【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401144651.html
元ヤン男性の特徴

元ヤン男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
元ヤン男性の特徴

一見優しそう・真面目そうに見えるけど、実は元ヤン

そんな男性の特徴には、どんなものがあるのでしょうか?

  • 時おり鋭い眼光を見せる
  • 昔話を武勇伝として語る
  • 睨むと怖い
  • スウェット&サンダルの王道スタイル
  • 派手なアクセサリーを好む
  • 血の気が多い人も多い
  • 上下関係に敏感
  • まとめ

1. 時おり鋭い眼光を見せる

時おり鋭い眼光を見せる

「目は心の窓」とも言われるくらい、瞳にはその人の「人となり」がよく表れるものです。

ふとした瞬間に見せる眼光が異様に鋭いと、元ヤンである可能性は非常に高いと言えます。

特に、気に障った瞬間やキレた時など、怒りが頂点に達した際の目付きには注目です。

普段見せている眼差しとのギャップが強ければ強いほど、元ヤン率は高いでしょう。

2. 昔話を武勇伝として語る

 昔話を武勇伝として語る

若い頃のヤンチャ話を誇らしげに語ることも、元ヤンの人にはよくあります。

加えて、同じ昔話を繰り返すことが多いため、聞かされる方は「またか」とウンザリしてしまいがち。

相手が辟易している様子を察し、止めてくれればまだ良いのですが、「ちゃんと人の話を聞け」といった具合で逆ギレする人も多いです。

また元ヤンだった人は、主に2パターンに分かれます。

「完全に更生し昔と今を切り離している」というパターン、そして「今も元ヤンであることを引きずっている」というパターンです。

昔話を自慢げに語る人の場合、大抵は後者です。

3. 睨むと怖い

睨むと怖い

街中を歩いていると、ガラの悪そうな人とすれ違う瞬間もあるものです。

元ヤンだった男性は、その際にギロッと睨みつけてしまうことが多いです。

これはもはや「習慣」と言っていいでしょう。

「不良っぽい人間を見ると反射的にガンを飛ばす」という、ヤンキー時代の癖が未だに抜けきらないと言えます。

「舐められたらおしまい」といった意識も強いため、悪そうな雰囲気を醸し出す人とすれ違う際は、とりあえずついガンをつけてしまうのです。

4. スウェット&サンダルの王道スタイル

スウェット&サンダルの王道スタイル

ヤンキーの定番ファッションといえば「スウェットパンツ&サンダル」の組み合わせ。

自宅近くのコンビニやスーパーを、スウェットパンツ&サンダルの定番ヤンキースタイルでウロウロしていたら、その男性は元ヤンかもしれません。

職場でピシッとスーツを着こなしていても、プライベートでこうしたファッションを好んでいるとなると、元ヤンだった可能性はかなり高いです。

プライベートでのファッションセンスも、元ヤンかどうかを探る重要な手がかりと言えそうですね。

ちなみにこちらの王道スタイルは、女性の場合においても同様です。

5. 派手なアクセサリーを好む

派手なアクセサリーを好む

ギラギラとした金のアクセサリーは、ヤンキー男性に好まれやすいアイテムのひとつです。

その中でも特に「喜平ネックレス」は人気度が高いようです。

18金のものを付けている人もいれば、金メッキのものを付けている人もいますので、「ネックレスの質」に関しては人それぞれでしょう。

しかし「金のネックレスが大好き」という点は、多くのヤンキー男性に共通していると言えます。

もちろんそれは元ヤンの男性も同様で、ヤンキーから脱却してもなお、金のネックレスを好んで付けていたりします。

とてもわかりやすい特徴と言えるでしょう。

6. 血の気が多い人も多い

血の気が多い人も多い

すぐにキレて、そのうえ暴力まで振るう男性も、高確率で元ヤンと言えそうです。

どちらかというと、「元ヤンキー」ではなく「現役バリバリヤンキー」の男性の方がやりがちな行いかもしれません。

しかし、元ヤン男性は元来血の気が多いため、ヤンキーを止めてからも、ついつい暴力に走ってしまうことがあります。

カッとなって手を出した後、「昔の悪い癖が出た」と落ち込み、自暴自棄になってしまう男性もいます。

7. 上下関係に敏感

上下関係に敏感

最もわかりやすい元ヤン男性の特徴、と言えるのではないでしょうか。

ヤンキーの世界は、基本的に「縦社会」です。

そのため後輩は先輩に従うのが絶対ですし、逆らうことも許されません。

そういった「厳しい上下関係」に強いこだわりを持つことも、元ヤン男性にはありがちです。

ただ、見方によっては「礼儀正しい」とも言えるため、必ずしもマイナス要素とはならないでしょう。

まとめ

身に付けるものや目付き、雰囲気などひとつひとつをよく観察すれば、その男性が元ヤンかどうかをある程度見抜くことができます。

とはいえ、元ヤンだからといって、必ずしも悪い男性とは限りません。

あくまで「元」ですから、過去はどうあれ、今目の前にいる男性の良さを認めてあげるようにしましょう。

一見優しそう・真面目そうに見えるけど、実は元ヤン

そんな男性の特徴には、どんなものがあるのでしょうか?


