【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401134540.html
照れ屋である男性の特徴

照れ屋である男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
照れ屋である男性の特徴

女性がつい可愛いと感じてしまうのは照れ屋な男性です。

同性からも慕われやすいその特徴は一体どんなものなのでしょうか。

  • 恥ずかしくて自分から声をかけられない
  • やる前から想像しすぎてしまって勇気が出ない
  • 顔に出していないつもりでも顔色や口元でわかる
  • あまりにも追い詰められると怒り出す
  • 優しくされることに疲れてしまう
  • 同じように照れ屋な人の気持ちがよくわかる
  • 人と目を合わせるのが苦手である
  • まとめ

1. 恥ずかしくて自分から声をかけられない

恥ずかしくて自分から声をかけられない

照れ屋な男性は恥ずかしさのあまり自分から人に声をかけることができません。

ナンパは当然無理ですし、目の前に知り合いがいてもどう声をかけたらいいかわからないままスルーしてしまうこともあります。

自分から声をかけないせいで人との交流も生まれにくく、友達を増やすことも簡単にはいきません。

そんな男性だからこそ安心して話しかけられるという人もいるため、そういう人から寄って来てくれるのを待っています。

2. やる前から想像しすぎてしまって勇気が出ない

やる前から想像しすぎてしまって勇気が出ない

照れ屋な男性は思いを言葉に出さない分だけ想像力が豊かであることも多く、やる前からあれこれイメージし過ぎて自信がなくなってしまいます。

相手のリアクションがどんなものか想像しすぎてすっかり怖くなってしまったり、結果的にミスをしてしまうのではないかというイメージがどんどん膨らんでなかなか勇気が出ません。

照れ屋な上にネガティブが重なると苦しむことも多いようです。

3. 顔に出していないつもりでも顔色や口元でわかる

顔に出していないつもりでも顔色や口元でわかる

照れ屋な男性は自分の感情を悟られるのを嫌うのでどうにか顔に出さないようにします。

しかし、顔色や口元まではうまく隠すことができず、真っ赤な顔とゆるむ口元で照れていることがバレてしまいます。

そこをいじられてますます恥ずかしくなり、話をそらしたり逃げ出したくなってしまいます。

こんな男性は周りから見ればとても可愛らしく見えるもので、女性はもちろん同性からも嫌われにくいように感じます。

4. あまりにも追い詰められると怒り出す

あまりにも追い詰められると怒り出す

照れ屋な男性はそのリアクションが面白いのでついからかいたくなってしまいます。

しかし、あまりにも追い詰められてしまうとどうしたらいいのかわからなくなって怒り出してしまうこともあるため、上手く付き合っていくには相手の限界までいじるべきではありません。

