【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401143338.html
貧乏育ちの男性の特徴

貧乏育ちの男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
貧乏育ちの男性の特徴

貧乏育ちの男性かどうかを知るにはこれからご紹介する特徴を知っておくと便利です。

彼氏や夫、男友達で確認してみて下さい。

  • いつか使うかもしれないと思うと物を捨てられない
  • ご飯を残さず綺麗に食べる
  • 古い住まいでも気にせず快適であればいい
  • 家電製品やインテリアを無駄に買い替えない
  • どのお店が安いかしっかり調べてから買い物をする
  • 金持ちの人にコンプレックスや悪意を持っている
  • まとめ

1. いつか使うかもしれないと思うと物を捨てられない

いつか使うかもしれないと思うと物を捨てられない

貧乏育ちの男性は物持ちが良く簡単には物を捨てません。

いつか使うかもしれないと思うと捨てるのはもったいないと思いますし、時間があればとっておいたもので違う何かを作り出したりもして見せます。

物を活かそうとするのが子供の頃からの習慣となっており、試行錯誤してスキルを積んできたこともあって手先も器用でアイデアも豊富です。

一緒に暮らしていると荷物が多くて困りますが実際に助かることもあります。

2. ご飯を残さず綺麗に食べる

ご飯を残さず綺麗に食べる

貧乏育ちの男性はご飯を残すなんてもったいないと考えることも多いのではないでしょうか。

食べられることへの感謝を忘れませんし、いいものしか食べたくないなどというこだわりもほぼありません。

作る方としては何でも美味しそうに食べ尽くしてくれるので気持ちのいい男性です。

ただ、美味しいくてもイマイチでも同じように綺麗に食べられてしまい、「何でもいいんじゃないか?

