【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401141834.html
恋に恋する男性の特徴

恋に恋する男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
恋に恋する男性の特徴

ロマンティックな恋愛をしたいと学生時代に誰もが一度は思ったことがあるでしょう。

けれど大人になっても恋愛に夢見がちな男性も多いのです。

恋に恋する男性の特徴を挙げてみましょう。

  • ナルシストで自信家
  • 自分語りが大好き
  • 恋愛を語る割には恋愛経験は乏しい
  • 相手へのチェックが厳しく恋愛未満が多い
  • 映画をおひとりさまで鑑賞するのが好き
  • 婚期は遅れ気味だが女性への気遣いはパーフェクト
  • まとめ

1. ナルシストで自信家

ナルシストで自信家

恋に恋する男性はナルシストの傾向があります。

つまり他人より自分が可愛いと思っている自己愛が強いタイプです。

また実際に容姿が優れていたり仕事が順調だったり高学歴だったりと自慢するポイントを持っていることが珍しくありません。

つまり、まわりに褒められて煽てられたことで、自信家になってしまったのです。

そのため、こんなにハイスペックな自分が恋愛するなら相応しい相手でないといけないと妥協せず、恋に恋し続けることで常に優越感を得ようとしています。

2. 自分語りが大好き

自分語りが大好き

自分のことを他人に話すのが大好きなのも恋に恋する男性の特徴です。

一般的には自分語りはあまり周囲に好まれないため、自慢をしてもすぐに自虐したり、平凡アピールをしようとしますが、恋に恋する男性の場合自分について語り出したら止まりません。

