【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401140005.html
陰気臭い男の特徴

陰気臭い男の特徴 | LADYCO

LADYCO
陰気臭い男の特徴

周囲の人に暗くじめじめした印象を与える男性が少なくありません。

そのような陰気臭い男にはどんな特徴があるのか、どういう男が陰気臭いと人に思われてしまうのか、見ていくことにしましょう。

  • ネガティブでマイナス思考
  • 自己否定的で自分に関するグチが多い
  • 表情の変化に乏しく、生気がない
  • 人とのコミュニケーションをとるのが下手
  • 一人でいることが好きなインドア派
  • 恋愛に消極的
  • まとめ

1. ネガティブでマイナス思考

ネガティブでマイナス思考

陰気臭い男は常にマイナス思考です。

たとえば、任された仕事のうち、50%の仕事を終えたとしましょう。

その場合、プラス思考の人は、「もう半分もできた。

残りは半分だけなのだから、余裕だ」
と考えます。

陰気臭い男はそんなふうに考えることができません。

「まだ50%しかできていない。

こんなことでは締め切りに間に合わないかもしれない」
というように考え、焦った結果仕事のミスが増えてしまうのが、陰気臭い男なのです。

これから行うことに関しても、「うまくいかなかったらどうしよう」とネガティブに考え、新しいことを初めるときには、そのことのリスクばかりを考えてしまいます。

そのため、新しいことにチャレンジすることがなかなかできません。

2. 自己否定的で自分に関するグチが多い

自己否定的で自分に関するグチが多い

万事ネガティブな陰気臭い男には、自己否定的という特徴もあります。

先ほどの仕事の例でいうと、「まだ、50%しか仕事を終えられていない自分は、仕事のできないダメ男だ」と言う評価を、自分にしてしまうのです。

心の中でそう思っているだけではありません。

身近にいる人に対して、そんな「ダメな自分」の話をして、グチを言います。

また、「ついてない」というのも、陰気臭い男の口癖です。

「自分はダメ男であるだけでなく、ついてない男でもある」と思っているのです。

そんな気持ちでいる男が、周囲に明るい印象を与えることはとうていできません。

自己否定的なために負のオーラを感じさせるのが、陰気臭い男の特徴ということになるでしょう。

3. 表情の変化に乏しく、生気がない

表情の変化に乏しく、生気がない

陰気臭い男は暗い表情をしていることが多いものですが、単に暗いだけでなく、生気を感じさせないというのが、陰気臭い男の外見上の特徴といっていいでしょう。

もともと感情の起伏が小さい上に、感情を表に出さないところがあるため、表情の変化はどうしてもとぼしいものになります。

その上、持ち前のマイナス思考が表情にも表れますから。

生気のない印象を人に与えてしまうのです。

たとえ、笑顔を見せたとしても、どこかさえない印象を与えるのが、陰気臭い男の特徴です。

4. 人とのコミュニケーションをとるのが下手

人とのコミュニケーションをとるのが下手

人とコミュニケーションをとるのが上手な人は、陰気臭い印象を与えることはありません。

特別おしゃべりでなくても、話し上手で聞き上手な人は、明るい印象を与えるものなのです。

陰気臭い男はそれとは逆です。

多くの場合、陰気臭い男は寡黙なものですが、寡黙でなくても、陰気臭い印象を与えてしまうことが少なくありません。

それは、コミュニケーションをとるのが下手だからです。

先ほど、「グチが多い」という特徴を紹介しました。

自分に関するグチを長々としゃべるタイプの陰気な男がいます。

多弁ではあるものの、自分が一方的にしゃべるだけで、人の話を聞こうとはしません。

それがつまり、陰気臭い男の、コミュニケーションが下手なところと言っていいでしょう。

5. 一人でいることが好きなインドア派

一人でいることが好きなインドア派

陰気臭い男は大勢でわいわい楽しむということが好きではありません。

「できれば人といっしょにいたくない」と思っていますので、できるだけ一人になりたがります。

休日なども、できれば一人で家にいたいと考えます。

友達と遊びに行って楽しむよりも、一人で家にいて、ゲームや趣味をやっているほうがずっと幸せに感じるのが、陰気臭い男と言っていいでしょう。

6. 恋愛に消極的

恋愛に消極的

陰気臭い男は自己評価が低く、劣等意識をもっていますので、恋愛には消極的です。

「どうせ、自分なんか、女性にモテるはずがない」と決めつけ、「告白してもフラれるに決まってる」というようにネガティブに考えます。

