【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401134534.html
自営業の夫と結婚したとき後悔すること

自営業の夫と結婚したとき後悔すること | LADYCO

LADYCO
自営業の夫と結婚したとき後悔すること

自営業をしている男性と結婚した場合どんなことが待ち受けているのでしょうか?

結婚してから後悔しないために特徴をいくつかご紹介します。

  • 一緒に仕事をさせられる
  • 夫がいないときは対応しないといけない
  • 朝が遅い
  • 仕事の終わり時間が不規則
  • 借金に追われている
  • 平日の昼間に夫がうろついてる
  • 浮気しているのか仕事しているのか分からない
  • 頑固な夫になっていく
  • 休日でも仕事の電話がかかってくる
  • 友達を家に呼べない
  • まとめ

1. 一緒に仕事をさせられる

一緒に仕事をさせられる

勤務先が家なので猫の手も借りたいほど忙しくなると、妻も一緒に仕事をさせられることがあります。

夫がサラリーマンなら帰ってくるまでくつろげますが、家に夫がいるのでいつも監視されて、ゆっくりテレビも見ていられません。

一度仕事をするようになってしまうと、それからもずっと仕事をさせられるようになります。

2. 夫がいないときは対応しないといけない

夫がいないときは対応しないといけない

自営業の夫は営業も兼ねているので、得意先に出かけてしまうと仕事場に誰もいなくなってしまいます。

社員が対応していればいいですが、社員も自分の仕事で手が回らなくなったときに、宅配便が来たり取引先の偉い人が来たりしたときに、妻が対応しないといけなくなります。

落ち着いて家事もできなくなったり束縛されてしまいます。

3. 朝が遅い

朝が遅い

夫が出勤していれば朝も早くその時間に合わせて起きることができますが、自営業だと出勤する時間ぐっすり寝ているので夫はなかなか起きません。

子供を幼稚園に送り向いしてもらいたくてもその時間まで寝ていることもあり、朝が遅いのでイライラするようになることもあります。

4. 仕事の終わり時間が不規則

仕事の終わり時間が不規則

社員が帰ったあとも社長である夫は居残って仕事をしています。

毎日残業をしているので何時に終わるのか分からないといったことも出てきます。

下請けの自営業になると深夜遅くまで仕事していることもあったり、仕事が少ないときは定時に終わったりと、サラリーマンより仕事の終わり時間が不規則になります。

5. 借金に追われている

借金に追われている

会社を立ち上げたときに借金をすることが多いので、その支払いが結婚してからも残っていることがあります。

経営が順調だったら問題はないのですが、資金の流れが滞り債務超過になってくると、取り立てに追われる事態になることも出てきます。

銀行の借金に追われたり、自転車操業になってくると闇金のような借金取り立てに追われたりします。

6. 平日の昼間に夫がうろついてる

平日の昼間に夫がうろついてる

近所の奥様方は昼間の時間帯は夫は会社に行っているものだと思っています。

それなのにスーパーやコンビニで買い物している夫の姿を目撃すると不審に思われることがあります。

自営業をしていると理解してくれていればいいですが、理解されていないと仕事がなくてうろついてると思われてしまい評判が悪くなってしまいます。

7. 浮気しているのか仕事しているのか分からない

浮気しているのか仕事しているのか分からない

夫が取引先へ向かっているときは車で移動することが多いので、本当に仕事で行っているのか浮気しているのかわからなくなります。

夫としては外に出てしまえば自由な時間になるので、他の女の人とデートしたりホテルに行っても妻にバレません。

8. 頑固な夫になっていく

頑固な夫になっていく

会社に勤めていれば上司がいるので、言葉遣いに気をつけたり謙虚な姿勢は保てますが、自営業になると誰も注意してくれません。

長年社長をやり続けていると態度も悪くなり、言うことを聞かないぐらい頑固な夫になっていきます。

仕事で頑固になると家庭内でも融通が利かないほど頑固になるので、嫌な思いをしながら過ごすことになります。

9. 休日でも仕事の電話がかかってくる

休日でも仕事の電話がかかってくる

忙しいときになると取引先によっては休日を返上して仕事をしていることもあります。

自分の会社は休みでも相手先は仕事をしているので電話をかけてくることもあります。

休日はゆっくりしたいのに慌ただしくなったりして、夫とどこにも出かけることができないといったケースも出てきます。

10. 友達を家に呼べない

友達を家に呼べない

夫が仕事とプライベートを分けていないと、家の中が散らかっていたり、仕事の道具が置きっぱなしになっていたりして、友達をなかなか呼べないことがあります。

また職場が家だと友達も遠慮して来なくなることがあるので、自営業は気を遣うことが何かと多くなってきます。

まとめ

自営業の男性と結婚してしまうとサラリーマンの夫とは違った生活になっていきます。

休みの日でもゆっくり出来なくなるので後悔してしまう場合があります。

自営業をしている男性と結婚した場合どんなことが待ち受けているのでしょうか?