うんざりされてても気にしないのは、他人の気持ちより自分の気持ちを大切にしているからです。

まわりからのお世辞やよいしょに気づかない男性もいます。

周囲からはチョロいと低く評価されてしまうこともありますが、恋に恋する男性にはネガティブキャンペーンは馬耳東風です。

3. 恋愛を語る割には恋愛経験は乏しい

恋愛を語る割には恋愛経験は乏しい

人の恋愛話にアドバイスをしたり忠告をしていかにも経験豊富に見せていても、恋に恋する男性の場合、リアルでの恋愛経験は少なめです。

けれど恋愛話にすぐ口出ししてしまうのは、恋愛話が好きだからです。

女性同士の会話にも参加することにさほど抵抗がありません。

夢や理想を語ることが生きがいになっているケースもあります。

しかし恋に恋する男性の恋愛のお手本は、主に映画やドラマ、小説、漫画といった創作物からの知識です。

そのため本気で悩んでいる相手からは、焦点が違うと呆れられてしまうこともあります。

4. 相手へのチェックが厳しく恋愛未満が多い

相手へのチェックが厳しく恋愛未満が多い

恋に恋する男性に恋人がなかなかできないのは、相手へのチェックの厳しさにあります。

つまりナルシストで俺様タイプになりやすい男性としては、恋愛相手に相応しい相手じゃないと告白されても首を縦に振りません。

モテていてもそれが実を結ばないのです。

友達以上恋愛未満になりがちです。

女性から複数回アプローチされてようやく態度を軟化させることもあります。

キープとして女性を何人か侍らすこともありますが、結局は女性側がタイムリミットと感じ離れてしまいます。

まさに愛するよりも、愛されたい、尽くされたいタイプなのです。

5. 映画をおひとりさまで鑑賞するのが好き

映画をおひとりさまで鑑賞するのが好き

映画をおひとりさまで鑑賞することに抵抗がないのが恋に恋する男性の特徴です。

なぜかというと映画館に足を運ぶ回数が比較的多く、そのたびに友人や彼女未満の相手を誘うことができず、いつの間にか感覚が変わっていったのです。

恋に恋する男性が好きなのはやはり恋愛映画です。

話題の映画には洋画、邦画関わらず食いつきます。

そのため若い女性との会話に困ることはなく、男性よりも女性といることが多いでしょう。

同性からは僻まれることもありますが、一見すると仕事場ではチヤホヤされたり、人気者になることも珍しくありません。

6. 婚期は遅れ気味だが女性への気遣いはパーフェクト

婚期は遅れ気味だが女性への気遣いはパーフェクト

恋愛経験が少ないことが裏目に出ると、現実に直面した時に逃避しがちになります。

しかし恋愛に夢を抱いているので実際付き合ったら、真面目、記念日を大切にするといった特徴もあります。

ただ、恋に恋する男性は婚期が遅くなりやすいです。

まとめ

女性に比べて現実重視の男性が多い中、恋に恋する男性は見方によっては女性の理解者にもなります。

ただナルシスト、自意識過剰過ぎるとその女性にも愛想をつかれてしまうこともあるでしょう。

ロマンティックな恋愛をしたいと学生時代に誰もが一度は思ったことがあるでしょう。

けれど大人になっても恋愛に夢見がちな男性も多いのです。

恋に恋する男性の特徴を挙げてみましょう。


ナルシストで自信家

恋に恋する男性はナルシストの傾向があります。

つまり他人より自分が可愛いと思っている自己愛が強いタイプです。

また実際に容姿が優れていたり仕事が順調だったり高学歴だったりと自慢するポイントを持っていることが珍しくありません。

つまり、まわりに褒められて煽てられたことで、自信家になってしまったのです。

そのため、こんなにハイスペックな自分が恋愛するなら相応しい相手でないといけないと妥協せず、恋に恋し続けることで常に優越感を得ようとしています。

自分語りが大好き

自分のことを他人に話すのが大好きなのも恋に恋する男性の特徴です。

一般的には自分語りはあまり周囲に好まれないため、自慢をしてもすぐに自虐したり、平凡アピールをしようとしますが、恋に恋する男性の場合自分について語り出したら止まりません。

うんざりされてても気にしないのは、他人の気持ちより自分の気持ちを大切にしているからです。

まわりからのお世辞やよいしょに気づかない男性もいます。

周囲からはチョロいと低く評価されてしまうこともありますが、恋に恋する男性にはネガティブキャンペーンは馬耳東風です。

恋愛を語る割には恋愛経験は乏しい

人の恋愛話にアドバイスをしたり忠告をしていかにも経験豊富に見せていても、恋に恋する男性の場合、リアルでの恋愛経験は少なめです。

けれど恋愛話にすぐ口出ししてしまうのは、恋愛話が好きだからです。

女性同士の会話にも参加することにさほど抵抗がありません。

夢や理想を語ることが生きがいになっているケースもあります。

しかし恋に恋する男性の恋愛のお手本は、主に映画やドラマ、小説、漫画といった創作物からの知識です。

そのため本気で悩んでいる相手からは、焦点が違うと呆れられてしまうこともあります。

相手へのチェックが厳しく恋愛未満が多い

恋に恋する男性に恋人がなかなかできないのは、相手へのチェックの厳しさにあります。

つまりナルシストで俺様タイプになりやすい男性としては、恋愛相手に相応しい相手じゃないと告白されても首を縦に振りません。

モテていてもそれが実を結ばないのです。

友達以上恋愛未満になりがちです。

女性から複数回アプローチされてようやく態度を軟化させることもあります。

キープとして女性を何人か侍らすこともありますが、結局は女性側がタイムリミットと感じ離れてしまいます。

まさに愛するよりも、愛されたい、尽くされたいタイプなのです。

映画をおひとりさまで鑑賞するのが好き

映画をおひとりさまで鑑賞することに抵抗がないのが恋に恋する男性の特徴です。

なぜかというと映画館に足を運ぶ回数が比較的多く、そのたびに友人や彼女未満の相手を誘うことができず、いつの間にか感覚が変わっていったのです。

恋に恋する男性が好きなのはやはり恋愛映画です。

話題の映画には洋画、邦画関わらず食いつきます。

そのため若い女性との会話に困ることはなく、男性よりも女性といることが多いでしょう。

同性からは僻まれることもありますが、一見すると仕事場ではチヤホヤされたり、人気者になることも珍しくありません。

婚期は遅れ気味だが女性への気遣いはパーフェクト

恋愛経験が少ないことが裏目に出ると、現実に直面した時に逃避しがちになります。

しかし恋愛に夢を抱いているので実際付き合ったら、真面目、記念日を大切にするといった特徴もあります。

ただ、恋に恋する男性は婚期が遅くなりやすいです。

女性に比べて現実重視の男性が多い中、恋に恋する男性は見方によっては女性の理解者にもなります。

ただナルシスト、自意識過剰過ぎるとその女性にも愛想をつかれてしまうこともあるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-