【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401144657.html
上司の行動からわかる脈ありサイン

上司の行動からわかる脈ありサイン | LADYCO

LADYCO
上司の行動からわかる脈ありサイン

職場の上司に恋愛感情を抱いたり、好意を持ったりすることもあるでしょう。

ここでは、上司のどんな行動が脈ありサインなのか、見ていくことにしましょう。

  • プライベートについての会話が多い
  • 飲み会の時など、近くにポジショニングする
  • 仕事のサポートを積極的にしてくれる
  • 残業につきあってくれる
  • 仕事についてほめる
  • 社内メールの返信が早い
  • まとめ

1. プライベートについての会話が多い

プライベートについての会話が多い

上司が仕事以外の話を積極的にするようなら、脈ありサインの可能性が小さくありません。

たとえば、飲み会の席などで、自分のプライベートに関する話をして、「こんな趣味を楽しんでる」「この間こんなことがあった」というような話をするわけです。

自分の話をするだけでなく、あなたのプライベートについての質問をするようなら、脈ありサインの可能性はさらに大きくなると考えていいでしょう。

「休日はどんなことをしてるの?」とか、「今度の連休はどこか行くの?」「夏休みの予定は?」というような質問をしてくるというのは、あなたに興味や関心がある証拠と考えられます。

さらに、その時に話したことを覚えていて、次の時にあなたの趣味に関することを聞いてきたり、「旅行、楽しかった?」というような質問をする場合は、脈ありの可能性大です。

2. 飲み会の時など、近くにポジショニングする

飲み会の時など、近くにポジショニングする

職場の飲み会やイベントの際に、あなたの近くにポジショニングしようとするのも、上司の脈ありサインと考えていいでしょう。

たとえば、10人ぐらいの飲み会になったとしましょう。

その際、上司があなたに好意を抱いている場合、あなたの隣か顔の見える席を選ぼうとします。

座敷で飲んでいる場合、最初は離れた席に座っても、あなたの近くの人がトイレに立った時に、上司がその席に移動してくるなら、脈あり度は高いと考えていいでしょう。

隣の席はあなたの存在を一番近くで実感することができますし、顔の見え得る席なら、あなたの顔を見て話をすることができます。

そんな席をいつも選ぼうとするなら、上司の脈あり度はかなり高くなります。

3. 仕事のサポートを積極的にしてくれる

仕事のサポートを積極的にしてくれる

上司ですから、部下から仕事のことで相談を受けた場合、サポートするのは当然でしょう。

しかし、こちらから相談してもいないのに、上司のほうから積極的に「仕事でわからないことない?」とか、「困ってることがあったら、遠慮なく相談してね」と言ってくるなら、脈ありサインの可能性があると考えていいでしょう。

