【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401143311.html
結婚に悩む男性の特徴

結婚に悩む男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
結婚に悩む男性の特徴

結婚になかなか踏み切れないという男性には、どのような特徴があるのでしょうか。

結婚に悩む男性の特徴を紹介します。

  • まだまだ独身を楽しみたい
  • 責任を負いたくはない
  • まだ半人前だと思っている
  • 親とうまくやっていけるのか
  • 結婚の決め手がない
  • 恋愛と結婚は違う
  • もっといい女性がいるかも
  • 結婚前提だった彼女がいる
  • まとめ

1. まだまだ独身を楽しみたい

まだまだ独身を楽しみたい

まだ独身を楽しんで自分の収入を自分だけで使いたいと思っている間は、結婚はできません。

共働きをするとしても、結婚をすればどうしても男性の負担割合は大きくなるため、自分のお小遣いも減ってしまいます。

子供も生まれればますます自分の時間やお小遣いは減りますし、休日も家族のために時間を費やすことになります。

自由の少ない生活にはがまんができずまだ独身を楽しみたいという人は結婚に悩んでしまいます。

2. 責任を負いたくはない

責任を負いたくはない

結婚をすると男性には相手を養うという責任がつきまといます。

共働きの予定でも、男性が受けるプレッシャーは大きなものです。

プロポーズのあとの結婚の報告も、女性の両親に挨拶しにいくのは勇気が必要です。

そういった結婚までのプロセスには面倒なことがつきものです。

結婚をすると親戚づきあいも倍になりますので、人間関係が広がります。

その責任や付き合いが面倒だと思っていると、結婚は難しいです。

3. まだ半人前だと思っている

まだ半人前だと思っている

今より収入が増えたり出世をしたら結婚をしたいけれど、現時点ではまだ不十分だと思っていると結婚できません。

自分の中でもその目標値がいまいち分かっていないため、正直どこまで頑張れば結婚できるかも定かではありません。

明確な目標をたてて行動しないことには、いつまでも結婚に悩み続けて決断はできそうにありません。

4. 親とうまくやっていけるのか

親とうまくやっていけるのか

今付き合っている彼女がいても、結婚に悩むのは自分の親と彼女がうまくいくかという不安を抱えているからです。

結婚したら男性側の両親との付き合いは増えますので、特に母親と彼女が良い関係を築けないことにはトラブルの原因にもなりかねません。

離婚の大きな原因として義理の親との関係の悪化がありますので、特に慎重になりがちです。

付き合っている彼女が親と仲良くできそうか確認するまでは結婚も難しいです。

5. 結婚の決め手がない

結婚の決め手がない

結婚をいつかしたいと思っていても、そのきっかけとなるような出来事がないと結婚を決断しづらいものです。

「これだ!」という決め手やきっかけがあればそのタイミングで結婚を決意することもできます。

ですが何となく長く付き合っているから結婚というのは嫌だと思っていると、いつまでもプロポーズできずにだらだらと付き合っていくことにもなります。

6. 恋愛と結婚は違う

恋愛と結婚は違う

彼女と楽しい恋愛をしていても、結婚は実際問題ですので現実になった時にうまくいくかはわかりません。

恋愛する相手としてはふさわしくても結婚向きではない彼女と付き合っていると、恋愛と結婚を同次元で考えることができません。

そのため結婚したい相手と付き合わないことには、結婚できなくなってしまいます。

7. もっといい女性がいるかも

もっといい女性がいるかも

自分の理想が高すぎると、結婚に悩んでしまいます。

もっと自分の希望通りの女性がいるのではないかと思ってしまうと、適当な所で妥協できなくなり結婚に踏み切ることができません。

そうやって悩んでいるうちに自分も年を取ってしまって、理想の相手を探すこと自体が難しくなっていくことにも気付いていません。

現実的に相手を見つけようと思わない限り、結婚に悩んでばかりで前へ進むことはできません。

8. 結婚前提だった彼女がいる

結婚前提だった彼女がいる

かつて結婚を考えていた彼女と、ひどい別れたをした経験があると結婚に悩んでしまいます。