どんな陰気臭い男でも、人間ですから恋愛感情を持つことは少なくありません。

しかし、そのような劣等意識をもっているため、積極的にアプローチしたり、まして告白することができないのです。

まとめ

陰気臭い男の主な特徴を6種類紹介しました。

身近にそういう男性がいるという方は、その人のことを知るための参考になさってください。

周囲の人に暗くじめじめした印象を与える男性が少なくありません。

そのような陰気臭い男にはどんな特徴があるのか、どういう男が陰気臭いと人に思われてしまうのか、見ていくことにしましょう。


ネガティブでマイナス思考

陰気臭い男は常にマイナス思考です。

たとえば、任された仕事のうち、50%の仕事を終えたとしましょう。

その場合、プラス思考の人は、「もう半分もできた。

残りは半分だけなのだから、余裕だ」
と考えます。

陰気臭い男はそんなふうに考えることができません。

「まだ50%しかできていない。

こんなことでは締め切りに間に合わないかもしれない」
というように考え、焦った結果仕事のミスが増えてしまうのが、陰気臭い男なのです。

これから行うことに関しても、「うまくいかなかったらどうしよう」とネガティブに考え、新しいことを初めるときには、そのことのリスクばかりを考えてしまいます。

そのため、新しいことにチャレンジすることがなかなかできません。

自己否定的で自分に関するグチが多い

万事ネガティブな陰気臭い男には、自己否定的という特徴もあります。

先ほどの仕事の例でいうと、「まだ、50%しか仕事を終えられていない自分は、仕事のできないダメ男だ」と言う評価を、自分にしてしまうのです。

心の中でそう思っているだけではありません。

身近にいる人に対して、そんな「ダメな自分」の話をして、グチを言います。

また、「ついてない」というのも、陰気臭い男の口癖です。

「自分はダメ男であるだけでなく、ついてない男でもある」と思っているのです。

そんな気持ちでいる男が、周囲に明るい印象を与えることはとうていできません。

自己否定的なために負のオーラを感じさせるのが、陰気臭い男の特徴ということになるでしょう。

表情の変化に乏しく、生気がない

陰気臭い男は暗い表情をしていることが多いものですが、単に暗いだけでなく、生気を感じさせないというのが、陰気臭い男の外見上の特徴といっていいでしょう。

もともと感情の起伏が小さい上に、感情を表に出さないところがあるため、表情の変化はどうしてもとぼしいものになります。

その上、持ち前のマイナス思考が表情にも表れますから。

生気のない印象を人に与えてしまうのです。

たとえ、笑顔を見せたとしても、どこかさえない印象を与えるのが、陰気臭い男の特徴です。

人とのコミュニケーションをとるのが下手

人とコミュニケーションをとるのが上手な人は、陰気臭い印象を与えることはありません。

特別おしゃべりでなくても、話し上手で聞き上手な人は、明るい印象を与えるものなのです。

陰気臭い男はそれとは逆です。

多くの場合、陰気臭い男は寡黙なものですが、寡黙でなくても、陰気臭い印象を与えてしまうことが少なくありません。

それは、コミュニケーションをとるのが下手だからです。

先ほど、「グチが多い」という特徴を紹介しました。

自分に関するグチを長々としゃべるタイプの陰気な男がいます。

多弁ではあるものの、自分が一方的にしゃべるだけで、人の話を聞こうとはしません。

それがつまり、陰気臭い男の、コミュニケーションが下手なところと言っていいでしょう。

一人でいることが好きなインドア派

陰気臭い男は大勢でわいわい楽しむということが好きではありません。

「できれば人といっしょにいたくない」と思っていますので、できるだけ一人になりたがります。

休日なども、できれば一人で家にいたいと考えます。

友達と遊びに行って楽しむよりも、一人で家にいて、ゲームや趣味をやっているほうがずっと幸せに感じるのが、陰気臭い男と言っていいでしょう。

恋愛に消極的

陰気臭い男は自己評価が低く、劣等意識をもっていますので、恋愛には消極的です。

「どうせ、自分なんか、女性にモテるはずがない」と決めつけ、「告白してもフラれるに決まってる」というようにネガティブに考えます。

どんな陰気臭い男でも、人間ですから恋愛感情を持つことは少なくありません。

しかし、そのような劣等意識をもっているため、積極的にアプローチしたり、まして告白することができないのです。

陰気臭い男の主な特徴を6種類紹介しました。

身近にそういう男性がいるという方は、その人のことを知るための参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-