【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401134643.html
サプライズが苦手な男性の特徴

サプライズが苦手な男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
サプライズが苦手な男性の特徴

最近、驚かせる「ドッキリ」といえばテレビ番組の中だけでなく、一般の人の間でも大掛かりなものを仕掛ける人も少なくありません。

そしてそれは、誕生日や記念日という特別な日はもちろん、プロポーズなどの人生の節目にもサプライズを仕掛ける人が増えてきました。

テレビ番組のドッキリと違って、一般の人たちによって行われるものは人に喜んでもらうことを目的にしています。

それなのに、全ての人がそのサプライズを好むというわけではないようです。

特に、男性に多いようです。

今回は「サプライズが苦手な男性の特徴」について書いていきます。

  • お祭りが苦手な男性
  • 周囲の人からの目を気にする男性
  • 優しすぎる男性
  • 人見知りな男性
  • なんでも計画通りに進行したがる男性
  • あがり症の男性
  • まとめ

1. お祭りが苦手な男性

お祭りが苦手な男性

サプライズはまるで“お祭り"のような「盛り上がり」を見せることが多いです。

それはサプライズを仕掛ける方もそのターゲットの方も、感情が高ぶってしまうことが多いからです。

しかし、その“お祭りのような雰囲気"が苦手な男性であれば、どんなにサプライズが自分にとって嬉しいものであってもあまり良い気持ちはしないようです。

そういった男性は、人と集まって大騒ぎをするということもあまりありません。

大騒ぎするよりも、静かな落ち着いた雰囲気を好むのです。

2. 周囲の人からの目を気にする男性

周囲の人からの目を気にする男性

最近のサプライズで増えてきているのが、フラッシュモブのように街中でたくさんの人から、急に仕掛けられたりするものです。

その場合、仕掛け人の人数も多いですが、その“サプライズ"をただ見ているという「傍観者」も多いのです。

サプライズでは、仕掛け人は少しでも規模を大きくしたいと考えることがあります。

そのためには通行人が多いところや、人目に付きやすいところで行うというケースが多いのです。

なんだかわからないけど、拍手をしてくれたりする人たちをサプライズの“エキストラ"のように取り込むためです。

そうなると、見知らぬ人からの視線に不用意にさらされるということになります。

人から注目をされることが苦手な男性であれば、そのような状況に置かれることに大変なストレスを感じるのです。

そうなれば、サプライズの内容には集中できないでしょう。

3. 優しすぎる男性

優しすぎる男性

サプライズで仕掛け人が期待しているのは、そのターゲットが嬉しいという気持ちを“意表を突かれた形で"刺激されることで、感極まったように「喜ぶ姿」です。

これがサプライズの醍醐味とも言えるでしょう。

つまりサプライズというのは、ターゲットにされる人にとっても“ハードルが高い"のです。

そうはいっても、ターゲットの人は無理やりに喜ぶ必要はありません。

しかし、優しい性格の人であれば「せっかく自分を喜ばせようとしてくれたのに期待に応えられないのは、仕掛け人に恥をかかせるのではないか」と感じたり「せっかくの好意をムダにして仕掛け人をガッカリさせてしまうのは“申し訳ない"」というような心理が働くのです。

このような心理が働くことによって、サプライズではない「告白」や「プロポーズ」なら断っている申し入れでも、サプライズを用いたものであったために“断りづらい"と受け入れてしまうということもあるようです。

