【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401141734.html
辛気臭い男性の特徴

辛気臭い男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
辛気臭い男性の特徴

ネガティブで、周囲まで暗くしてしまう辛気臭い男性。

恋愛関係になることはおろか、できれば関わることすら遠慮したいタイプですよね。

しかし、どうしても関わりを持たないといけない場面というのがあります。

そんな辛気臭い男性とうまく付き合うために、また辛気臭い男にならないために、彼らの特徴を理解してみましょう。

  • 無表情
  • 無口
  • イライラして文句ばかり言う
  • すぐに諦めてしまう
  • 悲観的
  • 自己評価が低い
  • 批判的な思考
  • まとめ

1. 無表情

無表情

辛気臭い男性の特徴として無表情で笑顔か少ないということがあります。

笑顔でいれば少なくとも見た目は明るく見えますよね。

自然と周りに人も集まってくるでしょうが、暗く笑顔の少ない男性は、人を遠ざけてしまいます。

女性と違って男性の場合、少し怖い印象を与えてしまうこともあります。

目つきが悪い男性も同じです。

2. 無口

無口

寡黙な男はかっこいいですが、会話が成り立たず話がはずまなくては、一緒にいて楽しくはありません。

暗いイメージを相手に与えてしまいます。

また、相手と壁を作っているように受け止められてしまいます。

もしあなたが男性で、話すのが苦手なタイプでしたら、無理に多弁になる必要はありません。

適度な相槌を打つなど、聞き手にまわるのがいいでしょう。

堂々としていて、話を受け止めてくれる器の大きな男性と思われること間違いなしです。

口数が少なくても辛気臭いとは思われないはずです。

3. イライラして文句ばかり言う

イライラして文句ばかり言う

イライラしているというのは、なにかに対して不平不満があるという状態です。

そのストレスの元を解決できればいいのですが、そういう性分の場合難しいものです。

また、その不平不満を口に出すということは、自分中心主義ということでもあります。

文句を受け止める側はたまったものじゃありませんから、相手のことを全く考えていない自分だけよければいいという考えなんですね。

4. すぐに諦めてしまう

すぐに諦めてしまう

何事も始める前から悲観的だったり、悪い結果ばかり想像してしまう人がいます。

結果がどうであれ、一生懸命頑張る姿からはパワーをもらえますが、逆はマイナスなエネルギーしか生み出しません。

それが一緒に仕事をする相手の場合など、実際に結果に悪い影響が出てしまうと大迷惑ですよね。

自分が相手の分も頑張らなければいけなくなったり、できればお近づきになりたくはないタイプです。

5. 悲観的

悲観的

悪い方向にしか考えられない人は、人を暗い気持ちにさせてしまうネガティブな発言も多くなってしまいます。

ネガティブな発言をずっと聞いていると、一緒にいる方もネガティブで嫌な気持ちになってしまいます。

最初のうちこそ慰めてあげたり励ましてあげたりしますが、そのうち愛想を尽かされてしまいます。

悪い感情は周囲の人に感染していくものですから、辛気臭い男性が一人いるだけで空気が悪くなってしまいます。

6. 自己評価が低い

自己評価が低い

控え目だったり、自分に対して厳しいのはいいことですが、必要以上に自分を卑下したり、自虐したりする人がいます。

周りはそんな人に対してイライラしてしまうという悪循環が生まれます。

自己評価が低すぎる人と一緒にいても、自分の成長にもなりませんから、そんな人の周辺から人は離れていくでしょう。

また、自信のなさは、表情などにも表れていくものです。

自信なさげな暗い表情をしている人は周りに敬遠されてしまいます。

7. 批判的な思考

批判的な思考

何事にもケチをつけたがる人がいます。

斜に構えていたり、シニカルな態度が他人とは一味違う個性と履き違えているんですね。

正当な批判には、それなりの理由や根拠が必要です。

それもなしに批判するのは、単なるケチをつけているだけです。

他人をほめることなく、一方的に批判ばかりしているのでは、周りの空気を悪くしてしまいます。

