【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401134558.html
文系男子と理系男子の違い

文系男子と理系男子の違い | LADYCO

LADYCO
文系男子と理系男子の違い

人は、文系と理系に大別されます。

みなさんは、文系男子と理系男子にそれぞれどのようなイメージを抱いていますか。

今回は、「文系男子と理系男子の違い」についていくつかご紹介していきます。

  • 考え方の違い
  • ファッションの違い
  • 勉強に対する価値観の違い
  • 恋愛に関する価値観の違い
  • 交遊関係の違い
  • 飲み会の雰囲気も違う
  • かわいい女子が好きな文系男子、美人系女子が好きな理系男子
  • まとめ

1. 考え方の違い

考え方の違い

文系と理系では考え方が違います。

感情的な部分を優先する文系男子と比較して、理系男子は論理的な思考力を持ち合わせていることが多いです。

そのため、ドラマティックなイメージを抱かれやすいのが文系男子、クールで知的、ちょっと冷たいイメージを抱かれやすいのが理系です。

2. ファッションの違い

ファッションの違い

文系男子と理系男子では、好みのファッションも異なります。

どちらかというとカジュアルなファッションが多いのが文系男子、きれいめで大人っぽい落ち着いたファッションが多いのが理系男子です。

また、理系男子はメガネをかけている人がとても多いのですが、文系男子は身だしなみを気にしてからか、目が悪くてもコンタクトを着用している人が多いです。

3. 勉強に対する価値観の違い

勉強に対する価値観の違い

大学で、特に熱心に研究に打ち込んでいるのは、理系男子に多いです。

それと引き換えに文系男子は、大学での勉学よりも、サークル活動やアルバイトに精を出している学生が多いのです。

勉強が好きなのが理系男子で、あまり勉強が好きはないのが文系男子です。

もちろん、文系であっても、文学部の学生や歴史学部の学生など、研究に打ち込んでいる学生もいるので、必ずしも勉強嫌いというわけではなさそうです。

4. 恋愛に関する価値観の違い

恋愛に関する価値観の違い

文系男子と理系男子では、恋愛に対する価値観も違います。

ロマンチストが多い文系男子は、女性へのアピールも積極的で、どちらかというと恋愛上手である場合が多いです。

それと引き換えに理系男子は、女性へのアプローチが苦手で、恋愛に対して奥手な、いわゆる「草食系男子」が多い事が特徴の一つに挙げられます。

5. 交遊関係の違い

交遊関係の違い

文系男子は、コミュニケーション能力が高い人が多いため、交遊関係が広いです。

大学内ではサークルやゼミなどで積極的に交遊関係を広げていくため、男女問わず友人が多いのが文系男子の特徴です。

それと比較して理系男子は、交遊関係が狭い場合が多いでしょう。

人とのコミュニケーションがあまり得意ではないため、交遊関係は狭く、深くという方が多いようです。

また、文系男子と比較して、女性の友人は少なめである場合が多いでしょう。

6. 飲み会の雰囲気も違う

飲み会の雰囲気も違う

大学の文系学部と理系学部の飲み会を比較してみると、文系学部は大人数で明るくわいわい、どちらかと言えば騒がしいのに対して、理系学部の飲み会は、静かで大人しいのがポイントです。

