【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401141758.html
チャレンジ精神がない、長いものに巻かれる、消極的などビビりな男性の特徴

チャレンジ精神がない、長いものに巻かれる、消極的などビビりな男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
チャレンジ精神がない、長いものに巻かれる、消極的などビビりな男性の特徴

一般的に女性は男性に対して、頼りがいや堂々とした態度などの男らしさを求めるものです。

いざという時に守ってほしいというのが女性の本音です。

しかし世の中、そのような頼りになる男性ばかりではありません。

できれば避けたい、ビビりな男性の特徴です。

  • チャレンジ精神がない
  • 長いものに巻かれる
  • 消極的
  • 周りの目を気にしすぎる
  • おばけや虫が怖い
  • 優柔不断
  • 他人に依存する
  • まとめ

1. チャレンジ精神がない

チャレンジ精神がない

今の状況をよりよくしようという気持ちがなく、現状に満足しがちな傾向があります。

失敗を何より恐れているため、少しでもリスクのあることは避けようとします。

こういう男性は、変化に弱く、新しいことに対応することも苦手なので、能力を十分に発揮できません。

仕事で成功を収めたり、出世とは程遠いでしょう。

新しいことに挑戦する気持ち、すなわち向上心が低いというわけです。

恋愛する相手としては、避けておきたいタイプです。

2. 長いものに巻かれる

長いものに巻かれる

目上の人を敬うのはいいですが、それが過剰だったり、間違っていることに対してはっきりと拒絶できないのは問題です。

そういう性格の男性は、権力者や上司の意見を優先するため、友人や同僚、そして部下からの信頼もありません。

また、家庭を築いて義実家との板挟みになった場合、妻と両親、どちらを優先するかは想像に難くないですね。

3. 消極的

消極的

ビビりな男性はけして自分から行動しようとはしません。

周りに促されたり、相手の動きを見て初めて行動に移すといった具合です。

積極性に欠けるので、恋愛関係になることも少ないです。

万が一そうなってしまった場合も、進展がなくイライラさせられてしまいます。

決断力のある女性や、しきりたがりの女性にはいいかもしれません。

しっかりリーダーシップをとっていくという意思がなければ、お付き合いするのはお勧めできないタイプです。

4. 周りの目を気にしすぎる

周りの目を気にしすぎる

ビビりの男性はけして目立つような行動は取りません。

周りにどう思われているかが一番重要です。

自分の欲求や意見を我慢するだけならかまいませんが、付き合ってる女性の意見を後回しにされたのではたまりませんね。

周りの目ばかり気にしているのでは、尊重されないのでは大切にされていると感じることはできません。

5. おばけや虫が怖い

おばけや虫が怖い

臆病なのもその特徴です。

ある意味可愛いですが、できれば男性にはしっかり対応してほしいシチュエーションです。

苦手なものがあることは仕方がないですが、女性の前では強がりでもいいので、怖くないそぶりを見せてほしいものです。

そういう気概がないということは、やはり自分は大切にされてないのか、優先されていないのかと、不安に思うことが増えてしまいます。

6. 優柔不断

優柔不断

自分に自信がないために、決断できない人もいます。

優柔不断というわけです。

即決できなくても、熟考し理論立てて決断できればよいのですが、それができないのは単純にビビりだからですね。

こういう男性は一緒にいてイライラさせられることが多くなってしまいます。

7. 他人に依存する

他人に依存する

自分で決断することが怖いビビりな性格ですから、他人の意見を優先してしまいます。

本人にとっても楽ですから、それが続いてしまうわけです。

その積み重ねで、他人の決断にゆだねる、つまり他人に依存することが普通になってしまいます。

他人に依存する問題点は、相手に多くを望み、望んだことに対し相手が答えてくれないとイライラしたりストレスになることです。

依存した関係は、結果的に相手も自分も苦しむ状況を産みます。

まとめ

女性が強くなったせいもあるのか、ビビりな男性が増えてきました。

ビビりな男性は見た目では分からないため、早い段階で態度や行動から見破ることが重要です。

また、ビビりと言われないために、自覚し変わろうと決意することが重要です。

ビビりな男性はまず最初の一歩として、勇気を持ってみてください。

一般的に女性は男性に対して、頼りがいや堂々とした態度などの男らしさを求めるものです。

いざという時に守ってほしいというのが女性の本音です。

しかし世の中、そのような頼りになる男性ばかりではありません。

できれば避けたい、ビビりな男性の特徴です。


チャレンジ精神がない

今の状況をよりよくしようという気持ちがなく、現状に満足しがちな傾向があります。

失敗を何より恐れているため、少しでもリスクのあることは避けようとします。

こういう男性は、変化に弱く、新しいことに対応することも苦手なので、能力を十分に発揮できません。

仕事で成功を収めたり、出世とは程遠いでしょう。

新しいことに挑戦する気持ち、すなわち向上心が低いというわけです。

恋愛する相手としては、避けておきたいタイプです。

長いものに巻かれる

目上の人を敬うのはいいですが、それが過剰だったり、間違っていることに対してはっきりと拒絶できないのは問題です。

そういう性格の男性は、権力者や上司の意見を優先するため、友人や同僚、そして部下からの信頼もありません。

また、家庭を築いて義実家との板挟みになった場合、妻と両親、どちらを優先するかは想像に難くないですね。

消極的

ビビりな男性はけして自分から行動しようとはしません。

周りに促されたり、相手の動きを見て初めて行動に移すといった具合です。

積極性に欠けるので、恋愛関係になることも少ないです。

万が一そうなってしまった場合も、進展がなくイライラさせられてしまいます。

決断力のある女性や、しきりたがりの女性にはいいかもしれません。

しっかりリーダーシップをとっていくという意思がなければ、お付き合いするのはお勧めできないタイプです。

周りの目を気にしすぎる

ビビりの男性はけして目立つような行動は取りません。

周りにどう思われているかが一番重要です。

自分の欲求や意見を我慢するだけならかまいませんが、付き合ってる女性の意見を後回しにされたのではたまりませんね。

周りの目ばかり気にしているのでは、尊重されないのでは大切にされていると感じることはできません。

おばけや虫が怖い

臆病なのもその特徴です。

ある意味可愛いですが、できれば男性にはしっかり対応してほしいシチュエーションです。

苦手なものがあることは仕方がないですが、女性の前では強がりでもいいので、怖くないそぶりを見せてほしいものです。

そういう気概がないということは、やはり自分は大切にされてないのか、優先されていないのかと、不安に思うことが増えてしまいます。

優柔不断

自分に自信がないために、決断できない人もいます。

優柔不断というわけです。

即決できなくても、熟考し理論立てて決断できればよいのですが、それができないのは単純にビビりだからですね。

こういう男性は一緒にいてイライラさせられることが多くなってしまいます。

他人に依存する

自分で決断することが怖いビビりな性格ですから、他人の意見を優先してしまいます。

本人にとっても楽ですから、それが続いてしまうわけです。

その積み重ねで、他人の決断にゆだねる、つまり他人に依存することが普通になってしまいます。

他人に依存する問題点は、相手に多くを望み、望んだことに対し相手が答えてくれないとイライラしたりストレスになることです。

依存した関係は、結果的に相手も自分も苦しむ状況を産みます。

女性が強くなったせいもあるのか、ビビりな男性が増えてきました。

ビビりな男性は見た目では分からないため、早い段階で態度や行動から見破ることが重要です。

また、ビビりと言われないために、自覚し変わろうと決意することが重要です。

ビビりな男性はまず最初の一歩として、勇気を持ってみてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-