【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401135859.html
モテる文系男子の特徴

モテる文系男子の特徴 | LADYCO

LADYCO
モテる文系男子の特徴

文系男子も色々ですが、特にモテるタイプの文系男子では、どういった特徴があるでしょう。

ルックス等とは別に、そういった学部・学校を選んで通っていることや、そこで学んでいることとの関連から見てみましょう。

  • 周囲に女子が多い
  • 案外論理性がある
  • 学ぶ動機からして「優しい」人も多い
  • 教員の話し方に影響され、しっかり話す
  • お金に余裕が有ることも
  • 「ニオイ」問題がない
  • ファッションセンスが磨かれやすい
  • まとめ

1. 周囲に女子が多い

周囲に女子が多い

理系中心のキャンパスでは、どうしても女子率が低くなりがちです。

意図的に他校の学生と交流していない場合、ほとんど男性としか接触しない男子もいるのです。

まして高校も男子校となれば、どうしても女性に不慣れになります。

たとえ単なる友だちであっても、女子と接している時間が長い男子は、女子との会話などがスムーズでぎこちなさがなく、傾向としては、やはりモテやすくなります。

2. 案外論理性がある

案外論理性がある

イメージとしては、文系というと曖昧で、明快でない学問が多いようにも思われます。

しかしそれこそ「論理学」も文系に入りますし、哲学的な要素の強い学問でも、高い論理性が求められるものです。

また心理学などでも統計を多く取り扱い、数字にも強い人が意外と多いのです。

やはり男子にはある程度のロジカルさを求める女子も多い中、こういった文系男子はモテる傾向になります。

3. 学ぶ動機からして「優しい」人も多い

学ぶ動機からして「優しい」人も多い

たとえば教育学や臨床心理学などを専攻する学生では、やはり人に対して興味があり、究極的には「人が幸せになる」ことを目的としているところがあります。

このような学問に積極的に触れているならば、あまり冷たいということは考えにくく、「優しい男子」としてモテる人もいるのです。

4. 教員の話し方に影響され、しっかり話す

教員の話し方に影響され、しっかり話す

早口で何を言っているかわかりにくい男子、いつもモゴモゴとした喋り方をする男子などは、やはりモテないものです。

文系の教員は、一口には言えませんが政治学の先生であれば、はっきり雄弁に語るように話したり、外国文学の先生では、ソフトながら流麗な口調で話したりします。

国文学あたりとなれば、美しい日本語も当然です。

中には話が聞き取りにくいような教員もいるものの、総じてわかりよく話す人が多い傾向であり、ひいてはそこに通っている男子も明瞭な話し方をする傾向になるのです。

やはり話がわかりやすければ、モテることにもつながります。

5. お金に余裕が有ることも

お金に余裕が有ることも

親会社で医学部であるなどは別ですが、一般に文系の学生は、理系の学生よりお小遣いを持っていることがあります。

昨今の事情では学費を払うことがなかなか難しい中での苦学生も多いものですが、比較的学費が安い文系の場合、学生がバイト代などを好きに使える傾向ともなるのです。

たとえ魅力的でも、全くデートができないとか、ちょっとしたレストランにも入れないとかでは、なかなか積極的に女子と付き合えません。

厳しいですがそういった現実もあります。

6. 「ニオイ」問題がない

「ニオイ」問題がない

基本的には講堂や教室で勉強するのが文系の内容で、文系のみのキャンパスなら、機械的な設備や薬品類、生き物の飼養施設などはありません。

土や海水に触れるなどのこともなし。

一昔前ですと「大学がタバコくさい」ということもありましたが、現在では非喫煙男子が多いですね。

ニオわない文系男子について、無意識的にも「クサくない」と思う女子も多いのです。

また、男子も女子も、なかなか自他ともにわからない「フェロモン」を出していますが、それが別の匂いでマスクされてしまうこともないのです。

7. ファッションセンスが磨かれやすい

ファッションセンスが磨かれやすい

一部の理系男子では、白衣や作業用の服などを平素から着ていて、キャンパス内であまりファッションにこだわれないこともあります。

その場合ファッションを本格的に楽しむなら、休みの日や、街を歩いているとき、趣味の場などに限定されます。

文系では私服で勉強するのが一般的であるため、互いを見ることで自動的にファッションセンスが上がっていくのです。

まとめ

いかがでしょうか。

文系男子ならではの特性がかなりあるとわかります。

こういった各種の傾向をうまく使えている男子は、「モテる文系」となり得るのです。

理文どちらが男らしいかというと、なんとなく理系と考える人もいるものですが、そう単純な話でもないですし、なかなか想像できないような「モテにつながる要素」もあるのです。

