【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401143308.html
結婚が遅い男性の特徴

結婚が遅い男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
結婚が遅い男性の特徴

晩婚化している社会において男性がアラサー、アラフォーで独身というのは珍しくなくなってきました。

結婚が遅い男性の特徴とは一体どんなところでしょう。

  • 自分の生活サイクルを変えたくない
  • 仕事優先なリアリスト
  • 料理や掃除、洗濯が苦にならない主婦力高め系
  • 強いコンプレックスがあり弱みを見せるのが苦手
  • 男同士のつきあいを大切にしたいと考えている
  • 兄弟や両親など身近な人に離婚経験者がいる
  • まとめ

1. 自分の生活サイクルを変えたくない

自分の生活サイクルを変えたくない

結婚が遅い男性はまず自分の生活スタイルに対して強いこだわりを持っています。

何時に起床して何時に帰宅して、という具合に社会人になってからそのライフスタイルがすっかり染みついているのです。

そのため新たな生活サイクルや結婚相手のペースになってしまうのが嫌だと懸念しているのです。

柔軟な性格ではないので新たなことを受け入れにくいのです。

そうした葛藤があり独身で居続けることに焦りを感じなくなり、気づけば同期で結婚していないのは自分だけというお一人様の男性となってしまうのです。

2. 仕事優先なリアリスト

仕事優先なリアリスト

仕事を優先しがちなところも婚期を逃してしまう原因になっています。

結婚が遅い男性は手を抜く、楽をするということを苦手としており、常に最高レベルの仕事をこなしたいと考えています。

完璧主義者の傾向があります。

また手を抜けないということはそれだけ生真面目な特徴もあります。

まわりからはもう少し肩の力を抜いてもとアドバイスされることもありますが、結婚が遅い男性はまわりの声を重視しません。

しかしそういったリアリストのおかげもあり、窓際族となったり能力が低いことでのリストラは少ないのです。

3. 料理や掃除、洗濯が苦にならない主婦力高め系

料理や掃除、洗濯が苦にならない主婦力高め系

料理や掃除、選択など家事を苦に思わないのも結婚が遅くなってしまう一つです。

一般的な男性より気が細やかで手先も器用なため、凝った料理を週末は手作りしたりお風呂場のカビを落とすために奮闘したりと女子力というより、最早主婦力が高いのです。

逆に結婚をして奥さんがキャリアウーマンで家事が苦手だという場合、結婚が遅い男性は主夫になることも選択しに入ってくるでしょう。

結婚が遅い男性は友人に料理をふるまうことが好きなので、パーティーや飲み会の場所として自宅を提供することもあり、さみしいと思う隙がないのです。

4. 強いコンプレックスがあり弱みを見せるのが苦手

強いコンプレックスがあり弱みを見せるのが苦手

強いコンプレックスが婚期を遅くしているケースもあります。

自分に自信がない男性も多い中で、結婚が遅い男性の場合それが極端になります。

それを一切相手に見せたくない恐怖から、結婚に前向きでないお一人様を満喫しがちです。

けれど年老いてコンプレックスを解消したり気にならなくなったら結婚するなど、結婚に対しては理想が高いのです。

女性の仕事、出産といった人生のプランより自分を優先してしまうのです。

そのため結婚した場合十以上年下などのケースも目立ちます。

5. 男同士のつきあいを大切にしたいと考えている

男同士のつきあいを大切にしたいと考えている

結婚が遅い男性は男同士の付き合いを大切にしたいと考えているので、女性との交際をおろそかにしがちです。

また仕事関係などの飲み会や集まりでもしっかりと顔を出すタイプなので、仕事では対人関係に困ることはあまりありません。

またお一人様ということで飲み会の終わりまで残っているという特徴もあります。

幹事も任されることも多めです。

6. 兄弟や両親など身近な人に離婚経験者がいる

兄弟や両親など身近な人に離婚経験者がいる

結婚に対して否定的になっている場合、結婚が遅い男性の兄弟や両親に離婚経験者がいることも特徴でしょう。

