【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401134605.html
優柔不断な男性の特徴

優柔不断な男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
優柔不断な男性の特徴

優柔不断な男性は、はっきりしないので対応する側はイライラする事があります。

食事のメニュー、行き先なども決まらず、共に行動する人が困ってしまいます。

このように物事をはっきり決められないので決断力がありません。

ではこう言った男性の特徴とは一体どのようなものなのでしょうか。

いくつかの例を挙げて考えていきたいと思います。

  • 自分の信念がない
  • 押しに弱い
  • 浮気性
  • 流行に流されやすい
  • マザコン
  • 責任感が無い
  • 話す時に声が小さい
  • 嘘つき
  • 八方美人
  • まとめ

1. 自分の信念がない

自分の信念がない

自分の信念が無いのでいつも他人に判断を委ねています。

そして、他人の言うことを聞いてしまいます。

これは自身の意思が弱いことを表していますので、何事も結果を出すことが出来にくいと言えます。

成功しない訳ですね。

女性からしたら、「しっかりして欲しい」と思われるタイプであきれられることが多いのが特徴です。

2. 押しに弱い

押しに弱い

こと恋愛においては自分からアプローせず、押しに弱いタイプです。

好きでもない女性にアプローチされたら、断りきれずに付き合ってしまう可能性も高め。

押せ押せな性格の女性は有利に働くかもしれません。

しかしその後で雰囲気にのまれて付き合ってしまったなどという男性との交際で、本当に幸せになれるのかは疑問です。

パートナーとしては不適切かもしれません。

3. 浮気性

浮気性

はっきりしないので、自分から誘って浮気に走るわけではなく、女性側から誘われてつい浮気すると言った傾向があります。

こういった男性とお付き合いしている女性はいつでも不安でなりませんね。

しかも、その現実を責めたりすると責任を取るような性格ではありませんから、逃げの一手です。

こういう男性は付き合いはじめの段階で、性格を見極める必要がありそうです。

気を付けましょう。

4. 流行に流されやすい

流行に流されやすい

好きな物もはっきりしないので、「流行っているから、みんながいいと言うから」などの理由で似合ってもいないものを着ていたり、持っていたりします。

はっきり言うとダサいタイプです。

芯が無い人は雰囲気で伝わりますから、ファッションセンスも低め。

おしゃれでは無い男性はモテない傾向にありますね。

5. マザコン

マザコン

マザコンですと、何でも母親が決めてくれたわけです。

洋服、食べるもの、行動、すべてがママ任せ。

その方が楽ですし、ママも可愛がってもくれます。

幼い頃から自分の意見が言えないで育っている訳ですね。

しかもそれが心地良いと感じるようになってしまったようです。

お付き合いする女性にもこれを求められたら、女性としてはたまったものではありません。

育ちはやはり成人になっても影響しますね。

親離れは早めにしておいた方が良さそうです。

6. 責任感が無い

責任感が無い

優柔普段な人は無責任です。

責任を負いたくないのではっきりと意見を言いません。

その場をのらりくらりと返答を先延ばしにして、ついには多数決で多い意見と同じ意見にします。

そうすることによって、何か問題が起こっても自分の責任では無く、連帯責任になるからです。

しかし、こういった人はそこそこ出世もする傾向にあります。

上司やお偉いさんにうまく流され、可愛がられるからです。

しかし、能力がないのは一目瞭然。

部下たちは「出来ないけれど出世した上司」の尻拭いをしている事が、どこの会社でも多い現状です。

先頭に立つ能力を持った人が出世するべきなのにおかしな世の中ですね。

7. 話す時に声が小さい

話す時に声が小さい

はっきりと物事を伝えるのを嫌がります。

これは、ごにょごにょと言葉を濁せば「そんな事は言っていない」と逃げられるからです。

卑怯ものや、汚いやり方と言っても過言ではありません。

周囲に言葉がはっきりと聞こえなくて、会議の時にもそういった傾向のある人がいたら注意した方が良さそうです。

8. 嘘つき

嘘つき

あっちの意見、こっちの意見に合わせたい訳ですから、すぐに同意します。

一つの意見に同意したら反対意見に賛成すると、気持ちの上で嘘を付くことになってしまいます。

それでも平気な優柔不断さ。

それが指摘された時にも逃げたいので「そうだっけ?なんか悪いことした?」などととぼけます。

こんな人は到底信用なりません。

関わりたく無いものですね。

9. 八方美人

八方美人

あちこちに良い顔をします。

どこのグループの輪にも入りたいので愛想は良かったりもします。

しかし「調子がいい」と思われるケースが多く、やはり信頼はされていません。

誰にでもいい顔をするのは愛嬌があって、ある程度なら許されますが不快になるほど人に合わせすぎでは、つまはじきにされてしまいます。

社交的な事は悪いことではありませんから、ほどほどにしましょう。

まとめ

優柔不断な男性は、はっきりしないので嫌われる傾向にあります。

