【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401135950.html
パーソナルスペースが狭い男性の特徴

パーソナルスペースが狭い男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
パーソナルスペースが狭い男性の特徴

パーソナルスペースとは、その人の個人的な領域、他人に踏み込まれると不快感を感じるスペースのことです。

他人に対し警戒心の強いタイプはパーソナルスペースが広くなり、フレンドリーなタイプはパーソナルスペースが狭いと言えます。

今回はパーソナルスペースの狭い男性の特徴をご紹介します。

  • 人との距離が近い
  • フレンドリーなタイプ
  • スキンシップに抵抗がない
  • 人が好き
  • 自己肯定感が高い
  • まとめ

1. 人との距離が近い

人との距離が近い

一般的に女性より男性の方がパーソナルスペースが広いと言われています。

そのため人とは物理的に距離をとりますが、パーソナルスペースの狭い男性は、人との物理的な距離が近い傾向にあります。

多くの人は、自分と親しい人や、自分の好意のある人に対しては距離を近づける傾向にありますが、パーソナルスペースの狭い男性は誰に対しても距離が近く、また、人に近づかれることに対して抵抗感少ないタイプです。

パーソナルスペースの広い人にとっては、話すときなどの距離が近いと感じ、不思議に思われるかもしれません。

2. フレンドリーなタイプ

フレンドリーなタイプ

パーソナルスペースの狭い男性は、自分の他人から踏み込まれたくない領域が小さいため、人に対しての警戒心が薄くフレンドリーな性格が多いでしょう。

人から話しかけられたり、他人と時間を過ごすことにも抵抗がないため、人と打ち解け仲良くなることが得意です。

そのため、社交的であり、人付き合いも多く忙しくしていることでしょう。

友人も多いタイプかと思われます。

人懐こい性格ともいえることから、営業や接客に向いていることでしょう。

3. スキンシップに抵抗がない

スキンシップに抵抗がない

女性同士であれば、相手に触れることに抵抗がない人もめずらしくありませんが、男性同士で肩を組んだり、人にもたれかかったりしている人はあまり見かけないかと思います。

それほど男性は人に触れるということが多くない生き物ですが、パーソナルスペースの狭い男性はスキンシップに抵抗がないタイプが多いと言えます。

かといってベタベタするわけではありませんが、相手が男性であっても女性であっても、人に声をかけるときに、軽く肩に触れたり、背中を軽く叩いたり、そうしたことをごく自然に行うことができます。

4. 人が好き

人が好き

パーソナルスペースの狭い人は、他人への警戒心が少ないタイプであることからも、人が好きなタイプといえます。

そのようなタイプは、これまで生きてきた中で、いじめなどの対人関係のトラブルが少なかったため、人と接することへマイナスの印象もないかと思われます。

人への悪い印象や嫌な経験が少ないため、他人に対する恐怖や警戒心が少ない傾向にあります。

他人へ不信感や不安感を抱かないことから、他人を信じやすく自分のことを話すのも、人の話を聞くのも好きなタイプだったりします。

人が好きなため、面倒見がよかったり甘え上手であったりと、人から好かれるタイプでしょう。

5. 自己肯定感が高い

自己肯定感が高い

他人に対しての警戒心が薄く、人と接するのが好きなタイプは、自己肯定感が高い人でしょう。

これまで人に否定された経験がなく、つねに家族や他人から受け入れられるタイプだったため、自分でも自分のことを好意的に見ていますし、低い評価を下していません。

そのため、他人に対しても「この人は自分のことを嫌いかもしれない」という不安が少なく、安心して人と接することができるため、常に他人を受け入る精神が整っているのです。

まとめ

以上、パーソナルスペースの狭い男性の特徴をご紹介しました。

他人に踏み込まれることに抵抗の少ないパーソナルスペースの狭い男性は、フレンドリーで人と接することへのハードルが低く、他人に対する恐怖やトラウマも少ないタイプです。

人付き合いにも肯定的なタイプなので、人と接するときにも自然な笑顔で気持ちよく対応できる社交的な人でしょう。

パーソナルスペースとは、その人の個人的な領域、他人に踏み込まれると不快感を感じるスペースのことです。

他人に対し警戒心の強いタイプはパーソナルスペースが広くなり、フレンドリーなタイプはパーソナルスペースが狭いと言えます。

今回はパーソナルスペースの狭い男性の特徴をご紹介します。


人との距離が近い

一般的に女性より男性の方がパーソナルスペースが広いと言われています。

そのため人とは物理的に距離をとりますが、パーソナルスペースの狭い男性は、人との物理的な距離が近い傾向にあります。

多くの人は、自分と親しい人や、自分の好意のある人に対しては距離を近づける傾向にありますが、パーソナルスペースの狭い男性は誰に対しても距離が近く、また、人に近づかれることに対して抵抗感少ないタイプです。

パーソナルスペースの広い人にとっては、話すときなどの距離が近いと感じ、不思議に思われるかもしれません。

フレンドリーなタイプ

パーソナルスペースの狭い男性は、自分の他人から踏み込まれたくない領域が小さいため、人に対しての警戒心が薄くフレンドリーな性格が多いでしょう。

人から話しかけられたり、他人と時間を過ごすことにも抵抗がないため、人と打ち解け仲良くなることが得意です。

そのため、社交的であり、人付き合いも多く忙しくしていることでしょう。

友人も多いタイプかと思われます。

人懐こい性格ともいえることから、営業や接客に向いていることでしょう。

スキンシップに抵抗がない

女性同士であれば、相手に触れることに抵抗がない人もめずらしくありませんが、男性同士で肩を組んだり、人にもたれかかったりしている人はあまり見かけないかと思います。

それほど男性は人に触れるということが多くない生き物ですが、パーソナルスペースの狭い男性はスキンシップに抵抗がないタイプが多いと言えます。

かといってベタベタするわけではありませんが、相手が男性であっても女性であっても、人に声をかけるときに、軽く肩に触れたり、背中を軽く叩いたり、そうしたことをごく自然に行うことができます。

人が好き

パーソナルスペースの狭い人は、他人への警戒心が少ないタイプであることからも、人が好きなタイプといえます。

そのようなタイプは、これまで生きてきた中で、いじめなどの対人関係のトラブルが少なかったため、人と接することへマイナスの印象もないかと思われます。

人への悪い印象や嫌な経験が少ないため、他人に対する恐怖や警戒心が少ない傾向にあります。

他人へ不信感や不安感を抱かないことから、他人を信じやすく自分のことを話すのも、人の話を聞くのも好きなタイプだったりします。

人が好きなため、面倒見がよかったり甘え上手であったりと、人から好かれるタイプでしょう。

自己肯定感が高い

他人に対しての警戒心が薄く、人と接するのが好きなタイプは、自己肯定感が高い人でしょう。

これまで人に否定された経験がなく、つねに家族や他人から受け入れられるタイプだったため、自分でも自分のことを好意的に見ていますし、低い評価を下していません。

そのため、他人に対しても「この人は自分のことを嫌いかもしれない」という不安が少なく、安心して人と接することができるため、常に他人を受け入る精神が整っているのです。

以上、パーソナルスペースの狭い男性の特徴をご紹介しました。

他人に踏み込まれることに抵抗の少ないパーソナルスペースの狭い男性は、フレンドリーで人と接することへのハードルが低く、他人に対する恐怖やトラウマも少ないタイプです。

人付き合いにも肯定的なタイプなので、人と接するときにも自然な笑顔で気持ちよく対応できる社交的な人でしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-