【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401134610.html
文系男子の就職先に営業職が多い理由

文系男子の就職先に営業職が多い理由 | LADYCO

LADYCO
文系男子の就職先に営業職が多い理由

経済学部や商学部など、大学の文系学部を卒業した文系男子は、営業職への就職が非常に多いです。

なぜなのでしょうか。

今回は、「文系男子の就職先に営業職が多い理由」について、いくつかご紹介していきます。

  • コミュニケーション能力が高い
  • 営業職は人数が足りてない
  • 特別な資格はいらない
  • スポーツなどの経験者が優遇される
  • 研究職や開発職は理系のみ
  • 新入社員は営業に配属する企業が多い
  • 営業職を希望する学生も多い
  • まとめ

1. コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力が高い

まず、営業職にとって一番大事なものはコミュニケーション能力です。

大学の文系学部を卒業した文系男子は、理系男子と比較して、コミュニケーション能力が優れている場合が多いのです。

その優れたコミュニケーション能力を生かす職種として、営業職を選び、就職する文系男子が多いのです。

また、企業側としても、個人の適性をみて配属先を決定するので、コミュニケーション能力に優れた文系男子が、営業職に配置されるケースが必然的に多くなります。

2. 営業職は人数が足りてない

営業職は人数が足りてない

少子化による人工減少で、企業では人員不足が深刻化しています。

中でも、営業職は企業にとって一番人員を裂かなければならない職種です。

つまり、人員が足りていないため、必然的に採用枠が増えます。

そこで、営業職の募集をかけている企業が多いため、就職する学生も多くなるのです。

3. 特別な資格はいらない

特別な資格はいらない

営業職は、特別な資格がなくてもなれる職種です。

金融業界の場合など、入社してから資格の取得が必須となる場合もありますが、ほとんどは就職活動中に資格の取得を義務付けられることがありません。

大学で特別な資格を取得していない文系男子が、営業職への就職が多いのは、資格が必要ないことが理由のひとつなのです。

4. スポーツなどの経験者が優遇される

スポーツなどの経験者が優遇される

営業職は、ノルマに追われ、上下関係が厳しく、離職率がとても高いことが特徴です。

そこで、就職活動においても、スポーツの経験者は根性があるとみなされ、優遇される傾向があります。

スポーツに打ち込んでいる学生の多くは文系です。

だからこそ、文系男子の就職先として、営業職が増えるのです。

5. 研究職や開発職は理系のみ

研究職や開発職は理系のみ

一般的に、メーカーの研究職や開発職は、大学の理系学部か、理系の大学院を卒業した人でなければ応募することすらできません。

また、そのような専門職は、理系の大学のゼミからの推薦による就職が多い事も事実です。

そのような専門職に文系学生が就職する事ができないことも、文系男子の就職先が営業職になる一つの理由なのです。

6. 新入社員は営業に配属する企業が多い

新入社員は営業に配属する企業が多い

文系であっても、企画系の職種や、人事、採用といった、営業職以外の職種で働くことも可能ですが、多くの企業では、新入社員をまず営業部門に配属します。

その会社について学ぶ機会になったり、より現場の近くで働くことを重視している企業が多いためです。

そのため、一般的な企業に就職した文系男子の多くは、初めはまず営業職に配属されるパターンが多いのです。

7. 営業職を希望する学生も多い

営業職を希望する学生も多い

営業職は、ノルマがきついといったマイナスイメージがあるものの、結果を出せばインセンティブがもらえたり、出世の近道となるような、会社の花形です。

そのような営業職であるからこそ、きついをわかっていても就職先として希望する学生が多いのも事実です。

文系男子には、営業職を希望して就職活動を行っている人が多くいるため、就職先としても必然的に営業職が多くなるのです。

まとめ

さて、今回は「文系男子の就職先に営業職が多い理由」についてご紹介してきましたが、いかがでしたか。

もちろん、文系男子が全て営業職に就職するわけではありません。

ただ、間違いなく就職先として一番多いのは営業職です。

営業職はとてもきつい職種ではありますが、やりがいの大きな仕事です。

コミュニケーション能力を社会で存分に発揮できるため、文系男子にはぴったりな職種かもしれませんね。

経済学部や商学部など、大学の文系学部を卒業した文系男子は、営業職への就職が非常に多いです。

なぜなのでしょうか。

今回は、「文系男子の就職先に営業職が多い理由」について、いくつかご紹介していきます。


コミュニケーション能力が高い

まず、営業職にとって一番大事なものはコミュニケーション能力です。

大学の文系学部を卒業した文系男子は、理系男子と比較して、コミュニケーション能力が優れている場合が多いのです。

その優れたコミュニケーション能力を生かす職種として、営業職を選び、就職する文系男子が多いのです。

また、企業側としても、個人の適性をみて配属先を決定するので、コミュニケーション能力に優れた文系男子が、営業職に配置されるケースが必然的に多くなります。

営業職は人数が足りてない

少子化による人工減少で、企業では人員不足が深刻化しています。

中でも、営業職は企業にとって一番人員を裂かなければならない職種です。

つまり、人員が足りていないため、必然的に採用枠が増えます。

そこで、営業職の募集をかけている企業が多いため、就職する学生も多くなるのです。

特別な資格はいらない

営業職は、特別な資格がなくてもなれる職種です。

金融業界の場合など、入社してから資格の取得が必須となる場合もありますが、ほとんどは就職活動中に資格の取得を義務付けられることがありません。

大学で特別な資格を取得していない文系男子が、営業職への就職が多いのは、資格が必要ないことが理由のひとつなのです。

スポーツなどの経験者が優遇される

営業職は、ノルマに追われ、上下関係が厳しく、離職率がとても高いことが特徴です。

そこで、就職活動においても、スポーツの経験者は根性があるとみなされ、優遇される傾向があります。

スポーツに打ち込んでいる学生の多くは文系です。

だからこそ、文系男子の就職先として、営業職が増えるのです。

研究職や開発職は理系のみ

一般的に、メーカーの研究職や開発職は、大学の理系学部か、理系の大学院を卒業した人でなければ応募することすらできません。

また、そのような専門職は、理系の大学のゼミからの推薦による就職が多い事も事実です。

そのような専門職に文系学生が就職する事ができないことも、文系男子の就職先が営業職になる一つの理由なのです。

新入社員は営業に配属する企業が多い

文系であっても、企画系の職種や、人事、採用といった、営業職以外の職種で働くことも可能ですが、多くの企業では、新入社員をまず営業部門に配属します。

その会社について学ぶ機会になったり、より現場の近くで働くことを重視している企業が多いためです。

そのため、一般的な企業に就職した文系男子の多くは、初めはまず営業職に配属されるパターンが多いのです。

営業職を希望する学生も多い

営業職は、ノルマがきついといったマイナスイメージがあるものの、結果を出せばインセンティブがもらえたり、出世の近道となるような、会社の花形です。

そのような営業職であるからこそ、きついをわかっていても就職先として希望する学生が多いのも事実です。

文系男子には、営業職を希望して就職活動を行っている人が多くいるため、就職先としても必然的に営業職が多くなるのです。

さて、今回は「文系男子の就職先に営業職が多い理由」についてご紹介してきましたが、いかがでしたか。

もちろん、文系男子が全て営業職に就職するわけではありません。

ただ、間違いなく就職先として一番多いのは営業職です。

営業職はとてもきつい職種ではありますが、やりがいの大きな仕事です。

コミュニケーション能力を社会で存分に発揮できるため、文系男子にはぴったりな職種かもしれませんね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-