く広めで、顔の凹凸が少ないというのが特徴です。

顔全体の彫が浅いので、薄い印象の顔立ちになっています。

反対に、縄文時代がルーツの男性の顔は彫が深い為、とても濃い顔立ちになっているのです。

人から薄い顔だと言われるような、あっさりとした顔立ちの男性は、弥生時代がルーツとなっていると考えてまず間違いないでしょう。

ヒゲ薄い

弥生時代がルーツの男性は、ヒゲが薄いというのも特徴です。

ヒゲが薄いので、顔があっさりとして見えるでしょう。

男性にはヒゲが濃く、剃っても青く剃り跡が残ってしまうような毛深い人もいますが、弥生時代がルーツの男性は、もともと生えているヒゲが薄いのです。

また、ヒゲだけではなく、腕や足などの体毛も薄いのが特徴です。

逆に、ヒゲや体毛が濃い男性は、縄文時代がルーツとなっている男性です。

自分はヒゲも体毛も薄い方だと感じている男性は、弥生時代がルーツと思っていいでしょう。

全体の印象が薄い

弥生時代がルーツの男性の顔は、トータルで見て薄いというのが最大の特徴です。

体毛なども薄く顔立ちもあっさりとした印象なので、男らしさはあまり感じられないかもしれません。

しかし最近は、濃い顔立ちよりも薄い顔立ちの男性の方が女性からの人気が高くなっています。

実際に、人気のある男性芸能人にも、弥生時代がルーツの人がたくさんいます。

自分が弥生時代と縄文時代、どちらがルーツになっているのかは、顔の印象の濃さで判断するのが一番いいでしょう。

あなたはいくつ当てはまりましたか?このように、弥生時代がルーツ男性のとなっている顔の特徴をまとめると、目鼻立ちなどの顔全体のつくりや印象が薄いということになります。

今で言う塩顔男子ということかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-