照れ屋な男性本人も自分が追い詰められないように上手い回避方法を見つけておく必要があります。

5. 優しくされることに疲れてしまう

優しくされることに疲れてしまう

照れ屋な男性は周りに気を遣ってもらえることも多いですが、優しくされることに疲れてしまうこともあります。

照れてしまう自分が情けなくてやるせなくなり、人と関わることが苦しく思えてしまったりしてくるのです。

しかし、照れ屋でも図々しい男性であればその性格に甘えて状況から逃げ出すこともできてしまいます。

優しくされて疲れてしまうのには自分を変えたいという本音が見えてきそうではないでしょうか。

6. 同じように照れ屋な人の気持ちがよくわかる

同じように照れ屋な人の気持ちがよくわかる

照れ屋な男性は優しい人が多いので、人の気持ちも理解しようとできるでしょう。

特に同じような照れ屋な人の気持ちは痛いほどよくわかります。

そのため、相手が照れるようなことは言わないように配慮できます。

似たもの同士が集まればお互いが居心地のいい存在となり、少人数でも深く理解し合える友達を作ることも可能です。

また、どうも仲良くなれないようなメンタルの持ち主に憧れを抱きながら見つめていることもあります。

7. 人と目を合わせるのが苦手である

人と目を合わせるのが苦手である

照れ屋なので人と目を合わせることも苦手という点も特徴のひとつです。

目を合わせると逃げられないような気になってしまう上に考えを見透かされてしまうような恐怖もあります。

相手が女性であれば瞳に吸い込まれてしまいそうで夢中になる自分に怯えていることもあります。

目を合わせないせいで自分に対する自信のなさを感じさせてしまうでしょう。

まとめ

照れ屋な男性に対してじれったいとイライラしてしまう人もいますが、女性からは可愛らしい男性と言われやすい魅力的な特徴でもあります。

また、同性からもついちょっかいをかけたいと思わせるので周りは放っておくことができません。

照れ屋に悩む前に照れ屋の魅力を理解してみると気持ちが軽くなるでしょう。

女性がつい可愛いと感じてしまうのは照れ屋な男性です。

同性からも慕われやすいその特徴は一体どんなものなのでしょうか。


恥ずかしくて自分から声をかけられない

照れ屋な男性は恥ずかしさのあまり自分から人に声をかけることができません。

ナンパは当然無理ですし、目の前に知り合いがいてもどう声をかけたらいいかわからないままスルーしてしまうこともあります。

自分から声をかけないせいで人との交流も生まれにくく、友達を増やすことも簡単にはいきません。

そんな男性だからこそ安心して話しかけられるという人もいるため、そういう人から寄って来てくれるのを待っています。

やる前から想像しすぎてしまって勇気が出ない

照れ屋な男性は思いを言葉に出さない分だけ想像力が豊かであることも多く、やる前からあれこれイメージし過ぎて自信がなくなってしまいます。

相手のリアクションがどんなものか想像しすぎてすっかり怖くなってしまったり、結果的にミスをしてしまうのではないかというイメージがどんどん膨らんでなかなか勇気が出ません。

照れ屋な上にネガティブが重なると苦しむことも多いようです。

顔に出していないつもりでも顔色や口元でわかる

照れ屋な男性は自分の感情を悟られるのを嫌うのでどうにか顔に出さないようにします。

しかし、顔色や口元まではうまく隠すことができず、真っ赤な顔とゆるむ口元で照れていることがバレてしまいます。

そこをいじられてますます恥ずかしくなり、話をそらしたり逃げ出したくなってしまいます。

こんな男性は周りから見ればとても可愛らしく見えるもので、女性はもちろん同性からも嫌われにくいように感じます。

あまりにも追い詰められると怒り出す

照れ屋な男性はそのリアクションが面白いのでついからかいたくなってしまいます。

しかし、あまりにも追い詰められてしまうとどうしたらいいのかわからなくなって怒り出してしまうこともあるため、上手く付き合っていくには相手の限界までいじるべきではありません。

照れ屋な男性本人も自分が追い詰められないように上手い回避方法を見つけておく必要があります。

優しくされることに疲れてしまう

照れ屋な男性は周りに気を遣ってもらえることも多いですが、優しくされることに疲れてしまうこともあります。

照れてしまう自分が情けなくてやるせなくなり、人と関わることが苦しく思えてしまったりしてくるのです。

しかし、照れ屋でも図々しい男性であればその性格に甘えて状況から逃げ出すこともできてしまいます。

優しくされて疲れてしまうのには自分を変えたいという本音が見えてきそうではないでしょうか。

同じように照れ屋な人の気持ちがよくわかる

照れ屋な男性は優しい人が多いので、人の気持ちも理解しようとできるでしょう。

特に同じような照れ屋な人の気持ちは痛いほどよくわかります。

そのため、相手が照れるようなことは言わないように配慮できます。

似たもの同士が集まればお互いが居心地のいい存在となり、少人数でも深く理解し合える友達を作ることも可能です。

また、どうも仲良くなれないようなメンタルの持ち主に憧れを抱きながら見つめていることもあります。

人と目を合わせるのが苦手である

照れ屋なので人と目を合わせることも苦手という点も特徴のひとつです。

目を合わせると逃げられないような気になってしまう上に考えを見透かされてしまうような恐怖もあります。

相手が女性であれば瞳に吸い込まれてしまいそうで夢中になる自分に怯えていることもあります。

目を合わせないせいで自分に対する自信のなさを感じさせてしまうでしょう。

照れ屋な男性に対してじれったいとイライラしてしまう人もいますが、女性からは可愛らしい男性と言われやすい魅力的な特徴でもあります。

また、同性からもついちょっかいをかけたいと思わせるので周りは放っておくことができません。

照れ屋に悩む前に照れ屋の魅力を理解してみると気持ちが軽くなるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-