【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401143241.html
貧乏育ちの人にありがちなコンプレックス

貧乏育ちの人にありがちなコンプレックス | LADYCO

LADYCO
貧乏育ちの人にありがちなコンプレックス

貧乏育ちの人は独特のコンプレックスを抱えながらそれを隠して生きています。

どんなコンプレックスを持っているのでしょうか。

  • ちょっと高級なだけでご馳走に感じてしまう
  • 人の家に招かれると居心地が悪くて緊張してしまう
  • 共稼ぎの親に対して抵抗がある
  • 働き者の恋人や結婚相手が欲しいと思っている
  • 習い事の経験や資格をいくつも持っている人が羨ましい
  • 親の遺産はあてにならないので貯金に励む
  • まとめ

1. ちょっと高級なだけでご馳走に感じてしまう

ちょっと高級なだけでご馳走に感じてしまう

貧乏育ちの人は高級な料理にそれほど慣れていません。

ですから、ちょっと高級なだけでご馳走に感じてしまい、高いメニューを避けて安いメニューをオーダーしてしまうことがあります。

そんな人なので友達や恋人と外食をした際に舞い上がってしまって相手をひかせてしまうことがあります。

「○○ってこんな味なんだ!」と素で言ってしまうとちょっと無邪気で可愛いと思わせますが、貧乏を隠そうとして隠し切れずについガツガツ食べてしまう人もいて受ける印象は相手次第です。

2. 人の家に招かれると居心地が悪くて緊張してしまう

人の家に招かれると居心地が悪くて緊張してしまう

人の家に招かれると居心地が悪くて緊張してしまうのは貧乏してきたせいかもしれません。

誰しも自分の生活してきた風景や雰囲気を基準として居住空間のイメージを作ります。

貧乏してきたならそれほど広くもなく新しくもない住まいだったと想像できますが、人の家に招かれて天井が高い綺麗なリビングや高価そうなインテリアを目の当たりにするとうまくくつろぐことができずに落ち着かないなんてこともあります。

3. 共稼ぎの親に対して抵抗がある

共稼ぎの親に対して抵抗がある

貧乏してきたなら親も必死で毎日の生活費を稼いでいた可能性があります。

そのせいで幼少期は寂しい思いをしてきたという人も多いでしょう。

そんな人は共稼ぎの親というものに抵抗を感じているため、自分が結婚した際は専業主婦になりたいと思ったり家事や育児中心の妻が欲しいと願ったりします。

または貧乏への恐怖から働き者となって家計を支えようとする妻もいるでしょう。

内心共稼ぎに対して思うことがあっても貧乏よりはいいと考えたりします。

4. 働き者の恋人や結婚相手が欲しいと思っている

働き者の恋人や結婚相手が欲しいと思っている

働き者の恋人や結婚相手が欲しいと思うこともあります。

それは、働かない父親のせいで貧乏生活を送ってきたからという場合もありますし、今はよくても数年後にどうなるかわからないものだという認識でいるせいしょう。

貧乏育ちの人は今の暮らしだけではなく将来への不安も抱えていることが多いので、恋人や結婚相手を選ぶ際には安定した仕事であるかどうかや仕事を続けそうな人かどうかも見ています。

5. 習い事の経験や資格をいくつも持っている人が羨ましい

習い事の経験や資格をいくつも持っている人が羨ましい

貧乏育ちの人は習い事も満足にやらせてもらえず、資格を取るためのお金ももったいないので本当に必要なものしか挑戦できなかったという場合もあり、それらにコンプレックスを持っていることがあります。

ですから、周りに習い事の経験が豊富でいろいろとできることの多い人がいたりすると羨ましく思いますし、資格をたくさん持っている人に対しては敗北感を感じて競い合おうとしないことがあります。

6. 親の遺産はあてにならないので貯金に励む

親の遺産はあてにならないので貯金に励む

貧乏育ちの人は親の遺産もあてにはしません。

そもそも遺産を残せるほどの親ならそこまで貧乏な生活を強いられることはなかったはずなので、あてにしたってきっとそれほど期待できるものは残らないはずです。

親には苦労させられたという思いが強く、お金以外の精神的な面においても心が離れてしまう場合もあります。

そのため、若いうちから貯金に励み、貧乏を繰り返さないように自分の幸せをお金とともに築こうとします。

まとめ

貧乏育ちの人はお金に対するコンプレックスが強く、言動や見た目から貧乏だったことがばれないように隠そうとしながら生きていることが多いものです。

しかし、ふとした時にボロが出て周りの人に「そんなに驚くこと?」とか「初めてなの?」と同情されてしまうこともあり、コンプレックスがさらに大きくなってしまうことがあります。