と不満に思う女性もいるのではないでしょうか。

3. 古い住まいでも気にせず快適であればいい

古い住まいでも気にせず快適であればいい

古い住まいでも気にせず快適であればいいと思うことができるのは貧乏育ちだからでしょう。

見た目が古くても広めなら満足できたり、リフォームされていて一見古そうに見えないなら築年数なんて全く気にしないということもあります。

見た目以上にただ快適であればいいというタイプなので、家選びも苦労せずスムーズにいくのではないでしょうか。

ただし、彼女や妻とは意見が合わないという心配はあります。

4. 家電製品やインテリアを無駄に買い替えない

家電製品やインテリアを無駄に買い替えない

貧乏育ちの男性はひとつのものがボロボロになるまで大切に愛用し続ける傾向があります。

特に家電製品やインテリアなどといった高価なものは無駄に買い替えたりしません。

壊れてもいないのに捨てたり人にあげたりするなんてもったいないと考えます。

また、そんな男性ですから知り合いからもらえる機会があれば遠慮せずもらってそれも同じように大切にすることができます。

一緒に過ごしているとエコを学べますし価値観が影響されてきそうです。

5. どのお店が安いかしっかり調べてから買い物をする

どのお店が安いかしっかり調べてから買い物をする

貧乏育ちの男性はほしい物を咄嗟に買って後悔することを嫌い、買う前にどのお店が安いかや内容量がどちらの方が多いかなどをしっかり調べた上で買い物をします。

そのため、普段からお店や商品を見る目が厳しく目がこえています。

価格だけではなくポイントが付いて最終的にいくらになるとか、何月頃ならセールをするだろうなどと予想することも可能です。

セコいと思われることもありますが立派な倹約家で見習いたい部分でもあります。

6. 金持ちの人にコンプレックスや悪意を持っている

金持ちの人にコンプレックスや悪意を持っている

貧乏育ちの男性の多くは自分の育ちにコンプレックスを持って育ちます。

また、金持ちの人に対して「親が金持ちだからってだけだろ!」とか「調子にのるな!」などと悪意を持っている男性も少なくはありません。

もちろんみながそれに当てはまるとは言いませんが、心のどこかで貧乏に嫌気がさしているのを隠そうとしながら生きているところはあるのではないでしょうか。

だからこそお金を大切にもできますし、貧乏人の苦労もよくわかってあげることができるのです。

まとめ

貧乏育ちの男性はたまに独特のお金へのこだわりを見せて周りを驚かせたりひかせてしまうこともあります。

そんな自分が嫌で惨めに思っている男性もいることでしょう。

しかし、こんな男性から学ぶべき部分は多くありますし、苦労してきたからこそ生活力や忍耐力が優れていて尊敬できる一面もあります。

貧乏育ちを馬鹿にはできません。

貧乏育ちの男性かどうかを知るにはこれからご紹介する特徴を知っておくと便利です。

彼氏や夫、男友達で確認してみて下さい。


いつか使うかもしれないと思うと物を捨てられない

貧乏育ちの男性は物持ちが良く簡単には物を捨てません。

いつか使うかもしれないと思うと捨てるのはもったいないと思いますし、時間があればとっておいたもので違う何かを作り出したりもして見せます。

物を活かそうとするのが子供の頃からの習慣となっており、試行錯誤してスキルを積んできたこともあって手先も器用でアイデアも豊富です。

一緒に暮らしていると荷物が多くて困りますが実際に助かることもあります。

ご飯を残さず綺麗に食べる

貧乏育ちの男性はご飯を残すなんてもったいないと考えることも多いのではないでしょうか。

食べられることへの感謝を忘れませんし、いいものしか食べたくないなどというこだわりもほぼありません。

作る方としては何でも美味しそうに食べ尽くしてくれるので気持ちのいい男性です。

ただ、美味しいくてもイマイチでも同じように綺麗に食べられてしまい、「何でもいいんじゃないか?

と不満に思う女性もいるのではないでしょうか。

古い住まいでも気にせず快適であればいい

古い住まいでも気にせず快適であればいいと思うことができるのは貧乏育ちだからでしょう。

見た目が古くても広めなら満足できたり、リフォームされていて一見古そうに見えないなら築年数なんて全く気にしないということもあります。

見た目以上にただ快適であればいいというタイプなので、家選びも苦労せずスムーズにいくのではないでしょうか。

ただし、彼女や妻とは意見が合わないという心配はあります。

家電製品やインテリアを無駄に買い替えない

貧乏育ちの男性はひとつのものがボロボロになるまで大切に愛用し続ける傾向があります。

特に家電製品やインテリアなどといった高価なものは無駄に買い替えたりしません。

壊れてもいないのに捨てたり人にあげたりするなんてもったいないと考えます。

また、そんな男性ですから知り合いからもらえる機会があれば遠慮せずもらってそれも同じように大切にすることができます。

一緒に過ごしているとエコを学べますし価値観が影響されてきそうです。

どのお店が安いかしっかり調べてから買い物をする

貧乏育ちの男性はほしい物を咄嗟に買って後悔することを嫌い、買う前にどのお店が安いかや内容量がどちらの方が多いかなどをしっかり調べた上で買い物をします。

そのため、普段からお店や商品を見る目が厳しく目がこえています。

価格だけではなくポイントが付いて最終的にいくらになるとか、何月頃ならセールをするだろうなどと予想することも可能です。

セコいと思われることもありますが立派な倹約家で見習いたい部分でもあります。

金持ちの人にコンプレックスや悪意を持っている

貧乏育ちの男性の多くは自分の育ちにコンプレックスを持って育ちます。

また、金持ちの人に対して「親が金持ちだからってだけだろ!」とか「調子にのるな!」などと悪意を持っている男性も少なくはありません。

もちろんみながそれに当てはまるとは言いませんが、心のどこかで貧乏に嫌気がさしているのを隠そうとしながら生きているところはあるのではないでしょうか。

だからこそお金を大切にもできますし、貧乏人の苦労もよくわかってあげることができるのです。

貧乏育ちの男性はたまに独特のお金へのこだわりを見せて周りを驚かせたりひかせてしまうこともあります。

そんな自分が嫌で惨めに思っている男性もいることでしょう。

しかし、こんな男性から学ぶべき部分は多くありますし、苦労してきたからこそ生活力や忍耐力が優れていて尊敬できる一面もあります。

貧乏育ちを馬鹿にはできません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-