結婚してから後悔しないために特徴をいくつかご紹介します。


一緒に仕事をさせられる

勤務先が家なので猫の手も借りたいほど忙しくなると、妻も一緒に仕事をさせられることがあります。

夫がサラリーマンなら帰ってくるまでくつろげますが、家に夫がいるのでいつも監視されて、ゆっくりテレビも見ていられません。

一度仕事をするようになってしまうと、それからもずっと仕事をさせられるようになります。

夫がいないときは対応しないといけない

自営業の夫は営業も兼ねているので、得意先に出かけてしまうと仕事場に誰もいなくなってしまいます。

社員が対応していればいいですが、社員も自分の仕事で手が回らなくなったときに、宅配便が来たり取引先の偉い人が来たりしたときに、妻が対応しないといけなくなります。

落ち着いて家事もできなくなったり束縛されてしまいます。

朝が遅い

夫が出勤していれば朝も早くその時間に合わせて起きることができますが、自営業だと出勤する時間ぐっすり寝ているので夫はなかなか起きません。

子供を幼稚園に送り向いしてもらいたくてもその時間まで寝ていることもあり、朝が遅いのでイライラするようになることもあります。

仕事の終わり時間が不規則

社員が帰ったあとも社長である夫は居残って仕事をしています。

毎日残業をしているので何時に終わるのか分からないといったことも出てきます。

下請けの自営業になると深夜遅くまで仕事していることもあったり、仕事が少ないときは定時に終わったりと、サラリーマンより仕事の終わり時間が不規則になります。

借金に追われている

会社を立ち上げたときに借金をすることが多いので、その支払いが結婚してからも残っていることがあります。

経営が順調だったら問題はないのですが、資金の流れが滞り債務超過になってくると、取り立てに追われる事態になることも出てきます。

銀行の借金に追われたり、自転車操業になってくると闇金のような借金取り立てに追われたりします。

平日の昼間に夫がうろついてる

近所の奥様方は昼間の時間帯は夫は会社に行っているものだと思っています。

それなのにスーパーやコンビニで買い物している夫の姿を目撃すると不審に思われることがあります。

自営業をしていると理解してくれていればいいですが、理解されていないと仕事がなくてうろついてると思われてしまい評判が悪くなってしまいます。

浮気しているのか仕事しているのか分からない

夫が取引先へ向かっているときは車で移動することが多いので、本当に仕事で行っているのか浮気しているのかわからなくなります。

夫としては外に出てしまえば自由な時間になるので、他の女の人とデートしたりホテルに行っても妻にバレません。

頑固な夫になっていく

会社に勤めていれば上司がいるので、言葉遣いに気をつけたり謙虚な姿勢は保てますが、自営業になると誰も注意してくれません。

長年社長をやり続けていると態度も悪くなり、言うことを聞かないぐらい頑固な夫になっていきます。

仕事で頑固になると家庭内でも融通が利かないほど頑固になるので、嫌な思いをしながら過ごすことになります。

休日でも仕事の電話がかかってくる

忙しいときになると取引先によっては休日を返上して仕事をしていることもあります。

自分の会社は休みでも相手先は仕事をしているので電話をかけてくることもあります。

休日はゆっくりしたいのに慌ただしくなったりして、夫とどこにも出かけることができないといったケースも出てきます。

友達を家に呼べない

夫が仕事とプライベートを分けていないと、家の中が散らかっていたり、仕事の道具が置きっぱなしになっていたりして、友達をなかなか呼べないことがあります。

また職場が家だと友達も遠慮して来なくなることがあるので、自営業は気を遣うことが何かと多くなってきます。

自営業の男性と結婚してしまうとサラリーマンの夫とは違った生活になっていきます。

休みの日でもゆっくり出来なくなるので後悔してしまう場合があります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-