騒ぐのが苦手な理系男子と、騒ぐのが大好きな文系男子の違いは、飲み会の雰囲気の違いからもみてとれます。

7. かわいい女子が好きな文系男子、美人系女子が好きな理系男子

かわいい女子が好きな文系男子、美人系女子が好きな理系男子

また、文系男子と理系男子は、女性の好みにも違いがあります。

文系男子は一緒にいて楽しい、かわいくて明るい女子が好きになりがちですが、理系男子は、落ち着きのある、知的で美人な女性に惹かれる傾向があります。

恋愛観が違うので、女性の好みも異なるというわけですね。

まとめ

さて、今回は「文系男子と理系男子の違い」についてお話してきましたが、いかがでしたか。

あなたが好きな彼が文系であるか理系であるかで、好きな女性のタイプや、ファッションの好み、デートプランも異なってきます。

文系男子と理系男子の違いをしっかりと理解して、彼に合わせてアピールができるとよいでしょう。

もちろん、文系男子だからといって必ずしもかわいい女子が好きというわけでもありませんし、理系男子だから必ずしも友達が少ないというわけではありません。

あくまで参考にする程度にしてくださいね。

人は、文系と理系に大別されます。

みなさんは、文系男子と理系男子にそれぞれどのようなイメージを抱いていますか。

今回は、「文系男子と理系男子の違い」についていくつかご紹介していきます。


考え方の違い

文系と理系では考え方が違います。

感情的な部分を優先する文系男子と比較して、理系男子は論理的な思考力を持ち合わせていることが多いです。

そのため、ドラマティックなイメージを抱かれやすいのが文系男子、クールで知的、ちょっと冷たいイメージを抱かれやすいのが理系です。

ファッションの違い

文系男子と理系男子では、好みのファッションも異なります。

どちらかというとカジュアルなファッションが多いのが文系男子、きれいめで大人っぽい落ち着いたファッションが多いのが理系男子です。

また、理系男子はメガネをかけている人がとても多いのですが、文系男子は身だしなみを気にしてからか、目が悪くてもコンタクトを着用している人が多いです。

勉強に対する価値観の違い

大学で、特に熱心に研究に打ち込んでいるのは、理系男子に多いです。

それと引き換えに文系男子は、大学での勉学よりも、サークル活動やアルバイトに精を出している学生が多いのです。

勉強が好きなのが理系男子で、あまり勉強が好きはないのが文系男子です。

もちろん、文系であっても、文学部の学生や歴史学部の学生など、研究に打ち込んでいる学生もいるので、必ずしも勉強嫌いというわけではなさそうです。

恋愛に関する価値観の違い

文系男子と理系男子では、恋愛に対する価値観も違います。

ロマンチストが多い文系男子は、女性へのアピールも積極的で、どちらかというと恋愛上手である場合が多いです。

それと引き換えに理系男子は、女性へのアプローチが苦手で、恋愛に対して奥手な、いわゆる「草食系男子」が多い事が特徴の一つに挙げられます。

交遊関係の違い

文系男子は、コミュニケーション能力が高い人が多いため、交遊関係が広いです。

大学内ではサークルやゼミなどで積極的に交遊関係を広げていくため、男女問わず友人が多いのが文系男子の特徴です。

それと比較して理系男子は、交遊関係が狭い場合が多いでしょう。

人とのコミュニケーションがあまり得意ではないため、交遊関係は狭く、深くという方が多いようです。

また、文系男子と比較して、女性の友人は少なめである場合が多いでしょう。

飲み会の雰囲気も違う

大学の文系学部と理系学部の飲み会を比較してみると、文系学部は大人数で明るくわいわい、どちらかと言えば騒がしいのに対して、理系学部の飲み会は、静かで大人しいのがポイントです。

騒ぐのが苦手な理系男子と、騒ぐのが大好きな文系男子の違いは、飲み会の雰囲気の違いからもみてとれます。

かわいい女子が好きな文系男子、美人系女子が好きな理系男子

また、文系男子と理系男子は、女性の好みにも違いがあります。

文系男子は一緒にいて楽しい、かわいくて明るい女子が好きになりがちですが、理系男子は、落ち着きのある、知的で美人な女性に惹かれる傾向があります。

恋愛観が違うので、女性の好みも異なるというわけですね。

さて、今回は「文系男子と理系男子の違い」についてお話してきましたが、いかがでしたか。

あなたが好きな彼が文系であるか理系であるかで、好きな女性のタイプや、ファッションの好み、デートプランも異なってきます。

文系男子と理系男子の違いをしっかりと理解して、彼に合わせてアピールができるとよいでしょう。

もちろん、文系男子だからといって必ずしもかわいい女子が好きというわけでもありませんし、理系男子だから必ずしも友達が少ないというわけではありません。

あくまで参考にする程度にしてくださいね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-