【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401144648.html
緊張しすぎて告白できない男性の特徴

緊張しすぎて告白できない男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
緊張しすぎて告白できない男性の特徴

緊張しすぎて異性に告白出来ない。

そんな男性に当てはまる特徴と根拠を一長一短で紹介します。

  • 誠実である
  • 自信がない
  • 交際の経験が少ない
  • 強迫観念に苛まれがちで本番に弱い
  • 責任感がある
  • 変化を恐れている(変化に慣れていない)
  • 告白の時期を見誤りがち
  • 不安が多い
  • 真剣である
  • まとめ

1. 誠実である

誠実である

緊張するのはその本人が重大な局面に立ち会っていると身体で実感しているためです。

異性に告白する際に交際関係が成立するか否かの瀬戸際を重大な局面として感じられることは、誠実であるための一条件とも言えます。

その条件をクリア出来ているという点では誠実であると評価することが出来ます。

2. 自信がない

自信がない

緊張していることを誠実であるとして評することが出来る一方で、緊張しすぎてすべきことが出来ないということは問題視されます。

何故出来ないのか。

まず、告白することによって自分が何を失う可能性があるかを考えていきましょう。

考えられる一つはこれまでの相手との関係です。

もう一つは自尊心です。

それらは「告白してもそれらを失わない・相手を失っても自尊心は失わない・自尊心を失っても立ち直れる」といった自信があれば克服することが出来ます。

そう考えてみると、自信がないと判断できます。

3. 交際の経験が少ない

交際の経験が少ない

考えられる自信がない理由の一つとして経験が少ないことが挙げられます。

考えようによってそれは良し悪しが分かれ、人によって好き嫌いが分かれます。

交際の経験が多い男性と付き合うことに不安を抱く女性もいれば素敵で頼もしいと思う女性も居ます。

それは経験の少ない男性においても然りです。

大抵は男女の関係の有り様を学校で教わることはなく、経験する等して自分で学べなければならないことが多いです。

そのため昨今の家庭にまつわる社会問題に鑑みてもなるべく経験を積み見識を深められていることが望ましいです。

4. 強迫観念に苛まれがちで本番に弱い

強迫観念に苛まれがちで本番に弱い

普段は自信満々で要領も良く、相手との付き合い方も気さくで軽快という人でも、いざここぞという状況にめっぽう弱いという人も居ます。

何故本番に弱いのかを考えてみると、失敗してはならないという強迫感が見えてきます。

成功することだけを考え失敗することを考えたくない人ほど、失敗することを考えた時の強迫観念は強いです。

緊張にも適度な良い緊張と過度な悪い緊張というものがあり、ここぞという時に何も出来なくなるほどの緊張は何としても克服したいものです。

5. 責任感がある

責任感がある

「失敗したくない(してはならない)」という強迫観念があるなら、それは自分を成功に導く責任感を持っているとも評価出来ます。

失敗すると、もちろん自分も苦い思いをしますし、自分だけでなく相手にも苦い思いをさせかねません。

そのことを重く受け止められ、自分で自分を強迫出来るということは責任能力の高さを物語ります。

それは時に「固い」とも言われかねませんが、そんな固さを求めている女性もいます。

6. 変化を恐れている(変化に慣れていない)

変化を恐れている(変化に慣れていない)

状況を積極的に変化させたいと思っているタイプの人は緊張してもお構いなしに告白出来ます。

何故なら成功するにしても失敗するにしても「このままよりは良い」と思えるためです。

それが変化を求めているケースです。

逆に、緊張しすぎてつい告白を遠慮してしまうという人は、心のどこかで変化を恐れているか、変化に慣れておらずなかなか覚悟が決まらないという状態となっていると考えられます。

7. 告白の時期を見誤りがち

告白の時期を見誤りがち

人は多くの場合、先が見えない状況で緊張します。

状況をよく理解し自分と相手のことをよく理解出来てきたのなら、自然と先を見据えられるようにもなってきます。

そうなれば適切な時機が分かり緊張もほぐれてくるものです。

緊張しすぎて告白出来ないという状況に陥りがちということは、不安が残っていて臆しているにもかかわらず告白しようとしてしまっていて、すなわち時機を見誤っている可能性が考えられます。

8. 不安が多い

不安が多い

不安が残る状態で告白しようとしているのは何故かを考えてみると、理由はいくつか考えられますがその一つに「関係を結んで繋ぎ止めておかないと他の誰かの方へ行ってしまいそう」という不安があることを挙げられます。

