【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401144706.html
誰にでも優しい男性の特徴

誰にでも優しい男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
誰にでも優しい男性の特徴

誰にでも優しい男性。

あまりいい響きではありませんね。

意地悪よりは数段よいとしても、何となく「いや」な雰囲気も伴います。

しかし、単純に優しいだけであり、とても良い人であるだけ、ということもあります。

こうした人の特徴を見てみましょう。

  • そうすれば好かれると思っている
  • 勇気がなく、注意などができない
  • 博愛的な父親に育てられている
  • 大きな、ネガティブな出来事を克服している
  • 海外の影響がある
  • 耐える力がある
  • 案外嫌われていることもある
  • 8.騙されやすいことがある
  • まとめ

1. そうすれば好かれると思っている

そうすれば好かれると思っている

優しくされることでいやに思う人はそれほどいませんね。

基本的には笑顔や感謝の言葉なども出るでしょう。

そうすると、「優しくしたので好かれたのではないか」とも感じるのが人間です。

これがクセになり、誰にでも優しくなる男性がいます。

2. 勇気がなく、注意などができない

勇気がなく、注意などができない

交際相手や子どもなどについて、好ましくない行動・言動を見たなら、適宜注意やアドバイスをしてあげるのも大人の男性です。

時としてそういったものは相手にいやな感情を起こさせます。

しかし後日になり、親切だったと気づくことがありますね。

常に表面的な優しさだけを見せる男性は、そうした注意などが「できない」だけであり、本当には相手のことを考えていないケースがあるのです。

3. 博愛的な父親に育てられている

博愛的な父親に育てられている

日本ではそう多くありませんが、誰にでもにこやかに接し、親切にするタイプの男性もいます。

こうした親は、息子などを叱ったりする場合でも「このような理由で、こういうことは今後しないように」などと、優しくかつ理路整然と行い、「本当は良いところが沢山あるんだからね」などフォローも欠かしません。