自分の中ではその別れた彼女が一番だったため、その彼女を上回る人ではないと結婚できません。

また同じように破談になることも怖いため、結婚という選択ができなくなっています。

まとめ

結婚に悩む男性というのは、結婚を重く深く考えるすぎる傾向にあります。

案ずるより産むが易しとも言いますし、堅苦しく考えすぎてしまうと結婚をするのは難しくなってしまいますね。

結婚になかなか踏み切れないという男性には、どのような特徴があるのでしょうか。

結婚に悩む男性の特徴を紹介します。


まだまだ独身を楽しみたい

まだ独身を楽しんで自分の収入を自分だけで使いたいと思っている間は、結婚はできません。

共働きをするとしても、結婚をすればどうしても男性の負担割合は大きくなるため、自分のお小遣いも減ってしまいます。

子供も生まれればますます自分の時間やお小遣いは減りますし、休日も家族のために時間を費やすことになります。

自由の少ない生活にはがまんができずまだ独身を楽しみたいという人は結婚に悩んでしまいます。

責任を負いたくはない

結婚をすると男性には相手を養うという責任がつきまといます。

共働きの予定でも、男性が受けるプレッシャーは大きなものです。

プロポーズのあとの結婚の報告も、女性の両親に挨拶しにいくのは勇気が必要です。

そういった結婚までのプロセスには面倒なことがつきものです。

結婚をすると親戚づきあいも倍になりますので、人間関係が広がります。

その責任や付き合いが面倒だと思っていると、結婚は難しいです。

まだ半人前だと思っている

今より収入が増えたり出世をしたら結婚をしたいけれど、現時点ではまだ不十分だと思っていると結婚できません。

自分の中でもその目標値がいまいち分かっていないため、正直どこまで頑張れば結婚できるかも定かではありません。

明確な目標をたてて行動しないことには、いつまでも結婚に悩み続けて決断はできそうにありません。

親とうまくやっていけるのか

今付き合っている彼女がいても、結婚に悩むのは自分の親と彼女がうまくいくかという不安を抱えているからです。

結婚したら男性側の両親との付き合いは増えますので、特に母親と彼女が良い関係を築けないことにはトラブルの原因にもなりかねません。

離婚の大きな原因として義理の親との関係の悪化がありますので、特に慎重になりがちです。

付き合っている彼女が親と仲良くできそうか確認するまでは結婚も難しいです。

結婚の決め手がない

結婚をいつかしたいと思っていても、そのきっかけとなるような出来事がないと結婚を決断しづらいものです。

「これだ!」という決め手やきっかけがあればそのタイミングで結婚を決意することもできます。

ですが何となく長く付き合っているから結婚というのは嫌だと思っていると、いつまでもプロポーズできずにだらだらと付き合っていくことにもなります。

恋愛と結婚は違う

彼女と楽しい恋愛をしていても、結婚は実際問題ですので現実になった時にうまくいくかはわかりません。

恋愛する相手としてはふさわしくても結婚向きではない彼女と付き合っていると、恋愛と結婚を同次元で考えることができません。

そのため結婚したい相手と付き合わないことには、結婚できなくなってしまいます。

もっといい女性がいるかも

自分の理想が高すぎると、結婚に悩んでしまいます。

もっと自分の希望通りの女性がいるのではないかと思ってしまうと、適当な所で妥協できなくなり結婚に踏み切ることができません。

そうやって悩んでいるうちに自分も年を取ってしまって、理想の相手を探すこと自体が難しくなっていくことにも気付いていません。

現実的に相手を見つけようと思わない限り、結婚に悩んでばかりで前へ進むことはできません。

結婚前提だった彼女がいる

かつて結婚を考えていた彼女と、ひどい別れたをした経験があると結婚に悩んでしまいます。

自分の中ではその別れた彼女が一番だったため、その彼女を上回る人ではないと結婚できません。

また同じように破談になることも怖いため、結婚という選択ができなくなっています。

結婚に悩む男性というのは、結婚を重く深く考えるすぎる傾向にあります。

案ずるより産むが易しとも言いますし、堅苦しく考えすぎてしまうと結婚をするのは難しくなってしまいますね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-