特にビジネスシーンでは、仕事をこなす上での決断力が重要になってきますので、イエス、ノーをはっきりさせることが必要そうです。

女性との恋愛においては、付き合いたくない男性の性格で「優柔普段な性格」は上位に上がりそうです。

「自分を好きでいてくれるかどうか解らない」などと言う優柔不断さを出されてしまったらショックですからね。

優柔不断な男性は、はっきりしないので対応する側はイライラする事があります。

食事のメニュー、行き先なども決まらず、共に行動する人が困ってしまいます。

このように物事をはっきり決められないので決断力がありません。

ではこう言った男性の特徴とは一体どのようなものなのでしょうか。

いくつかの例を挙げて考えていきたいと思います。


自分の信念がない

自分の信念が無いのでいつも他人に判断を委ねています。

そして、他人の言うことを聞いてしまいます。

これは自身の意思が弱いことを表していますので、何事も結果を出すことが出来にくいと言えます。

成功しない訳ですね。

女性からしたら、「しっかりして欲しい」と思われるタイプであきれられることが多いのが特徴です。

押しに弱い

こと恋愛においては自分からアプローせず、押しに弱いタイプです。

好きでもない女性にアプローチされたら、断りきれずに付き合ってしまう可能性も高め。

押せ押せな性格の女性は有利に働くかもしれません。

しかしその後で雰囲気にのまれて付き合ってしまったなどという男性との交際で、本当に幸せになれるのかは疑問です。

パートナーとしては不適切かもしれません。

浮気性

はっきりしないので、自分から誘って浮気に走るわけではなく、女性側から誘われてつい浮気すると言った傾向があります。

こういった男性とお付き合いしている女性はいつでも不安でなりませんね。

しかも、その現実を責めたりすると責任を取るような性格ではありませんから、逃げの一手です。

こういう男性は付き合いはじめの段階で、性格を見極める必要がありそうです。

気を付けましょう。

流行に流されやすい

好きな物もはっきりしないので、「流行っているから、みんながいいと言うから」などの理由で似合ってもいないものを着ていたり、持っていたりします。

はっきり言うとダサいタイプです。

芯が無い人は雰囲気で伝わりますから、ファッションセンスも低め。

おしゃれでは無い男性はモテない傾向にありますね。

マザコン

マザコンですと、何でも母親が決めてくれたわけです。

洋服、食べるもの、行動、すべてがママ任せ。

その方が楽ですし、ママも可愛がってもくれます。

幼い頃から自分の意見が言えないで育っている訳ですね。

しかもそれが心地良いと感じるようになってしまったようです。

お付き合いする女性にもこれを求められたら、女性としてはたまったものではありません。

育ちはやはり成人になっても影響しますね。

親離れは早めにしておいた方が良さそうです。

責任感が無い

優柔普段な人は無責任です。

責任を負いたくないのではっきりと意見を言いません。

その場をのらりくらりと返答を先延ばしにして、ついには多数決で多い意見と同じ意見にします。

そうすることによって、何か問題が起こっても自分の責任では無く、連帯責任になるからです。

しかし、こういった人はそこそこ出世もする傾向にあります。

上司やお偉いさんにうまく流され、可愛がられるからです。

しかし、能力がないのは一目瞭然。

部下たちは「出来ないけれど出世した上司」の尻拭いをしている事が、どこの会社でも多い現状です。

先頭に立つ能力を持った人が出世するべきなのにおかしな世の中ですね。

話す時に声が小さい

はっきりと物事を伝えるのを嫌がります。

これは、ごにょごにょと言葉を濁せば「そんな事は言っていない」と逃げられるからです。

卑怯ものや、汚いやり方と言っても過言ではありません。

周囲に言葉がはっきりと聞こえなくて、会議の時にもそういった傾向のある人がいたら注意した方が良さそうです。

嘘つき

あっちの意見、こっちの意見に合わせたい訳ですから、すぐに同意します。

一つの意見に同意したら反対意見に賛成すると、気持ちの上で嘘を付くことになってしまいます。

それでも平気な優柔不断さ。

それが指摘された時にも逃げたいので「そうだっけ?なんか悪いことした?」などととぼけます。

こんな人は到底信用なりません。

関わりたく無いものですね。

八方美人

あちこちに良い顔をします。

どこのグループの輪にも入りたいので愛想は良かったりもします。

しかし「調子がいい」と思われるケースが多く、やはり信頼はされていません。

誰にでもいい顔をするのは愛嬌があって、ある程度なら許されますが不快になるほど人に合わせすぎでは、つまはじきにされてしまいます。

社交的な事は悪いことではありませんから、ほどほどにしましょう。

優柔不断な男性は、はっきりしないので嫌われる傾向にあります。

特にビジネスシーンでは、仕事をこなす上での決断力が重要になってきますので、イエス、ノーをはっきりさせることが必要そうです。

女性との恋愛においては、付き合いたくない男性の性格で「優柔普段な性格」は上位に上がりそうです。

「自分を好きでいてくれるかどうか解らない」などと言う優柔不断さを出されてしまったらショックですからね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-