つまりサプライズが原因で、自分の意思を曲げてしまうということさえあるのです。

4. 人見知りな男性

人見知りな男性

サプライズを仕掛けるとなると、ターゲットに知られてはいけません。

しかし、アッと驚かせるための環境を作り出さなければなりません。

そうなると、人の手助けをもらう必要があります。

このように「サプライズ」というのは大変な準備が必要ということです。

それをカンタンにできる方法があります。

それは、サプライズをしてくれる「お店」にサプライズを“注文"するのです。

そうすれば手軽にクオリティの高いサプライズを仕掛けることができます。

しかし、それはターゲットの知らないお店の人が関わってくるということを意味します。

そのようなサプライズを“人見知りな男性"が好むはずがありません。

5. なんでも計画通りに進行したがる男性

なんでも計画通りに進行したがる男性

何をするのにも、計画を立てたがる男性は自分の“予期しないこと"はあまり好きではありません。

何事も把握していないと「不安」と感じるからです。

ですので、人から仕掛けられるサプライズに「恐怖」すら感じるという人もいます。

こういった特徴の男性はターゲットには不向きと言えます。

しかし、仕掛け人という立場であればその性格は持ってこいです。

計画を立てる力や、それを実行する力を持っているということです。

6. あがり症の男性

あがり症の男性

普段から緊張しいの男性であれば、人が何かを企んでいるということを雰囲気で感じ取りやすいです。

そうなれば、それを警戒せざるを得ないために精神的に大変なストレスを感じるのです。

まとめ

このように全ての人がサプライズを好むわけではなく、また人によってターゲットに向く人と、仕掛け人に向いている人とがいるということがわかります。

もし、誰かにサプライズを仕掛けようと思えば、そのターゲットの方がサプライズを好む人であるかどうかということを考慮する必要があるでしょう。

そして、サプライズが仕掛け人の「自己満足」になってしまわないようにしましょう。

最近、驚かせる「ドッキリ」といえばテレビ番組の中だけでなく、一般の人の間でも大掛かりなものを仕掛ける人も少なくありません。

そしてそれは、誕生日や記念日という特別な日はもちろん、プロポーズなどの人生の節目にもサプライズを仕掛ける人が増えてきました。

テレビ番組のドッキリと違って、一般の人たちによって行われるものは人に喜んでもらうことを目的にしています。

それなのに、全ての人がそのサプライズを好むというわけではないようです。

特に、男性に多いようです。

今回は「サプライズが苦手な男性の特徴」について書いていきます。


お祭りが苦手な男性

サプライズはまるで“お祭り"のような「盛り上がり」を見せることが多いです。

それはサプライズを仕掛ける方もそのターゲットの方も、感情が高ぶってしまうことが多いからです。

しかし、その“お祭りのような雰囲気"が苦手な男性であれば、どんなにサプライズが自分にとって嬉しいものであってもあまり良い気持ちはしないようです。

そういった男性は、人と集まって大騒ぎをするということもあまりありません。

大騒ぎするよりも、静かな落ち着いた雰囲気を好むのです。

周囲の人からの目を気にする男性

最近のサプライズで増えてきているのが、フラッシュモブのように街中でたくさんの人から、急に仕掛けられたりするものです。

その場合、仕掛け人の人数も多いですが、その“サプライズ"をただ見ているという「傍観者」も多いのです。

サプライズでは、仕掛け人は少しでも規模を大きくしたいと考えることがあります。

そのためには通行人が多いところや、人目に付きやすいところで行うというケースが多いのです。

なんだかわからないけど、拍手をしてくれたりする人たちをサプライズの“エキストラ"のように取り込むためです。

そうなると、見知らぬ人からの視線に不用意にさらされるということになります。

人から注目をされることが苦手な男性であれば、そのような状況に置かれることに大変なストレスを感じるのです。

そうなれば、サプライズの内容には集中できないでしょう。

優しすぎる男性

サプライズで仕掛け人が期待しているのは、そのターゲットが嬉しいという気持ちを“意表を突かれた形で"刺激されることで、感極まったように「喜ぶ姿」です。

これがサプライズの醍醐味とも言えるでしょう。

つまりサプライズというのは、ターゲットにされる人にとっても“ハードルが高い"のです。

そうはいっても、ターゲットの人は無理やりに喜ぶ必要はありません。

しかし、優しい性格の人であれば「せっかく自分を喜ばせようとしてくれたのに期待に応えられないのは、仕掛け人に恥をかかせるのではないか」と感じたり「せっかくの好意をムダにして仕掛け人をガッカリさせてしまうのは“申し訳ない"」というような心理が働くのです。

このような心理が働くことによって、サプライズではない「告白」や「プロポーズ」なら断っている申し入れでも、サプライズを用いたものであったために“断りづらい"と受け入れてしまうということもあるようです。

つまりサプライズが原因で、自分の意思を曲げてしまうということさえあるのです。

人見知りな男性

サプライズを仕掛けるとなると、ターゲットに知られてはいけません。

しかし、アッと驚かせるための環境を作り出さなければなりません。

そうなると、人の手助けをもらう必要があります。

このように「サプライズ」というのは大変な準備が必要ということです。

それをカンタンにできる方法があります。

それは、サプライズをしてくれる「お店」にサプライズを“注文"するのです。

そうすれば手軽にクオリティの高いサプライズを仕掛けることができます。

しかし、それはターゲットの知らないお店の人が関わってくるということを意味します。

そのようなサプライズを“人見知りな男性"が好むはずがありません。

なんでも計画通りに進行したがる男性

何をするのにも、計画を立てたがる男性は自分の“予期しないこと"はあまり好きではありません。

何事も把握していないと「不安」と感じるからです。

ですので、人から仕掛けられるサプライズに「恐怖」すら感じるという人もいます。

こういった特徴の男性はターゲットには不向きと言えます。

しかし、仕掛け人という立場であればその性格は持ってこいです。

計画を立てる力や、それを実行する力を持っているということです。

あがり症の男性

普段から緊張しいの男性であれば、人が何かを企んでいるということを雰囲気で感じ取りやすいです。

そうなれば、それを警戒せざるを得ないために精神的に大変なストレスを感じるのです。

このように全ての人がサプライズを好むわけではなく、また人によってターゲットに向く人と、仕掛け人に向いている人とがいるということがわかります。

もし、誰かにサプライズを仕掛けようと思えば、そのターゲットの方がサプライズを好む人であるかどうかということを考慮する必要があるでしょう。

そして、サプライズが仕掛け人の「自己満足」になってしまわないようにしましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-