そして、あなたが相談した時、ほかの人の時よりもていねいレクチャーしてくれるようなら、あなたを特別視している可能性があります。

4. 残業につきあってくれる

残業につきあってくれる

あなたが残業になった時、「今日は残業?」と確かめ、残業につきあってくれるというのも、上司の脈ありサインの一つです。

残業する部下のことを心配して、それにつきあう上司は少なくありません。

しかし、ほかの人の残業にはつきあわないのに、あなたにはつきあうようなら、脈ありサインの可能性は小さくないでしょう。

あなたのことが心配ということもありますし、できるだけあなたといっしょにいたいという心理が働いている可能性があるのです。

5. 仕事についてほめる

仕事についてほめる

人間、好きな人ができると、その人のことをほめて気に入られたいと思うものでしょう。

とはいっても、上司が部下の容姿についてほめると、セクハラと思われてしまうケースがあるため、そういう話題を避ける上司が少なくありません。

そこで、好きな部下のことをほめたいと思った上司は、その人の仕事についてほめようとするのです。

もし、上司があなたの仕事ぶりについて、ほかの人よりも多くほめるようなら、脈ありサインの可能性があると考えていいでしょう。

6. 社内メールの返信が早い

社内メールの返信が早い

上司に社内メールで連絡や報告をすることもあるでしょう。

その際、上司からのレスポンスがいつも早いようなら、脈ありサインの可能性があります。

もちろん、几帳面な性格で、だれにでもすぐに返信するという上司もいますので、脈ありと決めつけることはできません。

しかし、忙しく仕事をしている時でも、あなたがメールをすると短い時間で返信してくれるようなら、それだけあなたのことを気にかけている証拠と考えていいでしょう。

まとめ

上司の脈ありサインを6種類紹介しました。

気になっている上司の気持ちを推し量るための参考になさってください。

職場の上司に恋愛感情を抱いたり、好意を持ったりすることもあるでしょう。

ここでは、上司のどんな行動が脈ありサインなのか、見ていくことにしましょう。


プライベートについての会話が多い

上司が仕事以外の話を積極的にするようなら、脈ありサインの可能性が小さくありません。

たとえば、飲み会の席などで、自分のプライベートに関する話をして、「こんな趣味を楽しんでる」「この間こんなことがあった」というような話をするわけです。

自分の話をするだけでなく、あなたのプライベートについての質問をするようなら、脈ありサインの可能性はさらに大きくなると考えていいでしょう。

「休日はどんなことをしてるの?」とか、「今度の連休はどこか行くの?」「夏休みの予定は?」というような質問をしてくるというのは、あなたに興味や関心がある証拠と考えられます。

さらに、その時に話したことを覚えていて、次の時にあなたの趣味に関することを聞いてきたり、「旅行、楽しかった?」というような質問をする場合は、脈ありの可能性大です。

飲み会の時など、近くにポジショニングする

職場の飲み会やイベントの際に、あなたの近くにポジショニングしようとするのも、上司の脈ありサインと考えていいでしょう。

たとえば、10人ぐらいの飲み会になったとしましょう。

その際、上司があなたに好意を抱いている場合、あなたの隣か顔の見える席を選ぼうとします。

座敷で飲んでいる場合、最初は離れた席に座っても、あなたの近くの人がトイレに立った時に、上司がその席に移動してくるなら、脈あり度は高いと考えていいでしょう。

隣の席はあなたの存在を一番近くで実感することができますし、顔の見え得る席なら、あなたの顔を見て話をすることができます。

そんな席をいつも選ぼうとするなら、上司の脈あり度はかなり高くなります。

仕事のサポートを積極的にしてくれる

上司ですから、部下から仕事のことで相談を受けた場合、サポートするのは当然でしょう。

しかし、こちらから相談してもいないのに、上司のほうから積極的に「仕事でわからないことない?」とか、「困ってることがあったら、遠慮なく相談してね」と言ってくるなら、脈ありサインの可能性があると考えていいでしょう。

そして、あなたが相談した時、ほかの人の時よりもていねいレクチャーしてくれるようなら、あなたを特別視している可能性があります。

残業につきあってくれる

あなたが残業になった時、「今日は残業?」と確かめ、残業につきあってくれるというのも、上司の脈ありサインの一つです。

残業する部下のことを心配して、それにつきあう上司は少なくありません。

しかし、ほかの人の残業にはつきあわないのに、あなたにはつきあうようなら、脈ありサインの可能性は小さくないでしょう。

あなたのことが心配ということもありますし、できるだけあなたといっしょにいたいという心理が働いている可能性があるのです。

仕事についてほめる

人間、好きな人ができると、その人のことをほめて気に入られたいと思うものでしょう。

とはいっても、上司が部下の容姿についてほめると、セクハラと思われてしまうケースがあるため、そういう話題を避ける上司が少なくありません。

そこで、好きな部下のことをほめたいと思った上司は、その人の仕事についてほめようとするのです。

もし、上司があなたの仕事ぶりについて、ほかの人よりも多くほめるようなら、脈ありサインの可能性があると考えていいでしょう。

社内メールの返信が早い

上司に社内メールで連絡や報告をすることもあるでしょう。

その際、上司からのレスポンスがいつも早いようなら、脈ありサインの可能性があります。

もちろん、几帳面な性格で、だれにでもすぐに返信するという上司もいますので、脈ありと決めつけることはできません。

しかし、忙しく仕事をしている時でも、あなたがメールをすると短い時間で返信してくれるようなら、それだけあなたのことを気にかけている証拠と考えていいでしょう。

上司の脈ありサインを6種類紹介しました。

気になっている上司の気持ちを推し量るための参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-