【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401134522.html
虎の威を借る男子の特徴

虎の威を借る男子の特徴 | LADYCO

LADYCO
虎の威を借る男子の特徴

力のある人や立場の強い人の力を頼みにして威張る人のことを「虎の威を借る狐」と言います。

ここでは、虎の威を借る狐のような男子にはどういう特徴があるのか、見ていくことにしましょう。

  • 相手によって態度や接し方がまったくちがう
  • 自信がない
  • 劣等意識が強く、人からばかにされたくない
  • 卑屈でプライドは低い
  • 得したもの勝ちだと思っている
  • まとめ

1. 相手によって態度や接し方がまったくちがう

相手によって態度や接し方がまったくちがう

虎の威を借る男子は、自分のよりも力のない人や、立場の下の人に対しては、横柄で威張った態度を取ります。

上から目線で人を小ばかにしたり、嫌みを言ったりして、相手を不快な思いにさせるのですが、それは、相手が力が弱く、反撃してこないことをわかっているからにほかなりません。

逆に、相手が自分よりも力のある人、立場が上の人に対しては、ゴマをすったりして、なんとかその人に気に入られようとするのです。

そのために、見え透いたお世辞を口にすることもまずらしくありません。

とにかく相手に気にいられよう、できれば、自分の後ろ盾になってもらおうとして、必死に力のある人に取り入ろうとするのが、虎の威を借るタイプの男子の特徴です。

このように、相手によって態度や接し方が変わるのが、虎の威を借る男子ということになるでしょう。

2. 自信がない

自信がない

自分に自信がないというのも、虎の威を借る男子の特徴といっていいでしょう。

自分の力や能力などに自信があれば、なにも、ほかの人の力に頼る必要はありません。

誰にも頼らず、堂々と自分の力で勝負すればいいわけです。

虎の威を借る男子は、そのように自分の力を頼りにすることができません。

自分にはそれだけの力や能力がないということをわかっているからこそ、力のある人を頼ると考えていいでしょう。

3. 劣等意識が強く、人からばかにされたくない

劣等意識が強く、人からばかにされたくない

人からばかにされた経験が過去にあって、それがトラウマのようになっているのも、虎の威を借る男子の特徴です。

自分に自信がないというのも、そういう過去の経験に由来しているのですが、人からばかにされて悔しい思いをしたことが、過去にあるのです。

そのため、「人からばかにされたくない」という意識を人一倍強くもっています。

その意識の裏にあるのは、強い劣等意識と考えていいでしょう。

過去の経験から、自分は人よりも劣っているという認識を強くもっているからこそ、人からばかにされたくないと強く思うようになったにちがいありません。

人にばかにされたくないために、力のある人を頼りにして、人に対して威張るのが、虎の威を借るタイプの男子の特徴ということになるでしょう。

4. 卑屈でプライドは低い

卑屈でプライドは低い

強い人に取り入ろうとゴマをすったり、お世辞を言ったり、まるで子分のような振る舞いをするのが、虎の威を借る男子ですが。

プライドの高い人にはそんなことはできません。

そんなことをすれば、自尊心は傷つくばかりです。

虎の威を借る男性にはそうした卑屈なことが平気でできるわけですから、それだけプライドは低いと考えていいでしょう。

プライドが低いために卑屈なことを平気でできるのが、虎の威を借る男子の特徴ということになります。

5. 得したもの勝ちだと思っている

得したもの勝ちだと思っている

虎の威を借る人が、人から良く思われないことは言うまでもありません。

人からの評価は、当然、低いものです。

直接そのことを人から指摘され、「そんなみっともないことはやめたほうがいい」と忠告されるというケースもありえるでしょう。

人からそういわれても、虎の威を借る男子は耳を傾けようとはしません。

「力のある人を頼みにして、何が悪い。

そうしたほうが自分に得になるのだったらそうするのが、賢く生きていく方法なのだ。

人生は得したもの勝ちだ」
と考えているのが、虎の威を借る男子の人生観ということになるでしょう。

まとめ

虎の威を借る狐のような言動をする男子の特徴を、5種類紹介しました。

身近にそういう人がいるという方は、その人のことを知るための参考になさってください。

力のある人や立場の強い人の力を頼みにして威張る人のことを「虎の威を借る狐」と言います。

ここでは、虎の威を借る狐のような男子にはどういう特徴があるのか、見ていくことにしましょう。


相手によって態度や接し方がまったくちがう

虎の威を借る男子は、自分のよりも力のない人や、立場の下の人に対しては、横柄で威張った態度を取ります。

上から目線で人を小ばかにしたり、嫌みを言ったりして、相手を不快な思いにさせるのですが、それは、相手が力が弱く、反撃してこないことをわかっているからにほかなりません。

逆に、相手が自分よりも力のある人、立場が上の人に対しては、ゴマをすったりして、なんとかその人に気に入られようとするのです。

そのために、見え透いたお世辞を口にすることもまずらしくありません。

とにかく相手に気にいられよう、できれば、自分の後ろ盾になってもらおうとして、必死に力のある人に取り入ろうとするのが、虎の威を借るタイプの男子の特徴です。

このように、相手によって態度や接し方が変わるのが、虎の威を借る男子ということになるでしょう。

自信がない

自分に自信がないというのも、虎の威を借る男子の特徴といっていいでしょう。

自分の力や能力などに自信があれば、なにも、ほかの人の力に頼る必要はありません。

誰にも頼らず、堂々と自分の力で勝負すればいいわけです。

虎の威を借る男子は、そのように自分の力を頼りにすることができません。

自分にはそれだけの力や能力がないということをわかっているからこそ、力のある人を頼ると考えていいでしょう。

劣等意識が強く、人からばかにされたくない

人からばかにされた経験が過去にあって、それがトラウマのようになっているのも、虎の威を借る男子の特徴です。

自分に自信がないというのも、そういう過去の経験に由来しているのですが、人からばかにされて悔しい思いをしたことが、過去にあるのです。

そのため、「人からばかにされたくない」という意識を人一倍強くもっています。

その意識の裏にあるのは、強い劣等意識と考えていいでしょう。

過去の経験から、自分は人よりも劣っているという認識を強くもっているからこそ、人からばかにされたくないと強く思うようになったにちがいありません。

人にばかにされたくないために、力のある人を頼りにして、人に対して威張るのが、虎の威を借るタイプの男子の特徴ということになるでしょう。

卑屈でプライドは低い

強い人に取り入ろうとゴマをすったり、お世辞を言ったり、まるで子分のような振る舞いをするのが、虎の威を借る男子ですが。

プライドの高い人にはそんなことはできません。

そんなことをすれば、自尊心は傷つくばかりです。

虎の威を借る男性にはそうした卑屈なことが平気でできるわけですから、それだけプライドは低いと考えていいでしょう。

プライドが低いために卑屈なことを平気でできるのが、虎の威を借る男子の特徴ということになります。

得したもの勝ちだと思っている

虎の威を借る人が、人から良く思われないことは言うまでもありません。

人からの評価は、当然、低いものです。

直接そのことを人から指摘され、「そんなみっともないことはやめたほうがいい」と忠告されるというケースもありえるでしょう。

人からそういわれても、虎の威を借る男子は耳を傾けようとはしません。

「力のある人を頼みにして、何が悪い。

そうしたほうが自分に得になるのだったらそうするのが、賢く生きていく方法なのだ。

人生は得したもの勝ちだ」
と考えているのが、虎の威を借る男子の人生観ということになるでしょう。

虎の威を借る狐のような言動をする男子の特徴を、5種類紹介しました。

身近にそういう人がいるという方は、その人のことを知るための参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-