また、内面的なモテ傾向については、文系を志望している段階や、卒業後にも関連してきます。

文系男子も色々ですが、特にモテるタイプの文系男子では、どういった特徴があるでしょう。

ルックス等とは別に、そういった学部・学校を選んで通っていることや、そこで学んでいることとの関連から見てみましょう。


周囲に女子が多い

理系中心のキャンパスでは、どうしても女子率が低くなりがちです。

意図的に他校の学生と交流していない場合、ほとんど男性としか接触しない男子もいるのです。

まして高校も男子校となれば、どうしても女性に不慣れになります。

たとえ単なる友だちであっても、女子と接している時間が長い男子は、女子との会話などがスムーズでぎこちなさがなく、傾向としては、やはりモテやすくなります。

案外論理性がある

イメージとしては、文系というと曖昧で、明快でない学問が多いようにも思われます。

しかしそれこそ「論理学」も文系に入りますし、哲学的な要素の強い学問でも、高い論理性が求められるものです。

また心理学などでも統計を多く取り扱い、数字にも強い人が意外と多いのです。

やはり男子にはある程度のロジカルさを求める女子も多い中、こういった文系男子はモテる傾向になります。

学ぶ動機からして「優しい」人も多い

たとえば教育学や臨床心理学などを専攻する学生では、やはり人に対して興味があり、究極的には「人が幸せになる」ことを目的としているところがあります。

このような学問に積極的に触れているならば、あまり冷たいということは考えにくく、「優しい男子」としてモテる人もいるのです。

教員の話し方に影響され、しっかり話す

早口で何を言っているかわかりにくい男子、いつもモゴモゴとした喋り方をする男子などは、やはりモテないものです。

文系の教員は、一口には言えませんが政治学の先生であれば、はっきり雄弁に語るように話したり、外国文学の先生では、ソフトながら流麗な口調で話したりします。

国文学あたりとなれば、美しい日本語も当然です。

中には話が聞き取りにくいような教員もいるものの、総じてわかりよく話す人が多い傾向であり、ひいてはそこに通っている男子も明瞭な話し方をする傾向になるのです。

やはり話がわかりやすければ、モテることにもつながります。

お金に余裕が有ることも

親会社で医学部であるなどは別ですが、一般に文系の学生は、理系の学生よりお小遣いを持っていることがあります。

昨今の事情では学費を払うことがなかなか難しい中での苦学生も多いものですが、比較的学費が安い文系の場合、学生がバイト代などを好きに使える傾向ともなるのです。

たとえ魅力的でも、全くデートができないとか、ちょっとしたレストランにも入れないとかでは、なかなか積極的に女子と付き合えません。

厳しいですがそういった現実もあります。

「ニオイ」問題がない

基本的には講堂や教室で勉強するのが文系の内容で、文系のみのキャンパスなら、機械的な設備や薬品類、生き物の飼養施設などはありません。

土や海水に触れるなどのこともなし。

一昔前ですと「大学がタバコくさい」ということもありましたが、現在では非喫煙男子が多いですね。

ニオわない文系男子について、無意識的にも「クサくない」と思う女子も多いのです。

また、男子も女子も、なかなか自他ともにわからない「フェロモン」を出していますが、それが別の匂いでマスクされてしまうこともないのです。

ファッションセンスが磨かれやすい

一部の理系男子では、白衣や作業用の服などを平素から着ていて、キャンパス内であまりファッションにこだわれないこともあります。

その場合ファッションを本格的に楽しむなら、休みの日や、街を歩いているとき、趣味の場などに限定されます。

文系では私服で勉強するのが一般的であるため、互いを見ることで自動的にファッションセンスが上がっていくのです。

いかがでしょうか。

文系男子ならではの特性がかなりあるとわかります。

こういった各種の傾向をうまく使えている男子は、「モテる文系」となり得るのです。

理文どちらが男らしいかというと、なんとなく理系と考える人もいるものですが、そう単純な話でもないですし、なかなか想像できないような「モテにつながる要素」もあるのです。

また、内面的なモテ傾向については、文系を志望している段階や、卒業後にも関連してきます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-