【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401135914.html
気が弱い男子と結婚するデメリット

気が弱い男子と結婚するデメリット | LADYCO

LADYCO
気が弱い男子と結婚するデメリット

交際している男性との結婚を意識した時、「でも、彼氏は気が弱いから、結婚した時デメリットがあるかもしれない」と考えることもあるでしょう。

ここでは、気が弱い男子と結婚するデメリットにはどんなものがあるのか、見ていくことにしましょう。

  • いざというときに頼りにならない
  • 出世が期待できない
  • 家庭の雰囲気が暗くなりがち
  • 子供も気弱になってしまうリスクが大きい
  • ストレスがたまる
  • まとめ

1. いざというときに頼りにならない

いざというときに頼りにならない

結婚して、家庭を持てば、様々なトラブルに遭遇することもあるでしょう。

よくあるのが、ご近所トラブル。

集合住宅の上下階の人、隣室の人と騒音トラブルになることはめずらしくありません。

戸建てに住んだ場合でも、家の境界線やごみ捨てなどをめぐって、近所の人と衝突することもありえます。

子供ができれば、子供が原因でトラブルが起こることもあるでしょう。

子供が学校でトラブルに巻き込まれることも想定されます。

そういう時、気が弱い男子を旦那に持つと、旦那を頼りにすることはできません。

気弱な男子はそういうトラブル処理が大の苦手で、トラブルから逃げようとしますから、トラブル処理を任せることができないのです。

これは大きなデメリットと言うしかないでしょう。

2. 出世が期待できない

出世が期待できない

気が弱い男性は、仕事においても気弱になってしまいます。

たとえば、旦那が営業マンで、大きな商談に臨むとしましょう。

気弱な旦那はそうしたシーンで、しっかり自己主張し、こちらに有利な取引をすることができません。

相手のペースで商談が進むため、良い結果を残すことができないのです。

どんな仕事でも、気弱でいては、思うような成績を残すことは難しいでしょう。

ほかの人に比べて、良い結果を出せなければ、当然、出世は遅れます。

結婚すれば、多くの女性は旦那の出世を望むものですが、気弱な旦那には出世が期待できません。

「いつまでたっても主任どまり」ということになりかねないことが、気弱な男子と結婚するデメリットの一つなのです。

3. 家庭の雰囲気が暗くなりがち

家庭の雰囲気が暗くなりがち

ネガティブでマイナス思考になりがちなのが、気弱な男子の特徴でしょう。

たとえば、翌日、仕事で大きなプレゼンがあるとします。

気弱な男子はそういう時、翌日のプレゼンのことを考え、弱気になってしまうものです。

「うまくいかなかったらどうしよう」というように考えますから、自然に表情は暗くなります。

家でもそのことを考えるため、家庭の雰囲気まで暗くなってしまうのです。

たとえば、家で子供といっしょにいるときも、そのことで頭がいっぱいになり、子供のことをないがしろにしてしまうということもありえます。

仕事に関することでネガティブになりやすく、その結果、家庭の雰囲気が暗くなりがちというのも、気弱な男子と結婚するデメリットということになるでしょう。

4. 子供も気弱になってしまうリスクが大きい

子供も気弱になってしまうリスクが大きい

言うまでもなく、子供は親に似るものです。

遺伝によるものもあれば、いっしょに生活するために似てくるということもあるでしょう。

ということは、気弱な男子を旦那にすると、将来生まれてくる子供も気弱になってしまうリスクがあるわけです。

男の子だけでなく、女の子でも気が弱いというのは、親にとって、決してうれしい性格ではありません。

当人も、気弱な性格のために苦労することも少なくないでしょう。

子供も気弱になってしまうリスクが大きいこと、これも、気弱な男子を結婚するデメリットです。

5. ストレスがたまる

ストレスがたまる

最初に紹介したように、気弱な旦那はいざというときに頼りになりませんから、トラブルが起こった時などは、こちらが対応し、処理する必要があるでしょう。

いくら「しっかりしてよ」と言っても、旦那の気弱な性質は直りません。

そのため、何かあると、その都度、小さくないストレスを感じてしまうことになります。

頼りにできないために、こちらが感じなくてもいいようなストレスを感じてしまうこと、そして、ストレスが溜まっていってしまうこと、これも気弱な男子を旦那にするデメリットということになるでしょう。