まとめ

辛気臭い男性は、結果として周りに悪影響を与えてしまうことが多いです。

辛気臭い性分となると、本人が自覚して努力する以外、なかなかそれを改善することは難しいです。

できれば早めに見極めて、距離を置くことをお勧めします。

ネガティブで、周囲まで暗くしてしまう辛気臭い男性。

恋愛関係になることはおろか、できれば関わることすら遠慮したいタイプですよね。

しかし、どうしても関わりを持たないといけない場面というのがあります。

そんな辛気臭い男性とうまく付き合うために、また辛気臭い男にならないために、彼らの特徴を理解してみましょう。


無表情

辛気臭い男性の特徴として無表情で笑顔か少ないということがあります。

笑顔でいれば少なくとも見た目は明るく見えますよね。

自然と周りに人も集まってくるでしょうが、暗く笑顔の少ない男性は、人を遠ざけてしまいます。

女性と違って男性の場合、少し怖い印象を与えてしまうこともあります。

目つきが悪い男性も同じです。

無口

寡黙な男はかっこいいですが、会話が成り立たず話がはずまなくては、一緒にいて楽しくはありません。

暗いイメージを相手に与えてしまいます。

また、相手と壁を作っているように受け止められてしまいます。

もしあなたが男性で、話すのが苦手なタイプでしたら、無理に多弁になる必要はありません。

適度な相槌を打つなど、聞き手にまわるのがいいでしょう。

堂々としていて、話を受け止めてくれる器の大きな男性と思われること間違いなしです。

口数が少なくても辛気臭いとは思われないはずです。

イライラして文句ばかり言う

イライラしているというのは、なにかに対して不平不満があるという状態です。

そのストレスの元を解決できればいいのですが、そういう性分の場合難しいものです。

また、その不平不満を口に出すということは、自分中心主義ということでもあります。

文句を受け止める側はたまったものじゃありませんから、相手のことを全く考えていない自分だけよければいいという考えなんですね。

すぐに諦めてしまう

何事も始める前から悲観的だったり、悪い結果ばかり想像してしまう人がいます。

結果がどうであれ、一生懸命頑張る姿からはパワーをもらえますが、逆はマイナスなエネルギーしか生み出しません。

それが一緒に仕事をする相手の場合など、実際に結果に悪い影響が出てしまうと大迷惑ですよね。

自分が相手の分も頑張らなければいけなくなったり、できればお近づきになりたくはないタイプです。

悲観的

悪い方向にしか考えられない人は、人を暗い気持ちにさせてしまうネガティブな発言も多くなってしまいます。

ネガティブな発言をずっと聞いていると、一緒にいる方もネガティブで嫌な気持ちになってしまいます。

最初のうちこそ慰めてあげたり励ましてあげたりしますが、そのうち愛想を尽かされてしまいます。

悪い感情は周囲の人に感染していくものですから、辛気臭い男性が一人いるだけで空気が悪くなってしまいます。

自己評価が低い

控え目だったり、自分に対して厳しいのはいいことですが、必要以上に自分を卑下したり、自虐したりする人がいます。

周りはそんな人に対してイライラしてしまうという悪循環が生まれます。

自己評価が低すぎる人と一緒にいても、自分の成長にもなりませんから、そんな人の周辺から人は離れていくでしょう。

また、自信のなさは、表情などにも表れていくものです。

自信なさげな暗い表情をしている人は周りに敬遠されてしまいます。

批判的な思考

何事にもケチをつけたがる人がいます。

斜に構えていたり、シニカルな態度が他人とは一味違う個性と履き違えているんですね。

正当な批判には、それなりの理由や根拠が必要です。

それもなしに批判するのは、単なるケチをつけているだけです。

他人をほめることなく、一方的に批判ばかりしているのでは、周りの空気を悪くしてしまいます。

辛気臭い男性は、結果として周りに悪影響を与えてしまうことが多いです。

辛気臭い性分となると、本人が自覚して努力する以外、なかなかそれを改善することは難しいです。

できれば早めに見極めて、距離を置くことをお勧めします。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-