結婚に対して一切ロマンを抱いてなく、結婚の大変さやすれ違いといったトラブルにばかり目を向けてしまっているのです。

順風満帆な結婚生活をイメージできないことが婚期を遅らせているのです。

しかし、いざ結婚してみるともっと早くにしておけばよかったとあっさりポジティブになることもあるのです。

まとめ

結婚が遅い男性はお一人様に不自由していない、結婚に不向きだと自己診断しているのが特徴的です。

仕事人間の傾向があるのです。

晩婚化している社会において男性がアラサー、アラフォーで独身というのは珍しくなくなってきました。

結婚が遅い男性の特徴とは一体どんなところでしょう。


自分の生活サイクルを変えたくない

結婚が遅い男性はまず自分の生活スタイルに対して強いこだわりを持っています。

何時に起床して何時に帰宅して、という具合に社会人になってからそのライフスタイルがすっかり染みついているのです。

そのため新たな生活サイクルや結婚相手のペースになってしまうのが嫌だと懸念しているのです。

柔軟な性格ではないので新たなことを受け入れにくいのです。

そうした葛藤があり独身で居続けることに焦りを感じなくなり、気づけば同期で結婚していないのは自分だけというお一人様の男性となってしまうのです。

仕事優先なリアリスト

仕事を優先しがちなところも婚期を逃してしまう原因になっています。

結婚が遅い男性は手を抜く、楽をするということを苦手としており、常に最高レベルの仕事をこなしたいと考えています。

完璧主義者の傾向があります。

また手を抜けないということはそれだけ生真面目な特徴もあります。

まわりからはもう少し肩の力を抜いてもとアドバイスされることもありますが、結婚が遅い男性はまわりの声を重視しません。

しかしそういったリアリストのおかげもあり、窓際族となったり能力が低いことでのリストラは少ないのです。

料理や掃除、洗濯が苦にならない主婦力高め系

料理や掃除、選択など家事を苦に思わないのも結婚が遅くなってしまう一つです。

一般的な男性より気が細やかで手先も器用なため、凝った料理を週末は手作りしたりお風呂場のカビを落とすために奮闘したりと女子力というより、最早主婦力が高いのです。

逆に結婚をして奥さんがキャリアウーマンで家事が苦手だという場合、結婚が遅い男性は主夫になることも選択しに入ってくるでしょう。

結婚が遅い男性は友人に料理をふるまうことが好きなので、パーティーや飲み会の場所として自宅を提供することもあり、さみしいと思う隙がないのです。

強いコンプレックスがあり弱みを見せるのが苦手

強いコンプレックスが婚期を遅くしているケースもあります。

自分に自信がない男性も多い中で、結婚が遅い男性の場合それが極端になります。

それを一切相手に見せたくない恐怖から、結婚に前向きでないお一人様を満喫しがちです。

けれど年老いてコンプレックスを解消したり気にならなくなったら結婚するなど、結婚に対しては理想が高いのです。

女性の仕事、出産といった人生のプランより自分を優先してしまうのです。

そのため結婚した場合十以上年下などのケースも目立ちます。

男同士のつきあいを大切にしたいと考えている

結婚が遅い男性は男同士の付き合いを大切にしたいと考えているので、女性との交際をおろそかにしがちです。

また仕事関係などの飲み会や集まりでもしっかりと顔を出すタイプなので、仕事では対人関係に困ることはあまりありません。

またお一人様ということで飲み会の終わりまで残っているという特徴もあります。

幹事も任されることも多めです。

兄弟や両親など身近な人に離婚経験者がいる

結婚に対して否定的になっている場合、結婚が遅い男性の兄弟や両親に離婚経験者がいることも特徴でしょう。

結婚に対して一切ロマンを抱いてなく、結婚の大変さやすれ違いといったトラブルにばかり目を向けてしまっているのです。

順風満帆な結婚生活をイメージできないことが婚期を遅らせているのです。

しかし、いざ結婚してみるともっと早くにしておけばよかったとあっさりポジティブになることもあるのです。

結婚が遅い男性はお一人様に不自由していない、結婚に不向きだと自己診断しているのが特徴的です。

仕事人間の傾向があるのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-