【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401144630.html
承認欲求が強い男性の特徴

承認欲求が強い男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
承認欲求が強い男性の特徴

「承認欲求」という言葉を聞いたことがありますか?

周囲に認められたいという自然な気持ちですが、行き過ぎると周りにウザがられたり、人間関係に問題を抱えてしまうことも。

交際初期は、そんなところもかわいく思えるかもしれませんが、だんだんと付き合いきれなくなってくる. なんてこともあるので要注意です。

この記事では、そんな承認欲求が強い男性の特徴をまとめてみました。

参考にしてみてください。

  • 自分の話が多い
  • さみしがり屋
  • とにかく同意してほしい
  • 実は自信がない
  • 頑張りが長続きしない
  • 言い訳が多い
  • まとめ

1. 自分の話が多い

自分の話が多い

会話はキャッチボールなんてよく言われます。

どちらかが一方的に話しているだけでは、会話とは言えませんね。

でも、承認欲求の強い人はどうしても自分の話を相手に聞いてもらいたいばかりに、会話を独占しがち。

「すごいね!」と褒めてもらえるとご機嫌ですが、こちらがあまり相手にしないとスネたりして大変。

かといって、自分が相手の話を聞くのは苦手な人が多いようです。

2. さみしがり屋

さみしがり屋

承認欲求が強い人は、「周囲に認められたい、必要とされたい」という気持ちが多いので、一人でいることが苦手な場合が多いです。

誰かと一緒にいて、だれかが自分を評価してくれることによって、自分に自信を持てるのです。

これには育った環境なども大きく影響している場合があります。

両親が共働きなどで、子供時代に一人で食事をすることが多かった人などは、その反動から大人になって一人でいることに恐怖のようなものを感じることも。

3. とにかく同意してほしい

とにかく同意してほしい

人の意見は十人十色なので、いろいろな意見が存在し、時には意見が分かれることもあるのですが、承認欲求の強い人は意見の食い違いがとても苦手。

「そうだね」とか「わかるよ」と言ってもらえると承認欲求が満たされるため安心しますが、「私はそうは思わないな」なんて言う反応が返ってくると不安を覚え、その不安が苛立ちとなって現れることも。

意見が違うというだけなのに、自分自身を否定されたように感じてしまうのです。

4. 実は自信がない

実は自信がない

それなりに友達がたくさんいて、自分の話も積極的にする。

そんな承認欲求の強い人は、一見自信家のように見えますが、実はその行動は自信のなさの裏返し。

自信がないからこそ、いつも誰かと一緒にいないと落ち着かないし、誰かに認めてもらうことで自分に自信をつけようとしているのです。

でも、自分自身も自分に自信がないことに気づいていなかったり。

5. 頑張りが長続きしない

頑張りが長続きしない

仕事でも勉強でも、褒められたい!という一心でものすごく頑張ることができるのが、承認欲求の強い人の特徴です。

「すごいね!頑張ったね!」と言ってもらいたいからこそ、そんな力が湧いてくるのです。

いわゆる「褒められると伸びるタイプ」です。

でも、本当に自分がやりたいことではなく、他人の目を気にして頑張っているだけなので、その頑張りがなかなか長続きしません。

6. 言い訳が多い

言い訳が多い

自分が思ったようにうまくできなかった時、失敗してしまったときに素直になれないのも、承認欲求の強い人の特徴です。

「○○(他人)のせいでこうなってしまった」「やりたくないのに、無理やりやらされた」なんて言い訳をして、自分に非があることは認めることができません。

体調が悪いときに、大げさにアピールするのも、失敗した時に言い訳ができるように安全策を講じているから。

素直に「ごめん」と言えば済む話なのに、それがとても難しいのです。

まとめ

あなたの周りにも、こんな承認欲求の強い男性はいませんか?

ある程度なら、だれでもそういう欲求があるものですが、過剰だと困りモノですよね。

承認欲求が強すぎる人の中には、心に闇を抱えている場合もありますが、それに付き合っていると、だんだんこちらも疲れてきてしまうので要注意です。

「承認欲求」という言葉を聞いたことがありますか?

周囲に認められたいという自然な気持ちですが、行き過ぎると周りにウザがられたり、人間関係に問題を抱えてしまうことも。

交際初期は、そんなところもかわいく思えるかもしれませんが、だんだんと付き合いきれなくなってくる. なんてこともあるので要注意です。

この記事では、そんな承認欲求が強い男性の特徴をまとめてみました。

参考にしてみてください。


自分の話が多い

会話はキャッチボールなんてよく言われます。

どちらかが一方的に話しているだけでは、会話とは言えませんね。

でも、承認欲求の強い人はどうしても自分の話を相手に聞いてもらいたいばかりに、会話を独占しがち。

「すごいね!」と褒めてもらえるとご機嫌ですが、こちらがあまり相手にしないとスネたりして大変。

かといって、自分が相手の話を聞くのは苦手な人が多いようです。

さみしがり屋

承認欲求が強い人は、「周囲に認められたい、必要とされたい」という気持ちが多いので、一人でいることが苦手な場合が多いです。

誰かと一緒にいて、だれかが自分を評価してくれることによって、自分に自信を持てるのです。

これには育った環境なども大きく影響している場合があります。

両親が共働きなどで、子供時代に一人で食事をすることが多かった人などは、その反動から大人になって一人でいることに恐怖のようなものを感じることも。

とにかく同意してほしい

人の意見は十人十色なので、いろいろな意見が存在し、時には意見が分かれることもあるのですが、承認欲求の強い人は意見の食い違いがとても苦手。

「そうだね」とか「わかるよ」と言ってもらえると承認欲求が満たされるため安心しますが、「私はそうは思わないな」なんて言う反応が返ってくると不安を覚え、その不安が苛立ちとなって現れることも。

意見が違うというだけなのに、自分自身を否定されたように感じてしまうのです。

実は自信がない

それなりに友達がたくさんいて、自分の話も積極的にする。

そんな承認欲求の強い人は、一見自信家のように見えますが、実はその行動は自信のなさの裏返し。

自信がないからこそ、いつも誰かと一緒にいないと落ち着かないし、誰かに認めてもらうことで自分に自信をつけようとしているのです。

でも、自分自身も自分に自信がないことに気づいていなかったり。

頑張りが長続きしない

仕事でも勉強でも、褒められたい!という一心でものすごく頑張ることができるのが、承認欲求の強い人の特徴です。

「すごいね!頑張ったね!」と言ってもらいたいからこそ、そんな力が湧いてくるのです。

いわゆる「褒められると伸びるタイプ」です。

でも、本当に自分がやりたいことではなく、他人の目を気にして頑張っているだけなので、その頑張りがなかなか長続きしません。

言い訳が多い

自分が思ったようにうまくできなかった時、失敗してしまったときに素直になれないのも、承認欲求の強い人の特徴です。

「○○(他人)のせいでこうなってしまった」「やりたくないのに、無理やりやらされた」なんて言い訳をして、自分に非があることは認めることができません。

体調が悪いときに、大げさにアピールするのも、失敗した時に言い訳ができるように安全策を講じているから。

素直に「ごめん」と言えば済む話なのに、それがとても難しいのです。

あなたの周りにも、こんな承認欲求の強い男性はいませんか?

ある程度なら、だれでもそういう欲求があるものですが、過剰だと困りモノですよね。

承認欲求が強すぎる人の中には、心に闇を抱えている場合もありますが、それに付き合っていると、だんだんこちらも疲れてきてしまうので要注意です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-