【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401144633.html
ごめん避けをする男性の特徴

ごめん避けをする男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
ごめん避けをする男性の特徴

ひそかに好意を寄せている男性にぎこちない態度を取られると、「これって、ごめん避け?」と思うこともあるでしょう。

ここではごめん避けをする男性にはどんな特徴があるのか紹介します。

  • 無視することはない
  • 目が合うとあわててそらす
  • グループでいるときはふつうにしている
  • 二人だけになることを避ける
  • 恋愛に関する話を避ける
  • まとめ

1. 無視することはない

無視することはない

ごめん避けをする男性は、相手の女性のことを嫌っているわけではありません。

たとえば、二人がサークル仲間だとしましょう。

その場合、仲間として、友達としては決して嫌いではないけれど、残念ながら恋愛対象としては見られないというのが、ごめん避けする男性の心理です。

ですから、その女性から話しかけられたり、あいさつされたときに、それを無視するということはありません。

話しかけられれば、ふつうに話に応じますし、「おはよう」とあいさつされれば、笑顔であいさつを返すのです。

嫌い避けの場合は、聞こえないふりして無視することもありますが、ごめん避けではそのようなことはないと考えていいでしょう。

2. 目が合うとあわててそらす

目が合うとあわててそらす

嫌い避けの場合は、相手の男性と目が合うということはまずないでしょう。

嫌いな女性のことを見ることはないのですから、こちらが男性に視線を送っても、相手がこちらを見ることがほとんどないからです。

ごめん避けの場合は違います。

相手の男性は別にこちらを嫌っているわけではありません。

「気持ちに応えられなくてごめん」という意識をもっているため、こちらのことを気にしていると考えていいでしょう。

そのため、目が合うということがよくあるのです。

ポイントは目が合った時の態度。

ごめん避けの男性は、自分が相手の女性に好意をもっていると勘違いされることをもっとも嫌います。

目が合った時、にっこり微笑んだりすると、そういう勘違いをされるリスクは高くなるでしょう。

それを避けるため、目が合うとあわててそらすのが、ごめん避けする男性の特徴なのです。

3. グループでいるときはふつうにしている

グループでいるときはふつうにしている

相手の女性に対して嫌悪感を抱いているわけではないのが、ごめん避けする男性ですから、グループでいるときは、別に避けようとはしません。

たとえば、会社の同僚数名で飲み会をするとしましょう。

その中の1人の女性にごめん避けをしている場合、いっしょに飲み会をすることに抵抗感を持つことはありません。

ふつうに飲み会に参加し、ふつうに会話するのです。

好き避けや嫌い避けの場合は、できるだけ相手男性と話をしないようにするものですが、ごめん避けの場合は、特に相手を避けることなく、ふつうに会話すると考えていいでしょう。

4. 二人だけになることを避ける

二人だけになることを避ける

グループならOKですが、二人だけになることはNGなのが、ごめん避けをする男性の特徴といっていいでしょう。

二人きりになると、相手の好意と正面から向き合うことになってしまいます。

相手の女性は、二人きりになったことをチャンスととらえ、告白してくるかもしれません。

ごめん避けする男性にとって、告白されることはぜったいに避けたいもの。

「ごめん」と断らざるをえないからです。

たとえば、好意を寄せている男性に「一緒にランチ行かない?」と誘った時、「○○さんも誘って3人で行こうよ」というような答えが返ってきたら、ごめん避けの可能性が高いと考えていいでしょう。

