【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401141731.html
性格が悪い男の特徴

性格が悪い男の特徴 | LADYCO

LADYCO
性格が悪い男の特徴

男は、見栄っ張りで他者に対して強がりな性格を持つ人が多いです。

実際に上司から自慢気に長々と説教された、男の友人から凄いことをした、危険なことをした、といった話を聞いたことはないでしょうか。

では、今回は性格の悪い男性とはどのような人なのか、特徴を述べていきます。

  • 人の頂点に立ちたいと考えている
  • 自慢したい人
  • 自分の問題に気付かない男性はよく話す
  • 相手を選ぶ
  • 弱い者の評価を下げたがる

1. 人の頂点に立ちたいと考えている

人の頂点に立ちたいと考えている

一般的に、会社に勤める男はスキルアップ、昇進や昇格に対して執着心を持つ人が多いです。

そのような立場にある人は、少しでも部下や後輩に良い所を見せ、ついてきてもらうための助言や行動を取るはずです。

それが逆に空回りするケースもありますが、男の心情としては、共通するはずです。

よく、上司がうるさい、余計なお世話だ、そんなことはわかっている、と話される方がいます。

これは、まさに見栄っ張りな性格が表れている証拠です。

そんな中でも会議中に人の発言を否定的に捉え、 自分の考えを押し付けてくる上司は性格が悪い男の特徴ではないでしょうか。

2. 自慢したい人

自慢したい人

男はなにかと他人に対して自慢をしたくなる生き物です。

自分がすごいことをした、危険なことをした、高価な買い物をした、そんなときには、他人に話をしたくなります。

性格が悪い男は、自分の体験を聞かれてもいないのに一方的に話をしてくる人若しくは、勝手に競争心を抱いて、相手の話のあとにそれを上回る自分の体験を話してくる人です。

よくよく振り返って思い返してみると、意外とこのような方は多くいるのではないしょうか。

3. 自分の問題に気付かない男性はよく話す

自分の問題に気付かない男性はよく話す

会社やグループの中で清潔感がなかったり、価値観が全く異なっていたりすると、社内やグループ内での交流が少なくなってしまう人がいます。

このような人でも、実はもっと交流したい、仲良くしたいと考えています。

その証拠に共通の話題で話しかけてみると驚く程によく話しをし始めます。

このタイプの男は、内面的な性格に問題があります。

まず、清潔感がないと、相手から嫌われて当然です。

そして、価値観が異なることに関してですが、そもそも価値観は異なっていて当然です。

そのため、ある程度相手に合わせることも重要なのです。

このタイプの男は自分のことしか見れておらず、待つことしかできていないタイプです。

相手を知ることが必要だとは思っていないのです。

嫌われても当然の結果です。

日頃のコミュニケーションが少ない分、話しかけられた時にはグイグイ来られて、結果、嫌われてしまいます。

4. 相手を選ぶ

相手を選ぶ

男性と女性、好意を抱いている相手とそうでない相手、長く付き合いたい方と短く付き合いたい方、仕事ができる人とできない人など相手によって対応をかえる男性がいます。

言ってしまえば自分にとって、重要な人に対しては優しく接し、どうでもいい人に対しては適当に扱われるということです。

どうでもいい人に対しては、そこに時間を割くのは勿体ない、めんどくさいと考えてしまいがちです。

勤め先や周りの人を観察してみると相手によって態度を変える方は多いものです。

特に女性に対する対応を見れば一目瞭然です。

平等に接してくれる人は良い印象を持つことができますが、不平等だと、適当に扱われた人からすると性格が悪い人と思われてしまいます。

5. 弱い者の評価を下げたがる

男は友人、後輩、先輩の評価が下がるような発言をします。

「こいつは〇〇した」「こいつは〇〇なんだよ」などと言い、それを聞いた相手は「えーそうなんだ、サイテー」と言い悪い印象を与えてしまいます。

男は、自分が優位に立ちたい、自己主張したいと考え、プライドも高いです。

誰よりも自分が一番になりたいがために卑怯な手段を使う男は、表上はいい男に見えますが、実は内面は性格の悪い男なのです。

男は、見栄っ張りで他者に対して強がりな性格を持つ人が多いです。

実際に上司から自慢気に長々と説教された、男の友人から凄いことをした、危険なことをした、といった話を聞いたことはないでしょうか。

では、今回は性格の悪い男性とはどのような人なのか、特徴を述べていきます。


人の頂点に立ちたいと考えている

一般的に、会社に勤める男はスキルアップ、昇進や昇格に対して執着心を持つ人が多いです。

そのような立場にある人は、少しでも部下や後輩に良い所を見せ、ついてきてもらうための助言や行動を取るはずです。

それが逆に空回りするケースもありますが、男の心情としては、共通するはずです。

よく、上司がうるさい、余計なお世話だ、そんなことはわかっている、と話される方がいます。

これは、まさに見栄っ張りな性格が表れている証拠です。

そんな中でも会議中に人の発言を否定的に捉え、 自分の考えを押し付けてくる上司は性格が悪い男の特徴ではないでしょうか。

自慢したい人

男はなにかと他人に対して自慢をしたくなる生き物です。

自分がすごいことをした、危険なことをした、高価な買い物をした、そんなときには、他人に話をしたくなります。

性格が悪い男は、自分の体験を聞かれてもいないのに一方的に話をしてくる人若しくは、勝手に競争心を抱いて、相手の話のあとにそれを上回る自分の体験を話してくる人です。

よくよく振り返って思い返してみると、意外とこのような方は多くいるのではないしょうか。

自分の問題に気付かない男性はよく話す

会社やグループの中で清潔感がなかったり、価値観が全く異なっていたりすると、社内やグループ内での交流が少なくなってしまう人がいます。

このような人でも、実はもっと交流したい、仲良くしたいと考えています。

その証拠に共通の話題で話しかけてみると驚く程によく話しをし始めます。

このタイプの男は、内面的な性格に問題があります。

まず、清潔感がないと、相手から嫌われて当然です。

そして、価値観が異なることに関してですが、そもそも価値観は異なっていて当然です。

そのため、ある程度相手に合わせることも重要なのです。

このタイプの男は自分のことしか見れておらず、待つことしかできていないタイプです。

相手を知ることが必要だとは思っていないのです。

嫌われても当然の結果です。

日頃のコミュニケーションが少ない分、話しかけられた時にはグイグイ来られて、結果、嫌われてしまいます。

相手を選ぶ

男性と女性、好意を抱いている相手とそうでない相手、長く付き合いたい方と短く付き合いたい方、仕事ができる人とできない人など相手によって対応をかえる男性がいます。

言ってしまえば自分にとって、重要な人に対しては優しく接し、どうでもいい人に対しては適当に扱われるということです。

どうでもいい人に対しては、そこに時間を割くのは勿体ない、めんどくさいと考えてしまいがちです。

勤め先や周りの人を観察してみると相手によって態度を変える方は多いものです。

特に女性に対する対応を見れば一目瞭然です。

平等に接してくれる人は良い印象を持つことができますが、不平等だと、適当に扱われた人からすると性格が悪い人と思われてしまいます。

男は友人、後輩、先輩の評価が下がるような発言をします。

「こいつは〇〇した」「こいつは〇〇なんだよ」などと言い、それを聞いた相手は「えーそうなんだ、サイテー」と言い悪い印象を与えてしまいます。

男は、自分が優位に立ちたい、自己主張したいと考え、プライドも高いです。

誰よりも自分が一番になりたいがために卑怯な手段を使う男は、表上はいい男に見えますが、実は内面は性格の悪い男なのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-