【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401135938.html
理系男子の特徴

理系男子の特徴 | LADYCO

LADYCO
理系男子の特徴

理系男子聞けば、どんな人をイメージするでしょうか。

多くの人が思い浮かべるのが、勉強ができてメガネではないでしょうか。

しかしそれだけではありません。

理系男子の特徴を紹介します。

  • 真面目で勉強熱心
  • 好き嫌いがはっきりしている
  • 若い時から夢や目標を持っている
  • 寡黙で感情表現が苦手
  • 恋愛下手
  • マイペース
  • まとめ

1. 真面目で勉強熱心

真面目で勉強熱心

理系男子と言えば誰もが想像するのが、勉強ができる事です。

勉強をしっかりしてきたからこそ、理系男子と呼ばれるのです。

探求心が強い人が多く、目標を持って取り組んでいるので、勉強する事に意欲が湧き、熱心に勉強に取り組みます。

そして真面目です。

少し面白味に欠けますが、1つの事をしっかりやりきり、夢や目標の為に自制できる力を持っています。

誠実で社会のルールを理解していて、規則などしっかりと守ります。

2. 好き嫌いがはっきりしている

好き嫌いがはっきりしている

理系男子は好き嫌いがはっきりしています。

勉強では正解や不正解がはっきりでます。

その為理系男子は曖昧な事が嫌いです。

日本人は曖昧な表現が得意なので、理系男子の考え方は、外国の方の考え方と似ていると言えます。

周りに流される事なく、自分はこれが好き、あれは好きではないとはっきりしています。

理系男子と言頼りないイメージですが、実は芯がしっかりしていて、こだわりの強い性格です。

3. 若い時から夢や目標を持っている

若い時から夢や目標を持っている

夢や目標は誰にでもあります。

しかし理系男子は、夢や目標を若い時から抱いていて、明確な将来のビジョンを描いています。

その為学生時代に周りが遊んでいても、気にせず勉強に取り組んでいます。

将来の夢や目標が決まっている為、それに向けて一直線に進んでいます。

夢や目標は誰にでもありますが、明確なビジョンを持っている人は多くありません。

ましてや若い時から将来の事を考えて、行動する人も少ないでしょう。

若い時から将来を見据えて、行動している人の中に、理系男子は多く存在します。

4. 寡黙で感情表現が苦手

寡黙で感情表現が苦手

理系男子の多くは、学生時代勉強漬けの日々を過ごしています。

その為あまり人と関りがありません。

元々寡黙な人もいますが、人と接する機会が少なく、感情表現が苦手な為、寡黙になった人も少なくありません。

周りから見ればおとなしくて、楽しそうに見えないでしょうが、けして辛い訳ではありません。

皆で騒いだりお喋りをした方が、楽しいと感じる人の方が多いですが、そこは価値観の違いで、理系男子は理系男子なりの楽しみ方で、楽しんでいます。

5. 恋愛下手

恋愛下手

理系男子は恋愛が下手です。

学生時代持てるのは、スポーツができる人や、ちょっとヤンチャな人などが女子の憧れの的です。

勉強するタイプはあまり注目されません。

勉強ばかりしていたので、女子と接する事も多くありません。

その為女子と会話するだけで、あがってしまう理系男子も多いです。

恋愛においても純粋な理系男子、学生時代はモテませんでしたが、社会人になると、こういう純粋さが女性に魅力的に見え、モテる事もあります。

6. マイペース

マイペース

理系男子はマイペースな人が多いです。

人に合わせるのが苦手で、自分のペースを乱されるのを嫌います。

今まで勉強など、自分のペースでやってきた事が影響しています。

人に合わせても良い事がなく、自分にとって自分のペース物事を運ぶ事が、一番いいと思っています。

その為他の人と何かする場合でも、人に合わせるよりも自分が主導権を持って、自分ペースでやることを望みます。

少し協調性に欠けてしまうのが、理系男子の特徴です。

まとめ

理系男子の特徴と言えば、わかりやすいものもあれば、意外一面もあります。