子は親を選べないので切ないことですが、コンプレックスがある人間は強くなれると信じたいものです。

貧乏育ちの人は独特のコンプレックスを抱えながらそれを隠して生きています。

どんなコンプレックスを持っているのでしょうか。


ちょっと高級なだけでご馳走に感じてしまう

貧乏育ちの人は高級な料理にそれほど慣れていません。

ですから、ちょっと高級なだけでご馳走に感じてしまい、高いメニューを避けて安いメニューをオーダーしてしまうことがあります。

そんな人なので友達や恋人と外食をした際に舞い上がってしまって相手をひかせてしまうことがあります。

「○○ってこんな味なんだ!」と素で言ってしまうとちょっと無邪気で可愛いと思わせますが、貧乏を隠そうとして隠し切れずについガツガツ食べてしまう人もいて受ける印象は相手次第です。

人の家に招かれると居心地が悪くて緊張してしまう

人の家に招かれると居心地が悪くて緊張してしまうのは貧乏してきたせいかもしれません。

誰しも自分の生活してきた風景や雰囲気を基準として居住空間のイメージを作ります。

貧乏してきたならそれほど広くもなく新しくもない住まいだったと想像できますが、人の家に招かれて天井が高い綺麗なリビングや高価そうなインテリアを目の当たりにするとうまくくつろぐことができずに落ち着かないなんてこともあります。

共稼ぎの親に対して抵抗がある

貧乏してきたなら親も必死で毎日の生活費を稼いでいた可能性があります。

そのせいで幼少期は寂しい思いをしてきたという人も多いでしょう。

そんな人は共稼ぎの親というものに抵抗を感じているため、自分が結婚した際は専業主婦になりたいと思ったり家事や育児中心の妻が欲しいと願ったりします。

または貧乏への恐怖から働き者となって家計を支えようとする妻もいるでしょう。

内心共稼ぎに対して思うことがあっても貧乏よりはいいと考えたりします。

働き者の恋人や結婚相手が欲しいと思っている

働き者の恋人や結婚相手が欲しいと思うこともあります。

それは、働かない父親のせいで貧乏生活を送ってきたからという場合もありますし、今はよくても数年後にどうなるかわからないものだという認識でいるせいしょう。

貧乏育ちの人は今の暮らしだけではなく将来への不安も抱えていることが多いので、恋人や結婚相手を選ぶ際には安定した仕事であるかどうかや仕事を続けそうな人かどうかも見ています。

習い事の経験や資格をいくつも持っている人が羨ましい

貧乏育ちの人は習い事も満足にやらせてもらえず、資格を取るためのお金ももったいないので本当に必要なものしか挑戦できなかったという場合もあり、それらにコンプレックスを持っていることがあります。

ですから、周りに習い事の経験が豊富でいろいろとできることの多い人がいたりすると羨ましく思いますし、資格をたくさん持っている人に対しては敗北感を感じて競い合おうとしないことがあります。

親の遺産はあてにならないので貯金に励む

貧乏育ちの人は親の遺産もあてにはしません。

そもそも遺産を残せるほどの親ならそこまで貧乏な生活を強いられることはなかったはずなので、あてにしたってきっとそれほど期待できるものは残らないはずです。

親には苦労させられたという思いが強く、お金以外の精神的な面においても心が離れてしまう場合もあります。

そのため、若いうちから貯金に励み、貧乏を繰り返さないように自分の幸せをお金とともに築こうとします。

貧乏育ちの人はお金に対するコンプレックスが強く、言動や見た目から貧乏だったことがばれないように隠そうとしながら生きていることが多いものです。

しかし、ふとした時にボロが出て周りの人に「そんなに驚くこと?」とか「初めてなの?」と同情されてしまうこともあり、コンプレックスがさらに大きくなってしまうことがあります。

子は親を選べないので切ないことですが、コンプレックスがある人間は強くなれると信じたいものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-