時おり鋭い眼光を見せる

「目は心の窓」とも言われるくらい、瞳にはその人の「人となり」がよく表れるものです。

ふとした瞬間に見せる眼光が異様に鋭いと、元ヤンである可能性は非常に高いと言えます。

特に、気に障った瞬間やキレた時など、怒りが頂点に達した際の目付きには注目です。

普段見せている眼差しとのギャップが強ければ強いほど、元ヤン率は高いでしょう。

 昔話を武勇伝として語る

若い頃のヤンチャ話を誇らしげに語ることも、元ヤンの人にはよくあります。

加えて、同じ昔話を繰り返すことが多いため、聞かされる方は「またか」とウンザリしてしまいがち。

相手が辟易している様子を察し、止めてくれればまだ良いのですが、「ちゃんと人の話を聞け」といった具合で逆ギレする人も多いです。

また元ヤンだった人は、主に2パターンに分かれます。

「完全に更生し昔と今を切り離している」というパターン、そして「今も元ヤンであることを引きずっている」というパターンです。

昔話を自慢げに語る人の場合、大抵は後者です。

睨むと怖い

街中を歩いていると、ガラの悪そうな人とすれ違う瞬間もあるものです。

元ヤンだった男性は、その際にギロッと睨みつけてしまうことが多いです。

これはもはや「習慣」と言っていいでしょう。

「不良っぽい人間を見ると反射的にガンを飛ばす」という、ヤンキー時代の癖が未だに抜けきらないと言えます。

「舐められたらおしまい」といった意識も強いため、悪そうな雰囲気を醸し出す人とすれ違う際は、とりあえずついガンをつけてしまうのです。

スウェット&サンダルの王道スタイル

ヤンキーの定番ファッションといえば「スウェットパンツ&サンダル」の組み合わせ。

自宅近くのコンビニやスーパーを、スウェットパンツ&サンダルの定番ヤンキースタイルでウロウロしていたら、その男性は元ヤンかもしれません。

職場でピシッとスーツを着こなしていても、プライベートでこうしたファッションを好んでいるとなると、元ヤンだった可能性はかなり高いです。

プライベートでのファッションセンスも、元ヤンかどうかを探る重要な手がかりと言えそうですね。

ちなみにこちらの王道スタイルは、女性の場合においても同様です。

派手なアクセサリーを好む

ギラギラとした金のアクセサリーは、ヤンキー男性に好まれやすいアイテムのひとつです。

その中でも特に「喜平ネックレス」は人気度が高いようです。

18金のものを付けている人もいれば、金メッキのものを付けている人もいますので、「ネックレスの質」に関しては人それぞれでしょう。

しかし「金のネックレスが大好き」という点は、多くのヤンキー男性に共通していると言えます。

もちろんそれは元ヤンの男性も同様で、ヤンキーから脱却してもなお、金のネックレスを好んで付けていたりします。

とてもわかりやすい特徴と言えるでしょう。

血の気が多い人も多い

すぐにキレて、そのうえ暴力まで振るう男性も、高確率で元ヤンと言えそうです。

どちらかというと、「元ヤンキー」ではなく「現役バリバリヤンキー」の男性の方がやりがちな行いかもしれません。

しかし、元ヤン男性は元来血の気が多いため、ヤンキーを止めてからも、ついつい暴力に走ってしまうことがあります。

カッとなって手を出した後、「昔の悪い癖が出た」と落ち込み、自暴自棄になってしまう男性もいます。

上下関係に敏感

最もわかりやすい元ヤン男性の特徴、と言えるのではないでしょうか。

ヤンキーの世界は、基本的に「縦社会」です。

そのため後輩は先輩に従うのが絶対ですし、逆らうことも許されません。

そういった「厳しい上下関係」に強いこだわりを持つことも、元ヤン男性にはありがちです。

ただ、見方によっては「礼儀正しい」とも言えるため、必ずしもマイナス要素とはならないでしょう。

身に付けるものや目付き、雰囲気などひとつひとつをよく観察すれば、その男性が元ヤンかどうかをある程度見抜くことができます。

とはいえ、元ヤンだからといって、必ずしも悪い男性とは限りません。

あくまで「元」ですから、過去はどうあれ、今目の前にいる男性の良さを認めてあげるようにしましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-