まとめ

気弱な男子と結婚した時に考えられるデメリットを5種類紹介しました。

気弱な男子との結婚を考えている方は参考になさってください。

交際している男性との結婚を意識した時、「でも、彼氏は気が弱いから、結婚した時デメリットがあるかもしれない」と考えることもあるでしょう。

ここでは、気が弱い男子と結婚するデメリットにはどんなものがあるのか、見ていくことにしましょう。


いざというときに頼りにならない

結婚して、家庭を持てば、様々なトラブルに遭遇することもあるでしょう。

よくあるのが、ご近所トラブル。

集合住宅の上下階の人、隣室の人と騒音トラブルになることはめずらしくありません。

戸建てに住んだ場合でも、家の境界線やごみ捨てなどをめぐって、近所の人と衝突することもありえます。

子供ができれば、子供が原因でトラブルが起こることもあるでしょう。

子供が学校でトラブルに巻き込まれることも想定されます。

そういう時、気が弱い男子を旦那に持つと、旦那を頼りにすることはできません。

気弱な男子はそういうトラブル処理が大の苦手で、トラブルから逃げようとしますから、トラブル処理を任せることができないのです。

これは大きなデメリットと言うしかないでしょう。

出世が期待できない

気が弱い男性は、仕事においても気弱になってしまいます。

たとえば、旦那が営業マンで、大きな商談に臨むとしましょう。

気弱な旦那はそうしたシーンで、しっかり自己主張し、こちらに有利な取引をすることができません。

相手のペースで商談が進むため、良い結果を残すことができないのです。

どんな仕事でも、気弱でいては、思うような成績を残すことは難しいでしょう。

ほかの人に比べて、良い結果を出せなければ、当然、出世は遅れます。

結婚すれば、多くの女性は旦那の出世を望むものですが、気弱な旦那には出世が期待できません。

「いつまでたっても主任どまり」ということになりかねないことが、気弱な男子と結婚するデメリットの一つなのです。

家庭の雰囲気が暗くなりがち

ネガティブでマイナス思考になりがちなのが、気弱な男子の特徴でしょう。

たとえば、翌日、仕事で大きなプレゼンがあるとします。

気弱な男子はそういう時、翌日のプレゼンのことを考え、弱気になってしまうものです。

「うまくいかなかったらどうしよう」というように考えますから、自然に表情は暗くなります。

家でもそのことを考えるため、家庭の雰囲気まで暗くなってしまうのです。

たとえば、家で子供といっしょにいるときも、そのことで頭がいっぱいになり、子供のことをないがしろにしてしまうということもありえます。

仕事に関することでネガティブになりやすく、その結果、家庭の雰囲気が暗くなりがちというのも、気弱な男子と結婚するデメリットということになるでしょう。

子供も気弱になってしまうリスクが大きい

言うまでもなく、子供は親に似るものです。

遺伝によるものもあれば、いっしょに生活するために似てくるということもあるでしょう。

ということは、気弱な男子を旦那にすると、将来生まれてくる子供も気弱になってしまうリスクがあるわけです。

男の子だけでなく、女の子でも気が弱いというのは、親にとって、決してうれしい性格ではありません。

当人も、気弱な性格のために苦労することも少なくないでしょう。

子供も気弱になってしまうリスクが大きいこと、これも、気弱な男子を結婚するデメリットです。

ストレスがたまる

最初に紹介したように、気弱な旦那はいざというときに頼りになりませんから、トラブルが起こった時などは、こちらが対応し、処理する必要があるでしょう。

いくら「しっかりしてよ」と言っても、旦那の気弱な性質は直りません。

そのため、何かあると、その都度、小さくないストレスを感じてしまうことになります。

頼りにできないために、こちらが感じなくてもいいようなストレスを感じてしまうこと、そして、ストレスが溜まっていってしまうこと、これも気弱な男子を旦那にするデメリットということになるでしょう。

気弱な男子と結婚した時に考えられるデメリットを5種類紹介しました。

気弱な男子との結婚を考えている方は参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-