5. 恋愛に関する話を避ける

恋愛に関する話を避ける

グループで飲食をしている時には、ふつうに話をするという話を先ほどしましたが、ただし、恋愛に関する話は避けようとするのが、ごめん避けする男性の特徴です。

相手の女性が好意をもっていることを知っていて、それに対して「ごめん」という意識を持っているため、その女性と恋愛の話をすることが苦痛に感じられるからです。

ほかの人が恋愛の話を始めると、別の話題に変えようとするのが、ごめん避けをする男性の特徴ということになるでしょう。

まとめ

ごめん避けする男性の特徴を5種類紹介しました。

好き避けや嫌い避けとの違いを正確に見極めるのはなかなかむずかしいものですが、彼の気持ちをさぐるための参考になさってください。

ひそかに好意を寄せている男性にぎこちない態度を取られると、「これって、ごめん避け?」と思うこともあるでしょう。

ここではごめん避けをする男性にはどんな特徴があるのか紹介します。


無視することはない

ごめん避けをする男性は、相手の女性のことを嫌っているわけではありません。

たとえば、二人がサークル仲間だとしましょう。

その場合、仲間として、友達としては決して嫌いではないけれど、残念ながら恋愛対象としては見られないというのが、ごめん避けする男性の心理です。

ですから、その女性から話しかけられたり、あいさつされたときに、それを無視するということはありません。

話しかけられれば、ふつうに話に応じますし、「おはよう」とあいさつされれば、笑顔であいさつを返すのです。

嫌い避けの場合は、聞こえないふりして無視することもありますが、ごめん避けではそのようなことはないと考えていいでしょう。

目が合うとあわててそらす

嫌い避けの場合は、相手の男性と目が合うということはまずないでしょう。

嫌いな女性のことを見ることはないのですから、こちらが男性に視線を送っても、相手がこちらを見ることがほとんどないからです。

ごめん避けの場合は違います。

相手の男性は別にこちらを嫌っているわけではありません。

「気持ちに応えられなくてごめん」という意識をもっているため、こちらのことを気にしていると考えていいでしょう。

そのため、目が合うということがよくあるのです。

ポイントは目が合った時の態度。

ごめん避けの男性は、自分が相手の女性に好意をもっていると勘違いされることをもっとも嫌います。

目が合った時、にっこり微笑んだりすると、そういう勘違いをされるリスクは高くなるでしょう。

それを避けるため、目が合うとあわててそらすのが、ごめん避けする男性の特徴なのです。

グループでいるときはふつうにしている

相手の女性に対して嫌悪感を抱いているわけではないのが、ごめん避けする男性ですから、グループでいるときは、別に避けようとはしません。

たとえば、会社の同僚数名で飲み会をするとしましょう。

その中の1人の女性にごめん避けをしている場合、いっしょに飲み会をすることに抵抗感を持つことはありません。

ふつうに飲み会に参加し、ふつうに会話するのです。

好き避けや嫌い避けの場合は、できるだけ相手男性と話をしないようにするものですが、ごめん避けの場合は、特に相手を避けることなく、ふつうに会話すると考えていいでしょう。

二人だけになることを避ける

グループならOKですが、二人だけになることはNGなのが、ごめん避けをする男性の特徴といっていいでしょう。

二人きりになると、相手の好意と正面から向き合うことになってしまいます。

相手の女性は、二人きりになったことをチャンスととらえ、告白してくるかもしれません。

ごめん避けする男性にとって、告白されることはぜったいに避けたいもの。

「ごめん」と断らざるをえないからです。

たとえば、好意を寄せている男性に「一緒にランチ行かない?」と誘った時、「○○さんも誘って3人で行こうよ」というような答えが返ってきたら、ごめん避けの可能性が高いと考えていいでしょう。

恋愛に関する話を避ける

グループで飲食をしている時には、ふつうに話をするという話を先ほどしましたが、ただし、恋愛に関する話は避けようとするのが、ごめん避けする男性の特徴です。

相手の女性が好意をもっていることを知っていて、それに対して「ごめん」という意識を持っているため、その女性と恋愛の話をすることが苦痛に感じられるからです。

ほかの人が恋愛の話を始めると、別の話題に変えようとするのが、ごめん避けをする男性の特徴ということになるでしょう。

ごめん避けする男性の特徴を5種類紹介しました。

好き避けや嫌い避けとの違いを正確に見極めるのはなかなかむずかしいものですが、彼の気持ちをさぐるための参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-