このような父親のもとで育つと、誰にでも優しい博愛的な息子となることも、あります。

ただ、反面教師のようになり「俺は厳しい人間になる」といった方向で成長していく男性もいます。

4. 大きな、ネガティブな出来事を克服している

大きな、ネガティブな出来事を克服している

病気、ケガ、家族の起こしてしまった問題、長期間に渡る困窮など、色々とネガティブな出来事に困り、それを乗り越えた経験を持つ男性もいます。

「え?そんなことが?」と驚くほどのことを抱え、中には事情から隠している男性もいます。

ネガティブな出来事により、世の中を斜に構えたような目で見るようになるか、誰にでも優しくなったりするか、ここは男性の特質がよく現れます。

5. 海外の影響がある

海外の影響がある

国によっては、目に見えて厳しさのある男性や、鋭い眼光を持つ男性などはあまり格好良いとされず、ソフトで優しく、寛大な雰囲気を持つ男性が歓迎されることもあります。

そのような中で生活した経験が長ければ「誰にでも優しい」という印象を、周囲に与えるようになることも考えられます。

6. 耐える力がある

耐える力がある

誰にでも優しくあるためには、少々いやな人であってもその「いやさ」を気にしないなど、色々なことに耐える必要があります。

子どもが激しく泣いてうるさい、などのときでもイライラせず、その状況に耐えられる男性は、誰にでも優しいことがあります。

7. 案外嫌われていることもある

案外嫌われていることもある

「八方美人」という言葉がありますね。

誰にでも優しい人は、そのように表面だけ取り繕っていると捉えられることもあり、実際に優しい人でも、陰口を叩かれたりするものです。

しかし、それでも優しい人であり続けているのならば、本物の優しい男性といえるでしょう。

8.騙されやすいことがある

8.騙されやすいことがある

優しいと、色々なことに寛大にもなりますが、「人を信じる」ことも比較的多くなります。

いわば「性善説(人はもともと良いものだという考え方)」で人を見るからですね。

しかし、この人を信用する姿勢が「騙される」ことにつながり、本人や周囲の人が困ってしまうこともあるのです。

優しさが結果としては不幸を呼んでしまう、そんな不幸なケースもあるものです。

まとめ

誰にでも優しい男性では、一概に良いことか悪いことか、何ともいえませんね。

また女性も、その優しさがどのようなものか、直ぐ見抜けるかといえばこれも難しいケースがありそうです。

とはいえ、幾つかの特徴を考えておけば、その男性が真に優しいのかそうでないのかも、わかりやすくなるでしょう。

また「優しさ」以外の要素との関連も見えてきますね。

誰にでも優しい男性。

あまりいい響きではありませんね。

意地悪よりは数段よいとしても、何となく「いや」な雰囲気も伴います。

しかし、単純に優しいだけであり、とても良い人であるだけ、ということもあります。

こうした人の特徴を見てみましょう。


そうすれば好かれると思っている

優しくされることでいやに思う人はそれほどいませんね。

基本的には笑顔や感謝の言葉なども出るでしょう。

そうすると、「優しくしたので好かれたのではないか」とも感じるのが人間です。

これがクセになり、誰にでも優しくなる男性がいます。

勇気がなく、注意などができない

交際相手や子どもなどについて、好ましくない行動・言動を見たなら、適宜注意やアドバイスをしてあげるのも大人の男性です。

時としてそういったものは相手にいやな感情を起こさせます。

しかし後日になり、親切だったと気づくことがありますね。

常に表面的な優しさだけを見せる男性は、そうした注意などが「できない」だけであり、本当には相手のことを考えていないケースがあるのです。

博愛的な父親に育てられている

日本ではそう多くありませんが、誰にでもにこやかに接し、親切にするタイプの男性もいます。

こうした親は、息子などを叱ったりする場合でも「このような理由で、こういうことは今後しないように」などと、優しくかつ理路整然と行い、「本当は良いところが沢山あるんだからね」などフォローも欠かしません。

このような父親のもとで育つと、誰にでも優しい博愛的な息子となることも、あります。

ただ、反面教師のようになり「俺は厳しい人間になる」といった方向で成長していく男性もいます。

大きな、ネガティブな出来事を克服している

病気、ケガ、家族の起こしてしまった問題、長期間に渡る困窮など、色々とネガティブな出来事に困り、それを乗り越えた経験を持つ男性もいます。

「え?そんなことが?」と驚くほどのことを抱え、中には事情から隠している男性もいます。

ネガティブな出来事により、世の中を斜に構えたような目で見るようになるか、誰にでも優しくなったりするか、ここは男性の特質がよく現れます。

海外の影響がある

国によっては、目に見えて厳しさのある男性や、鋭い眼光を持つ男性などはあまり格好良いとされず、ソフトで優しく、寛大な雰囲気を持つ男性が歓迎されることもあります。

そのような中で生活した経験が長ければ「誰にでも優しい」という印象を、周囲に与えるようになることも考えられます。

耐える力がある

誰にでも優しくあるためには、少々いやな人であってもその「いやさ」を気にしないなど、色々なことに耐える必要があります。

子どもが激しく泣いてうるさい、などのときでもイライラせず、その状況に耐えられる男性は、誰にでも優しいことがあります。

案外嫌われていることもある

「八方美人」という言葉がありますね。

誰にでも優しい人は、そのように表面だけ取り繕っていると捉えられることもあり、実際に優しい人でも、陰口を叩かれたりするものです。

しかし、それでも優しい人であり続けているのならば、本物の優しい男性といえるでしょう。

8.騙されやすいことがある

優しいと、色々なことに寛大にもなりますが、「人を信じる」ことも比較的多くなります。

いわば「性善説(人はもともと良いものだという考え方)」で人を見るからですね。

しかし、この人を信用する姿勢が「騙される」ことにつながり、本人や周囲の人が困ってしまうこともあるのです。

優しさが結果としては不幸を呼んでしまう、そんな不幸なケースもあるものです。

誰にでも優しい男性では、一概に良いことか悪いことか、何ともいえませんね。

また女性も、その優しさがどのようなものか、直ぐ見抜けるかといえばこれも難しいケースがありそうです。

とはいえ、幾つかの特徴を考えておけば、その男性が真に優しいのかそうでないのかも、わかりやすくなるでしょう。

また「優しさ」以外の要素との関連も見えてきますね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-