勉強ばかりしていたので、コミュニケーション能力が低いのが、一番の特徴です。

周りに理系男子がいれば、こちらが理解する事で、しっかり打ち解けられます。

打ち解ければ深い付き合いもできるので、心強い味方になってくれますよ。

理系男子聞けば、どんな人をイメージするでしょうか。

多くの人が思い浮かべるのが、勉強ができてメガネではないでしょうか。

しかしそれだけではありません。

理系男子の特徴を紹介します。


真面目で勉強熱心

理系男子と言えば誰もが想像するのが、勉強ができる事です。

勉強をしっかりしてきたからこそ、理系男子と呼ばれるのです。

探求心が強い人が多く、目標を持って取り組んでいるので、勉強する事に意欲が湧き、熱心に勉強に取り組みます。

そして真面目です。

少し面白味に欠けますが、1つの事をしっかりやりきり、夢や目標の為に自制できる力を持っています。

誠実で社会のルールを理解していて、規則などしっかりと守ります。

好き嫌いがはっきりしている

理系男子は好き嫌いがはっきりしています。

勉強では正解や不正解がはっきりでます。

その為理系男子は曖昧な事が嫌いです。

日本人は曖昧な表現が得意なので、理系男子の考え方は、外国の方の考え方と似ていると言えます。

周りに流される事なく、自分はこれが好き、あれは好きではないとはっきりしています。

理系男子と言頼りないイメージですが、実は芯がしっかりしていて、こだわりの強い性格です。

若い時から夢や目標を持っている

夢や目標は誰にでもあります。

しかし理系男子は、夢や目標を若い時から抱いていて、明確な将来のビジョンを描いています。

その為学生時代に周りが遊んでいても、気にせず勉強に取り組んでいます。

将来の夢や目標が決まっている為、それに向けて一直線に進んでいます。

夢や目標は誰にでもありますが、明確なビジョンを持っている人は多くありません。

ましてや若い時から将来の事を考えて、行動する人も少ないでしょう。

若い時から将来を見据えて、行動している人の中に、理系男子は多く存在します。

寡黙で感情表現が苦手

理系男子の多くは、学生時代勉強漬けの日々を過ごしています。

その為あまり人と関りがありません。

元々寡黙な人もいますが、人と接する機会が少なく、感情表現が苦手な為、寡黙になった人も少なくありません。

周りから見ればおとなしくて、楽しそうに見えないでしょうが、けして辛い訳ではありません。

皆で騒いだりお喋りをした方が、楽しいと感じる人の方が多いですが、そこは価値観の違いで、理系男子は理系男子なりの楽しみ方で、楽しんでいます。

恋愛下手

理系男子は恋愛が下手です。

学生時代持てるのは、スポーツができる人や、ちょっとヤンチャな人などが女子の憧れの的です。

勉強するタイプはあまり注目されません。

勉強ばかりしていたので、女子と接する事も多くありません。

その為女子と会話するだけで、あがってしまう理系男子も多いです。

恋愛においても純粋な理系男子、学生時代はモテませんでしたが、社会人になると、こういう純粋さが女性に魅力的に見え、モテる事もあります。

マイペース

理系男子はマイペースな人が多いです。

人に合わせるのが苦手で、自分のペースを乱されるのを嫌います。

今まで勉強など、自分のペースでやってきた事が影響しています。

人に合わせても良い事がなく、自分にとって自分のペース物事を運ぶ事が、一番いいと思っています。

その為他の人と何かする場合でも、人に合わせるよりも自分が主導権を持って、自分ペースでやることを望みます。

少し協調性に欠けてしまうのが、理系男子の特徴です。

理系男子の特徴と言えば、わかりやすいものもあれば、意外一面もあります。

勉強ばかりしていたので、コミュニケーション能力が低いのが、一番の特徴です。

周りに理系男子がいれば、こちらが理解する事で、しっかり打ち解けられます。

打ち解ければ深い付き合いもできるので、心強い味方になってくれますよ。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-