告白して良くない方向へ転んでしまうのも不安、告白せずに機を掴み損ねるのも不安。

そんな不安の板挟みで身動きが取れなくなりがちです。

9. 真剣である

真剣である

不安が多いということは真剣であることの顕れでもあります。

裏を返せば真剣であることこそ、不安を抱えその板挟みで身動きが取れなくなってしまう原因です。

それは良いことです。

守る価値のある気質と言えるでしょう。

しかし、不安は克服しなければなりません。

不安を抱え、不安を克服し、いざ実行する。

その堅実な一連の流れをつくることが出来て初めてその気質は鋭く光り輝きます。

まとめ

人の心は人によって様々です。

「したいけどしたくない(出来ない)」というジレンマを抱えてしまう状況は尚更複雑な心境です。

前述の例に当てはまらない特例で、過去のトラウマなど何らかの事情を抱えているがために身動きが取れなくなってしまう人も居ます。

緊張しすぎて告白出来ないという状況は決して少なくありません。

男性も女性も多くの人が一度は経験するでしょう。

もしくは経験がなくとも想像は容易いことでしょう。

そこには人間らしさがあります。

それは愛嬌の一つとも言えます。

そして、人の性質は例外なく全てが一長一短で言い表せます。

良くのみ捉えず悪くのみ捉えず、難しくともあらゆる物事の両面性を認識することが大切です。

緊張しすぎて異性に告白出来ない。

そんな男性に当てはまる特徴と根拠を一長一短で紹介します。


誠実である

緊張するのはその本人が重大な局面に立ち会っていると身体で実感しているためです。

異性に告白する際に交際関係が成立するか否かの瀬戸際を重大な局面として感じられることは、誠実であるための一条件とも言えます。

その条件をクリア出来ているという点では誠実であると評価することが出来ます。

自信がない

緊張していることを誠実であるとして評することが出来る一方で、緊張しすぎてすべきことが出来ないということは問題視されます。

何故出来ないのか。

まず、告白することによって自分が何を失う可能性があるかを考えていきましょう。

考えられる一つはこれまでの相手との関係です。

もう一つは自尊心です。

それらは「告白してもそれらを失わない・相手を失っても自尊心は失わない・自尊心を失っても立ち直れる」といった自信があれば克服することが出来ます。

そう考えてみると、自信がないと判断できます。

交際の経験が少ない

考えられる自信がない理由の一つとして経験が少ないことが挙げられます。

考えようによってそれは良し悪しが分かれ、人によって好き嫌いが分かれます。

交際の経験が多い男性と付き合うことに不安を抱く女性もいれば素敵で頼もしいと思う女性も居ます。

それは経験の少ない男性においても然りです。

大抵は男女の関係の有り様を学校で教わることはなく、経験する等して自分で学べなければならないことが多いです。

そのため昨今の家庭にまつわる社会問題に鑑みてもなるべく経験を積み見識を深められていることが望ましいです。

強迫観念に苛まれがちで本番に弱い

普段は自信満々で要領も良く、相手との付き合い方も気さくで軽快という人でも、いざここぞという状況にめっぽう弱いという人も居ます。

何故本番に弱いのかを考えてみると、失敗してはならないという強迫感が見えてきます。

成功することだけを考え失敗することを考えたくない人ほど、失敗することを考えた時の強迫観念は強いです。

緊張にも適度な良い緊張と過度な悪い緊張というものがあり、ここぞという時に何も出来なくなるほどの緊張は何としても克服したいものです。

責任感がある

「失敗したくない(してはならない)」という強迫観念があるなら、それは自分を成功に導く責任感を持っているとも評価出来ます。

失敗すると、もちろん自分も苦い思いをしますし、自分だけでなく相手にも苦い思いをさせかねません。

そのことを重く受け止められ、自分で自分を強迫出来るということは責任能力の高さを物語ります。

それは時に「固い」とも言われかねませんが、そんな固さを求めている女性もいます。

変化を恐れている(変化に慣れていない)

状況を積極的に変化させたいと思っているタイプの人は緊張してもお構いなしに告白出来ます。

何故なら成功するにしても失敗するにしても「このままよりは良い」と思えるためです。

それが変化を求めているケースです。

逆に、緊張しすぎてつい告白を遠慮してしまうという人は、心のどこかで変化を恐れているか、変化に慣れておらずなかなか覚悟が決まらないという状態となっていると考えられます。

告白の時期を見誤りがち

人は多くの場合、先が見えない状況で緊張します。

状況をよく理解し自分と相手のことをよく理解出来てきたのなら、自然と先を見据えられるようにもなってきます。

そうなれば適切な時機が分かり緊張もほぐれてくるものです。

緊張しすぎて告白出来ないという状況に陥りがちということは、不安が残っていて臆しているにもかかわらず告白しようとしてしまっていて、すなわち時機を見誤っている可能性が考えられます。

不安が多い

不安が残る状態で告白しようとしているのは何故かを考えてみると、理由はいくつか考えられますがその一つに「関係を結んで繋ぎ止めておかないと他の誰かの方へ行ってしまいそう」という不安があることを挙げられます。

告白して良くない方向へ転んでしまうのも不安、告白せずに機を掴み損ねるのも不安。

そんな不安の板挟みで身動きが取れなくなりがちです。

真剣である

不安が多いということは真剣であることの顕れでもあります。

裏を返せば真剣であることこそ、不安を抱えその板挟みで身動きが取れなくなってしまう原因です。

それは良いことです。

守る価値のある気質と言えるでしょう。

しかし、不安は克服しなければなりません。

不安を抱え、不安を克服し、いざ実行する。

その堅実な一連の流れをつくることが出来て初めてその気質は鋭く光り輝きます。

人の心は人によって様々です。

「したいけどしたくない(出来ない)」というジレンマを抱えてしまう状況は尚更複雑な心境です。

前述の例に当てはまらない特例で、過去のトラウマなど何らかの事情を抱えているがために身動きが取れなくなってしまう人も居ます。

緊張しすぎて告白出来ないという状況は決して少なくありません。

男性も女性も多くの人が一度は経験するでしょう。

もしくは経験がなくとも想像は容易いことでしょう。

そこには人間らしさがあります。

それは愛嬌の一つとも言えます。

そして、人の性質は例外なく全てが一長一短で言い表せます。

良くのみ捉えず悪くのみ捉えず、難しくともあらゆる物事の両面性を認識することが大切です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-